記事一覧

マルコによる福音書4:26~29「おのずから実を結ぶ神の国」

2019年11月10日、マルコによる福音書4:26~29「おのずから実を結ぶ神の国」
①おのずから成長する神の国
大地にまかれた種が知らないうちに芽を出し、「おのずから(新改訳2017「ひとりでに」)実を結」ぶように、神の国(神の恵みによる支配)も人間の思いや力の及ばないところで「おのずから」成長していきます。「成長させて下さるのは、神で」(Ⅰコリント3:6~7)、しかもただ成長するだけでなく、「かまを入れる…刈入れ時」、神の国完成の時が必ず来ます。
②心の中で成長する神の国
イエスを信じる者の心の中に到来した神の国も(ルカ17:21)、「おのずから」成長し、実を結びます。御言葉の種にはいのちがあるからです。
③世の中で成長する神の国
イエスはこの譬え話を、熱心党の誤り(武力によってローマ帝国を倒し、神の国を建設する)を正すために語られたのかもしれません。私たちにも、神を押し退けて自力で神のわざをなそうとする熱心党的傾向がないでしょうか。確かに人間の側にも、祈ることや良い証詞を立てること等、なすべき責任があります。しかしたとえそれらがなくても、悪条件下であっても、神の国は「おのずから」成長していくもので、私たちには計り知れない神の領域です。また、当時イエスの弟子たちはごく少数で、神の国がなかなか成長しないように見える中、弟子たちを励ますための譬え話でもあったでしょう。ただひたすら信じて待つ他ない夜のような時もあります。しかし「おのずから」「ひとりでに」夜も昼も着実に進展していく神の国の生命力を信じて、なすべきことをなしたなら、あとは忍耐して神の時を待ち望むことです。

マルコによる福音書4:26~29「おのずから実を結ぶ神の国」

2019年11月10日、マルコによる福音書4:26~29「おのずから実を結ぶ神の国」
①おのずから成長する神の国
大地にまかれた種が知らないうちに芽を出し、「おのずから(新改訳2017「ひとりでに」)実を結」ぶように、神の国(神の恵みによる支配)も人間の思いや力の及ばないところで「おのずから」成長していきます。「成長させて下さるのは、神で」(Ⅰコリント3:6~7)、しかもただ成長するだけでなく、「かまを入れる…刈入れ時」、神の国完成の時が必ず来ます。
②心の中で成長する神の国
イエスを信じる者の心の中に到来した神の国も(ルカ17:21)、「おのずから」成長し、実を結びます。御言葉の種にはいのちがあるからです。
③世の中で成長する神の国
イエスはこの譬え話を、熱心党の誤り(武力によってローマ帝国を倒し、神の国を建設する)を正すために語られたのかもしれません。私たちにも、神を押し退けて自力で神のわざをなそうとする熱心党的傾向がないでしょうか。確かに人間の側にも、祈ることや良い証詞を立てること等、なすべき責任があります。しかしたとえそれらがなくても、悪条件下であっても、神の国は「おのずから」成長していくもので、私たちには計り知れない神の領域です。また、当時イエスの弟子たちはごく少数で、神の国がなかなか成長しないように見える中、弟子たちを励ますための譬え話でもあったでしょう。ただひたすら信じて待つ他ない夜のような時もあります。しかし「おのずから」「ひとりでに」夜も昼も着実に進展していく神の国の生命力を信じて、なすべきことをなしたなら、あとは忍耐して神の時を待ち望むことです。

マルコによる福音書4:24~25「さらに与えられる人、取り上げられる人」

2019年10月27日、マルコによる福音書4:24~25「さらに与えられる人、取り上げられる人」
イエスは「神の国の奥義」を説教や奇跡によって明示され、それらが弟子たちによって記録されて聖書になり、誰でも「熱心に追い求めて捜しさえすれば、神を見いだせるようにして下さっ」(使徒行伝17:27)ています。問題は、私たちの側の御言葉を聞く心の「はかり」です。「はかり」が小さく狭ければ、御言葉の恵みも小さく狭いものになり、「はかり」が大きく広ければ、御言葉の恵みも大きく広いものになります。「イエス様さすが、すごい、そうだね」とサ行で相槌を打ちながら聖書を読み説教を聞くならば、続いて出てくる言葉は「そうだ、信じて従おう」等の肯定的・積極的なものになるはずです。ところが「だって、でも、どうせ」とダ行で相槌を打つならば、続いて出てくる言葉は「どうせ自分は駄目だ」等の否定的・消極的なものになることでしょう。
「あなたの天幕の場所を広くし、あなたのすまいの幕を張りひろげ、惜しむことなく、あなたの綱を長くし、あなたの杭を強固にせよ」(イザヤ書54:2~3)、「あなたの口を広くあけよ、わたしはそれを満たそう」(詩篇81:10)。「広くせよ、期待せよ」という命令は聖書中多数出てきますが、「小さくせよ、期待するな」という命令はどこにもありません。それなのに私たちは神を常識の範囲内に小さく押し込め、大して期待もせず、諦めムードになっていないでしょうか。神の恵みの福音は、私たちが考える以上にずっと大きく広く豊かなものです。ほんの一部分だけ知って満足しているのはもったいない限りです。神を知る「はかり」を大きく広げていただいて、「わたしの杯はあふれます」(詩篇23:5)、神の恵みを満喫させていただこうではありませんか。

