記事一覧

「学校行きたくない」「死にたい」と思い悩んでいる方へ

★「学校行きたくない」「死にたい」「もう自分は死ぬしかない」「自分は死んだほうがいいんだ」と思い悩んでいる方、
誰にも相談できず、ひとりで悩んでいる方へ★

あなたは決してひとりではありません。
あなたの周りにはあなたの助けになる人がきっといます。
ためらわないで助けを求めてください。
まずは電話かメールでご連絡ください。

今から数年前にホームレスのおじさんたちが先生役になって、小学生に教えるというセミナーを開きました。(中略)最後の授業は、元野宿のおじさんが「子どもたちに語る」というコーナーでした。(中略)子どもたちに、そのおじさんはこう語りかけました。「おじさんはさぁ、自分で頑張るしかないって60年生きてきたけど、この世の中には助けてくれる人がいたんだ。『助けて』と言えた日が助かった日だったよ」と言ったのです。そうしたら、聞いていた子どもたちの何人かが涙を流しているのです。私は司会だったので、「きみたちも学校でつらいことがある。家でつらいことがある、そんなときは『助けて!』と叫んだらいいんだ。たしかに世の中には、『助けて』と言ったら、『何を甘えているんだ』と言う人もいるよ。でも、『うちにおいで』と言ってくれる人が必ずいるから、『助けて!』って言いなさい」と言ったら、涙をバーっと流している子どもたちが何人もいました。…奥田知志他著『灯を輝かし、闇を照らす』より


申命記34:1~8「自分の使命を全うしたモーセ」

2021年9月19日、申命記34:1~8「自分の使命を全うしたモーセ」
モーセに率いられてエジプトを脱出したイスラエルは、不従順のために荒野を40年間も放浪した末、遂に約束の地の手前まで到達しました。主はピスガの頂からモーセに約束の地を見せられた上で、「あなたがそこへ渡って行くことはできない」と改めて言われました。荒野放浪中に飲み水がないことで民がつぶやくと、「岩に命じれば、水を出す」と主が言われたのに、「モーセは手を上げ、彼の杖で岩を二度打っ」て水を出したため、モーセは約束の地に入れないことを宣告されていました(民数記20:2~13)。考え直してくださるようモーセが主に懇願すると、主は「もう十分だ。このことについて二度とわたしに語ってはならない」と言われていました(申命記3:23~28)。これは、「もう二度と聞きたくない」というよりも、「お前は強情な民を導くことでこれまで十分苦労してきたのだから、もうゆっくり休むがよい」という意味ではないでしょうか。モーセが約束の地に入れなかったのは、さばきによるよりも、むしろ主の愛の配慮によるものでしょう。
地上での使命が終わったので、「主のしもべモーセは主の命により(直訳「主の口により」)モアブの地で死んだ」。モーセの場合、それが約束の地の手前であったということです。ラビは「主の口づけにより」と訳しました。地上最期の瞬間、主が身をかがめて口づけし、ご自身のもとに迎え入れてくださる、というイメージでしょうか。私たちも、自分に与えられた時まで、自分に与えられた使命に精一杯励みたいものです。使命を終えると、「よくやった」と主ご自身に口づけされ、天国に迎え入れていただける、何にもまさる報いと慰めです。

マルコの福音書9:1「神の国の力ある到来」

2021年9月12日、マルコの福音書9:1「神の国の力ある到来」
①神の国の到来
「神の国」とは、神の恵みによる支配、ということです。エゴとエゴとがぶつかり合う世界、家庭や職場、学校は悲惨です。イエスは、そんな地上に神の国を実現するために来られました。イエスが「神の国はあなたがたのただ中にあるのです」(ルカ17:20~21)と言われたように、神の国はイエス来臨によってすでに地上に到来しているのです。
②神の国の力ある到来
「神の国が力をもって到来しているのを見る」とは、すでに到来している神の国が、これまで以上に力強く現れるということで、十字架を指しているのでしょう。暗黒の支配者サタンは、御子イエスを抹殺しさえすれば自分の思い通りになると考え、サタンの国の総力をあげて神の国に戦いを挑んできたのが、あの十字架です。「彼(キリスト)はおまえ(サタン)の頭を打ち、おまえ(サタン)は彼(キリスト)のかかとを打つ」(創世記3:15)とあるように、キリストの死によってサタンが勝利したかに見えましたが、キリストは三日目に復活してサタンの「頭を打ち」、救いを完成されました。以前は神に背いて歩む「悪魔の子ども」(Ⅰヨハネ3:103)、「御怒りを受けるべき子ら」(エペソ2:3)でしたが、十字架を信じて救われた私たちの心の「ただ中に」も神の国が実現しています。そして完全な神の国が再臨後に実現します(黙示録21:1~4)。そのときまで「自分を捨て、自分の十字架を負って」イエスに従い続けましょう。「生涯が終わり、天国で兄弟姉妹たちと一緒に記念撮影をするとしたら、あなたはどんな姿で写りたいですか?」(チェイ師)。