マルコによる福音書4:24~25「さらに与えられる人、取り上げられる人」

2019年10月27日、マルコによる福音書4:24~25「さらに与えられる人、取り上げられる人」
イエスは「神の国の奥義」を説教や奇跡によって明示され、それらが弟子たちによって記録されて聖書になり、誰でも「熱心に追い求めて捜しさえすれば、神を見いだせるようにして下さっ」(使徒行伝17:27)ています。問題は、私たちの側の御言葉を聞く心の「はかり」です。「はかり」が小さく狭ければ、御言葉の恵みも小さく狭いものになり、「はかり」が大きく広ければ、御言葉の恵みも大きく広いものになります。「イエス様さすが、すごい、そうだね」とサ行で相槌を打ちながら聖書を読み説教を聞くならば、続いて出てくる言葉は「そうだ、信じて従おう」等の肯定的・積極的なものになるはずです。ところが「だって、でも、どうせ」とダ行で相槌を打つならば、続いて出てくる言葉は「どうせ自分は駄目だ」等の否定的・消極的なものになることでしょう。
「あなたの天幕の場所を広くし、あなたのすまいの幕を張りひろげ、惜しむことなく、あなたの綱を長くし、あなたの杭を強固にせよ」(イザヤ書54:2~3)、「あなたの口を広くあけよ、わたしはそれを満たそう」(詩篇81:10)。「広くせよ、期待せよ」という命令は聖書中多数出てきますが、「小さくせよ、期待するな」という命令はどこにもありません。それなのに私たちは神を常識の範囲内に小さく押し込め、大して期待もせず、諦めムードになっていないでしょうか。神の恵みの福音は、私たちが考える以上にずっと大きく広く豊かなものです。ほんの一部分だけ知って満足しているのはもったいない限りです。神を知る「はかり」を大きく広げていただいて、「わたしの杯はあふれます」(詩篇23:5)、神の恵みを満喫させていただこうではありませんか。

マルコによる福音書4:21~23「聞く耳のある者は聞きなさい」

2019年10月20日、マルコによる福音書4:21~23「聞く耳のある者は聞きなさい」
「隠されているもので、現れないものはなく、秘密にされているもので、明るみに出ないものはない」「あかり」とは、「神の国の奥義」(11節)のことでしょう。「神の国」とは、神の恵みによる支配ということですが、それはどのようにして実現し、現されているのでしょうか。
「はじめに神は天と地とを創造された」(創世記1:1)、天地や私たち人間は偶然にできたのではなく、神の御心に従って造られました。このように神に造られた「すべての人の本分」は、神に的を合わせ、「神を恐れ、その命令を守」って生きることですから(伝道の書12:13)、神に背を向けて生きている限り、真の満足や生きがいを得られないのも当然ですし、エゴとエゴとがぶつかり合う世界、家庭や職場、学校になるのも当然でしょう。そうした的外れの生き方を聖書は「罪」と言い、この罪の問題を解決するために神から遣わされたのが御子イエスです。「神の国は、実にあなたがたのただ中にあるのだ」(ルカ17:20~21)、「神の国が力をもって来る(=十字架)」(マルコ9:1)とイエスが言われたように、神の国はイエス来臨によって、さらには十字架と復活によって実現しています。またイエスを信じる者の心の「ただ中に」、信仰者の集まりである教会の「ただ中に」も実現しています。
神は今、聖書によってご自身と神の国の奥義を明らかにしておられます。「人々が熱心に追い求めて捜しさえすれば、神を見いだせるようにして下さった」(使徒行伝17:27)とあるように、偏見等を捨てて虚心坦懐に聖書に聞くならば、必ず神の国の奥義を知ることができるようにしておられます。それゆえ、「聞く耳のある者は聞くがよい」。