マルコの福音書9:1「神の国の力ある到来」

2021年9月12日、マルコの福音書9:1「神の国の力ある到来」
①神の国の到来
「神の国」とは、神の恵みによる支配、ということです。エゴとエゴとがぶつかり合う世界、家庭や職場、学校は悲惨です。イエスは、そんな地上に神の国を実現するために来られました。イエスが「神の国はあなたがたのただ中にあるのです」(ルカ17:20~21)と言われたように、神の国はイエス来臨によってすでに地上に到来しているのです。
②神の国の力ある到来
「神の国が力をもって到来しているのを見る」とは、すでに到来している神の国が、これまで以上に力強く現れるということで、十字架を指しているのでしょう。暗黒の支配者サタンは、御子イエスを抹殺しさえすれば自分の思い通りになると考え、サタンの国の総力をあげて神の国に戦いを挑んできたのが、あの十字架です。「彼(キリスト)はおまえ(サタン)の頭を打ち、おまえ(サタン)は彼(キリスト)のかかとを打つ」(創世記3:15)とあるように、キリストの死によってサタンが勝利したかに見えましたが、キリストは三日目に復活してサタンの「頭を打ち」、救いを完成されました。以前は神に背いて歩む「悪魔の子ども」(Ⅰヨハネ3:103)、「御怒りを受けるべき子ら」(エペソ2:3)でしたが、十字架を信じて救われた私たちの心の「ただ中に」も神の国が実現しています。そして完全な神の国が再臨後に実現します(黙示録21:1~4)。そのときまで「自分を捨て、自分の十字架を負って」イエスに従い続けましょう。「生涯が終わり、天国で兄弟姉妹たちと一緒に記念撮影をするとしたら、あなたはどんな姿で写りたいですか?」(チェイ師)。

イザヤ書42:5~9「あなたの手を握り、見守る神」

2021年9月5日、イザヤ書42:5~9「あなたの手を握り、見守る神」
ご計画遂行に必要だから「あなたを召し」た神は(ヨハネ15:16)その後も、
①あなたの手を握る
弱く脆い私たちは、些細なことでつまずいたり倒れそうになったりすることがあります。しかし神が私たちの手をしっかり握っていてくださるので、「窮すること…行き詰まること…見捨てられることはありません」(Ⅱコリント4:8~9)。ペテロが「強風を見て怖くなり、沈みかけ…『主よ、助けてください』と叫」ぶと、「イエスはすぐに手を伸ばし、彼をつかんで」助けられたではありませんか(マタイ14:28~31)。
②あなたを見守る
「主は…荒涼とした荒れ地で彼(イスラエル)を見つけ…抱き、世話をし、ご自分の瞳のように守られた(「見守り」と同語)」(申命記32:10)。イエスを信じて生きる私たちも同様に、神により常に瞬間瞬間、絶えず継続的に、確実に守られ保護されているとは何と心強いことでしょうか。
③あなたを民の契約として、国々の光とする
神は、あなたを通して福音が証しされ、神との「契約」に生きる人が起こされることを望んでおられますが、その前にまずあなた自身が、神に与えられた一度限りの人生を、神との「契約」関係にある恵みを喜び楽しみながら生きることを望んでおられます。そうするとき、先の見えないコロナ禍で希望を見失っている多くの人々に、勇気や励ましをもたらす「光」となり得るのではないでしょうか。この希望の光の見えない時代にあって、あなたは「国々の光」であってほしい、と神は私たちにこれまで以上に期待しておられるに違いありません。