マルコによる福音書4:21~23「聞く耳のある者は聞きなさい」

2019年10月20日、マルコによる福音書4:21~23「聞く耳のある者は聞きなさい」
「隠されているもので、現れないものはなく、秘密にされているもので、明るみに出ないものはない」「あかり」とは、「神の国の奥義」(11節)のことでしょう。「神の国」とは、神の恵みによる支配ということですが、それはどのようにして実現し、現されているのでしょうか。
「はじめに神は天と地とを創造された」(創世記1:1)、天地や私たち人間は偶然にできたのではなく、神の御心に従って造られました。このように神に造られた「すべての人の本分」は、神に的を合わせ、「神を恐れ、その命令を守」って生きることですから(伝道の書12:13)、神に背を向けて生きている限り、真の満足や生きがいを得られないのも当然ですし、エゴとエゴとがぶつかり合う世界、家庭や職場、学校になるのも当然でしょう。そうした的外れの生き方を聖書は「罪」と言い、この罪の問題を解決するために神から遣わされたのが御子イエスです。「神の国は、実にあなたがたのただ中にあるのだ」(ルカ17:20~21)、「神の国が力をもって来る(=十字架)」(マルコ9:1)とイエスが言われたように、神の国はイエス来臨によって、さらには十字架と復活によって実現しています。またイエスを信じる者の心の「ただ中に」、信仰者の集まりである教会の「ただ中に」も実現しています。
神は今、聖書によってご自身と神の国の奥義を明らかにしておられます。「人々が熱心に追い求めて捜しさえすれば、神を見いだせるようにして下さった」(使徒行伝17:27)とあるように、偏見等を捨てて虚心坦懐に聖書に聞くならば、必ず神の国の奥義を知ることができるようにしておられます。それゆえ、「聞く耳のある者は聞くがよい」。

マルコによる福音書4:13~20「実を結ぶ土地、結ばない土地」

2019年10月13日、マルコによる福音書4:13~20「実を結ぶ土地、結ばない土地」
①種は神の言葉
種と御言葉には共通点があります。⑴いのちがある…御言葉は罪を示し、イエスの十字架を悟らせ、信じる者を「新たに生れ」させるいのちがあります(Ⅰペテロ1:23)。⑵力がある…御言葉には信じる者を造り変え、試練や誘惑に打ち勝たせる力があります(ヘブル4:12)。⑶実を結ぶ…御言葉が心の内に宿ると、やがて悔い改めの実(マタイ3:8)、品性の実(ガラテヤ5:22~23)、救霊の実(ヨハネ15:16)を結ぶようになります。
②土地は聞く人の心
どの土地にも「種は…落ちた」とあり、種も蒔き方も皆同じですが、ただ落ちた土地(=御言を聞く人の心)が違うために結果が異なりました。⑴道ばた(4、15節)…人や家畜の行き来で踏み固められた畑の小道のことで、かたくなな心を表しています。せっかく御言葉を聞いても、心を閉ざしてはねつけるので、サタンに奪い取られてしまうのです(ヘブル4:7)。⑵土の薄い石地(5~6、16~17節)…岩の上に土が薄くかぶさっているだけで深く根を張れず、暑い日にはすぐ枯れてしまう地のことで、感情的・衝動的な心を表しています。御言葉を聞くとすぐに喜んで受け入れますが、「困難や迫害が起ってくると、すぐつまずいてしま」います。⑶いばらの地(7、18~19節)…地中にいばらの根が残っていて、やがていばらに覆い尽くされる地のことで、世的な心を表しています。神を第二第三にしていると、心はいつの間にか世に占領されてしまいます。⑷良い地(8、20節)…絶えず砕かれ、教えられやすく従いやすい心は、豊かに実を結びます(エレミヤ4:3、詩篇51:17)。