マルコの福音書8:34~38節「たとえ全世界を手に入れても」

2021年8月29日、マルコの福音書8:34~38節「たとえ全世界を手に入れても」
35節以下は、「自分を捨て、自分の十字架を負って、わたしに従って来なさい」と言われた理由です。「いのち」は私たちの存在の根源です。「自分のいのちを救おうと思う者」、神を抜きにして成功や繁栄を追い求める者は、逆に「いのち」を失い、神もその人を「恥じます」。「たとえ全世界を手に入れ」るほど成功しても、「自分のいのちを失ったら、何の益があるでしょうか」、取り返しのつかない大損失です。
「私は全世界を手に入れたいとは思わない」と言うかもしれませんが、「全世界」を「自分の理想や宝」に置き換えることもできるでしょう。それらを手に入れたとしても、失ってしまっては元も子もない、もっと大切なもの、「全世界」に匹敵する、否それ以上に価値あるもの、それが「いのち」、あなた自身なのです。その「いのち」を救うか失うかは、結局イエスとの関係にかかっているのです。イエスを信じて従う弟子となる決断をすることは人生の大事業です。昔、「どっちが得か、よーく考えてみよう」と言うCMがありました。イエスの弟子として生きるか、イエスを拒絶して生きるか、二つに一つであって、中間などあり得ません。イエスはその選択を迫られたのです。
神に敵対する「姦淫と罪の時代にあって」、イエスに従って生きようとする私たちに対して、世は恐るべき力と巧妙さをもって妥協を迫ってきます。その際、「イエスならどうされるだろうか(WWJD?…What would Jesus do?の略)」を行動の判断基準としましょう。イエスの弟子として生きる道は、ときに犠牲を強いられることがあっても、間違いなく祝福の道です。パウロや世々のキリスト者たちが証人です。

マルコの福音書8:34~38節「たとえ全世界を手に入れても」

2021年8月29日、マルコの福音書8:34~38節「たとえ全世界を手に入れても」
35節以下は、「自分を捨て、自分の十字架を負って、わたしに従って来なさい」と言われた理由です。「いのち」は私たちの存在の根源です。「自分のいのちを救おうと思う者」、神を抜きにして成功や繁栄を追い求める者は、逆に「いのち」を失い、神もその人を「恥じます」。「たとえ全世界を手に入れ」るほど成功しても、「自分のいのちを失ったら、何の益があるでしょうか」、取り返しのつかない大損失です。
「私は全世界を手に入れたいとは思わない」と言うかもしれませんが、「全世界」を「自分の理想や宝」に置き換えることもできるでしょう。それらを手に入れたとしても、失ってしまっては元も子もない、もっと大切なもの、「全世界」に匹敵する、否それ以上に価値あるもの、それが「いのち」、あなた自身なのです。その「いのち」を救うか失うかは、結局イエスとの関係にかかっているのです。イエスを信じて従う弟子となる決断をすることは人生の大事業です。昔、「どっちが得か、よーく考えてみよう」と言うCMがありました。イエスの弟子として生きるか、イエスを拒絶して生きるか、二つに一つであって、中間などあり得ません。イエスはその選択を迫られたのです。
神に敵対する「姦淫と罪の時代にあって」、イエスに従って生きようとする私たちに対して、世は恐るべき力と巧妙さをもって妥協を迫ってきます。その際、「イエスならどうされるだろうか(WWJD?…What would Jesus do?の略)」を行動の判断基準としましょう。イエスの弟子として生きる道は、ときに犠牲を強いられることがあっても、間違いなく祝福の道です。パウロや世々のキリスト者たちが証人です。