マルコによる福音書4:13~20「実を結ぶ土地、結ばない土地」

2019年10月13日、マルコによる福音書4:13~20「実を結ぶ土地、結ばない土地」
①種は神の言葉
種と御言葉には共通点があります。⑴いのちがある…御言葉は罪を示し、イエスの十字架を悟らせ、信じる者を「新たに生れ」させるいのちがあります(Ⅰペテロ1:23)。⑵力がある…御言葉には信じる者を造り変え、試練や誘惑に打ち勝たせる力があります(ヘブル4:12)。⑶実を結ぶ…御言葉が心の内に宿ると、やがて悔い改めの実(マタイ3:8)、品性の実(ガラテヤ5:22~23)、救霊の実(ヨハネ15:16)を結ぶようになります。
②土地は聞く人の心
どの土地にも「種は…落ちた」とあり、種も蒔き方も皆同じですが、ただ落ちた土地(=御言を聞く人の心)が違うために結果が異なりました。⑴道ばた(4、15節)…人や家畜の行き来で踏み固められた畑の小道のことで、かたくなな心を表しています。せっかく御言葉を聞いても、心を閉ざしてはねつけるので、サタンに奪い取られてしまうのです(ヘブル4:7)。⑵土の薄い石地(5~6、16~17節)…岩の上に土が薄くかぶさっているだけで深く根を張れず、暑い日にはすぐ枯れてしまう地のことで、感情的・衝動的な心を表しています。御言葉を聞くとすぐに喜んで受け入れますが、「困難や迫害が起ってくると、すぐつまずいてしま」います。⑶いばらの地(7、18~19節)…地中にいばらの根が残っていて、やがていばらに覆い尽くされる地のことで、世的な心を表しています。神を第二第三にしていると、心はいつの間にか世に占領されてしまいます。⑷良い地(8、20節)…絶えず砕かれ、教えられやすく従いやすい心は、豊かに実を結びます(エレミヤ4:3、詩篇51:17)。

マルコによる福音書4:1~12「神の国の奥義」

2019年10月6日、マルコによる福音書4:1~12「神の国の奥義」
①神の国とは何か
「神の国」とは、神の恵みによる支配ということです(「御国」「天国」も同意)。「神の国は、実にあなたがたのただ中にある」(ルカ17:20~21)、「神の国が力をもって来る(=十字架)」(マルコ9:1)とイエスが言われたように、神の国はイエス来臨により、さらに十字架と復活により、すでにこの地上に実現しています。またイエスを信じる者の心の「ただ中に」、信仰者の集まりである教会の「ただ中に」も実現していますが、いまだ不完全で、完成はキリスト再臨後のことです(黙示録 第20~21章)。
②神の国を譬え話で語るのは
「神の国の奥義」を教える際、イエスはしばしば譬え話を用いられました。その第一の理由は、真理をわかりやすくするためです。「多くの預言者や義人は…見ようと熱心に願ったが、見ることができず…聞こうとしたが、聞けなかった」(マタイ13:17)神の国の奥義を、イエスは譬え話という形式で私たちにわかりやすく一般公開してくださったのです。第二の理由は、逆に真理を隠すためです。いくらイエスの説教や奇跡によって神の国を提示されても、律法学者やパリサイ人のように「見るには見るが、認めず、聞くには聞くが、悟らず」という頑なな姿勢を変えようとしなければ、ますます神の国から遠くなり、「悔い改めてゆるされることがない」という結果を招くことになります。結局どのように御言葉を聞いているか、その姿勢が問われているのです。あなたの御言葉受信機のダイヤルは正常でしょうか。都合の悪い御言葉は受信しない等ということはないでしょうか。

マルコによる福音書4:1~12「神の国の奥義」

2019年10月6日、マルコによる福音書4:1~12「神の国の奥義」
①神の国とは何か
「神の国」とは、神の恵みによる支配ということです(「御国」「天国」も同意)。「神の国は、実にあなたがたのただ中にある」(ルカ17:20~21)、「神の国が力をもって来る(=十字架)」(マルコ9:1)とイエスが言われたように、神の国はイエス来臨により、さらに十字架と復活により、すでにこの地上に実現しています。またイエスを信じる者の心の「ただ中に」、信仰者の集まりである教会の「ただ中に」も実現していますが、いまだ不完全で、完成はキリスト再臨後のことです(黙示録 第20~21章)。
②神の国を譬え話で語るのは
「神の国の奥義」を教える際、イエスはしばしば譬え話を用いられました。その第一の理由は、真理をわかりやすくするためです。「多くの預言者や義人は…見ようと熱心に願ったが、見ることができず…聞こうとしたが、聞けなかった」(マタイ13:17)神の国の奥義を、イエスは譬え話という形式で私たちにわかりやすく一般公開してくださったのです。第二の理由は、逆に真理を隠すためです。いくらイエスの説教や奇跡によって神の国を提示されても、律法学者やパリサイ人のように「見るには見るが、認めず、聞くには聞くが、悟らず」という頑なな姿勢を変えようとしなければ、ますます神の国から遠くなり、「悔い改めてゆるされることがない」という結果を招くことになります。結局どのように御言葉を聞いているか、その姿勢が問われているのです。あなたの御言葉受信機のダイヤルは正常でしょうか。都合の悪い御言葉は受信しない等ということはないでしょうか。

ページ移動