マルコの福音書8:34「十字架を負ってイエスに従う」

2021年8月22日、マルコの福音書8:34「十字架を負ってイエスに従う」
「自分の十字架を負って、わたしに従って来なさい」と言われたとき、十字架刑を何度も目撃してきた弟子たちは大きな衝撃を受けたことでしょう。イエスにとって「十字架を負」うことは、全人類を罪と滅びから救い出そうとする神の御心でした。そのイエスを信じて生きる者も、神の御心を受け入れて歩むよう招かれているのです。
私たちは他人の十字架がどの程度重いかよく知らないで、「あの人の十字架のほうがよい」などと軽はずみに言いがちですが、神は私たち一人ひとりにぴったり合った十字架、この私にしか負えない十字架を備えておられます。だからこそ、「自分の十字架を負って…従って来なさい」と言われたのです。それなのに私たちは何としばしば「変えることのできるもの」を変えずに放置してきたことでしょうか。逆に「変えることのできないもの」を変えようとして絶望したことでしょうか。自分の十字架を他人の十字架と交換することなどできないし、無意味なことです。それよりむしろ、愛なる神が私にとって一番良いと思って割当ててくださった十字架として感謝して受け入れ、「自分の十字架を負って」イエスに従って行くことです。それこそが最も自分らしく最高の人生を送ることができる生き方なのです。
それでも「自分の十字架を負」うことに納得できない場合、どれほど豊かな神の恵みがあったか思い返してみましょう。納得できないことをはるかに上回る神の恵みがあったはずです。今はわからなくても、辛く悲しくても、「自分の十字架を負って」イエスに従うことをやめないでください。きっとイエスや兄弟姉妹の助けがあります。

マルコの福音書8:34「十字架を負ってイエスに従う」

2021年8月22日、マルコの福音書8:34「十字架を負ってイエスに従う」
「自分の十字架を負って、わたしに従って来なさい」と言われたとき、十字架刑を何度も目撃してきた弟子たちは大きな衝撃を受けたことでしょう。イエスにとって「十字架を負」うことは、全人類を罪と滅びから救い出そうとする神の御心でした。そのイエスを信じて生きる者も、神の御心を受け入れて歩むよう招かれているのです。
私たちは他人の十字架がどの程度重いかよく知らないで、「あの人の十字架のほうがよい」などと軽はずみに言いがちですが、神は私たち一人ひとりにぴったり合った十字架、この私にしか負えない十字架を備えておられます。だからこそ、「自分の十字架を負って…従って来なさい」と言われたのです。それなのに私たちは何としばしば「変えることのできるもの」を変えずに放置してきたことでしょうか。逆に「変えることのできないもの」を変えようとして絶望したことでしょうか。自分の十字架を他人の十字架と交換することなどできないし、無意味なことです。それよりむしろ、愛なる神が私にとって一番良いと思って割当ててくださった十字架として感謝して受け入れ、「自分の十字架を負って」イエスに従って行くことです。それこそが最も自分らしく最高の人生を送ることができる生き方なのです。
それでも「自分の十字架を負」うことに納得できない場合、どれほど豊かな神の恵みがあったか思い返してみましょう。納得できないことをはるかに上回る神の恵みがあったはずです。今はわからなくても、辛く悲しくても、「自分の十字架を負って」イエスに従うことをやめないでください。きっとイエスや兄弟姉妹の助けがあります。

マルコの福音書8:34「自分を捨ててイエスに従う」

2021年8月15日、マルコの福音書8:34「自分を捨ててイエスに従う」
イエスに従って行くためには、その前に「自分を捨て」ということがどうしても必要になります。「自分を捨て」るとは、人格や個性を否定することでもなければ、夢や財産を投げ出すことでもありません。「何が何でも。自分が、自分が」という自分勝手な思いを捨てて、神の御心に的を合わせて生きることです。「額には神の御名が記されている」(黙示録22:4)私たちの言動によって、かえって「神の御名」が汚されていないでしょうか。真に「自分を捨て」てイエスに従っているなら、真に毎週神を礼拝して御言葉を聞いているなら、そのような状態を放置したままにしないはず、否できないはずです。それができていること自体、真に「自分を捨て」て従おうとしていない証拠でしょう。神の御言葉は、何も私たちを苦しめたり困らせたりするためにあるのではありません。私たちが真に人間らしく歩めるようにと願われる神の愛の語りかけです。その御言葉によって叱られたとき、「自分を捨て」て神中心の生き方に方向転換する人は幸いです。
並行箇所には「自分を捨て、日々自分の十字架を負って」(ルカ9:23)とあります。「時々」ではなく「日々」です。「自分を捨て、自分の十字架を負って」イエスに従うのは、特別な日のためだけのものでもなければ、牧師や宣教師になる人だけのものでもありません。ごく平凡な日常生活の繰り返しの中でこそ実践すべき生き方なのです。イエスの生涯は、まさに「自分を捨て、自分の十字架を負って」神の御心に従って生きることが、どんなに自分自身にとっても周囲の人々にとっても祝福であるか、身をもってお示しくださった生涯でした。

ページ移動