記事一覧

9月ジョイジョイクラブ

★9月ジョイジョイクラブ★

日時:9月2日(日)午後1時~3時頃

みなさん元気ですか?
9月は、夏祭りです。
綿菓子、ポップコーン、かき氷、輪投げ、ダーツ、魚釣り、卓球他、屋台がいっぱいです。
皆で楽しく遊びましょう!

8月ジョイジョイクラブはお休みです。

エズラ記8:1~23「道中の無事を神に願い求めた」

2018年8月12日、エズラ記8:1~23「道中の無事を神に願い求めた」
エズラは、男性だけで約1,500人(女性や子どもも入れると3~4千人)、数十トンの「金銀…器物」と共に帰国しようとしています。当時の旅行は強盗や野獣に襲われる危険性大でしたが、エズラはペルシャ王に護衛を要請しないで、帰国予定者に「神の前でへりくだり…道中の無事を神に願い求めるため」(新改訳)断食して神に祈るよう促しました。
大きな問題や試練に直面したとき、あなたはこれまでどうしてきましたか。神に真剣に祈り求めるよりも、自分の浅薄な知恵や経験、身近な人に頼ってきませんでしたか。全能の神を信じていながら信仰生活が鳴かず飛ばずなのは、「神の前で身をひくくし…神に求め」ることをしていないからではありませんか。だから不安や恐れに満たされ、人間的な知恵や方策を模索せずにはいられなくなるのです。
アッスリヤの大軍に包囲されたとき、ヒゼキヤ王は何をするよりもまず神殿に行って祈りました。するとその夜、アッスリヤ軍は疫病によって全滅しました(列王紀下第18~19章)。「静まって(新改訳「やめよ」)、わたしこそ神であることを知れ」(詩篇46:10)。「我らの戦闘力は第一に我らの無能、第二に主の大能である」(笹尾鉄三郎師)。試練や困難に直面したとき、人間的な知恵や小細工を一切放棄して、自らの無能に徹し、「わたしこそ神である」と言われる神の前に座り込み、祈り抜くことです。そうするなら神もその信頼に答えて、「驚くべきことを…行われ」ます(詩篇46:8)。人間の手に負えないことは多々あっても、神の手に負えないことなど一つもありません。「どんな問題も、問題そのものが問題でなく、それをどう見るか、それとどう関わるか、あるいはその問題をどう捉えるか、それが問題なのです」(ある牧師)。

エズラ記8:1~23「道中の無事を神に願い求めた」

2018年8月12日、エズラ記8:1~23「道中の無事を神に願い求めた」
エズラは、男性だけで約1,500人(女性や子どもも入れると3~4千人)、数十トンの「金銀…器物」と共に帰国しようとしています。当時の旅行は強盗や野獣に襲われる危険性大でしたが、エズラはペルシャ王に護衛を要請しないで、帰国予定者に「神の前でへりくだり…道中の無事を神に願い求めるため」(新改訳)断食して神に祈るよう促しました。
大きな問題や試練に直面したとき、あなたはこれまでどうしてきましたか。神に真剣に祈り求めるよりも、自分の浅薄な知恵や経験、身近な人に頼ってきませんでしたか。全能の神を信じていながら信仰生活が鳴かず飛ばずなのは、「神の前で身をひくくし…神に求め」ることをしていないからではありませんか。だから不安や恐れに満たされ、人間的な知恵や方策を模索せずにはいられなくなるのです。
アッスリヤの大軍に包囲されたとき、ヒゼキヤ王は何をするよりもまず神殿に行って祈りました。するとその夜、アッスリヤ軍は疫病によって全滅しました(列王紀下第18~19章)。「静まって(新改訳「やめよ」)、わたしこそ神であることを知れ」(詩篇46:10)。「我らの戦闘力は第一に我らの無能、第二に主の大能である」(笹尾鉄三郎師)。試練や困難に直面したとき、人間的な知恵や小細工を一切放棄して、自らの無能に徹し、「わたしこそ神である」と言われる神の前に座り込み、祈り抜くことです。そうするなら神もその信頼に答えて、「驚くべきことを…行われ」ます(詩篇46:8)。人間の手に負えないことは多々あっても、神の手に負えないことなど一つもありません。「どんな問題も、問題そのものが問題でなく、それをどう見るか、それとどう関わるか、あるいはその問題をどう捉えるか、それが問題なのです」(ある牧師)。

エズラ記7:1~28「律法を調べ、行い、教えた」

2018年8月5日、エズラ記7:1~28「律法を調べ、行い、教えた」
神殿再建工事完了から60年弱、「天の神の律法の学者である祭司エズラ」がエルサレム帰還を決意します。目に見える部分は確かに整いましたが、問題は目に見えない部分、一人ひとりが律法に従って生きているか否かです。この神の民としての大原則を忘れ、目に見えない神ではなく目に見える偶像の神に頼り、罪に罪を重ねたために、神にさばかれてバビロン捕囚となったのです。しかし神のあわれみのゆえに捕囚から解放されて帰国し、神殿再建工事を成し遂げた今こそ、神の民の大原則が民の中に真に回復されなければ、いくら神殿が再建されて礼拝をささげていても無意味です。それゆえ「エズラは心をこめて主の律法を調べ、これを行い、かつイスラエルのうちに定めとおきてとを教え」るために帰国するのです(申命記6:4~15)。
私たちも神の不思議なご計画によって救いに導かれ、教会の一員とされました。しかしそれはゴールではなくスタートです。神の国完成と自分自身の救いの完成を目指して走り出した私たちも、御言葉を魂に蓄え(詩篇119:11)、絶えず思い起こし、御言葉によって警告されたり矯正されたりしながら歩むことが不可欠です。神も真理も希望も見失った時代だからこそ、私たちはなおさら確信をもって人々に、特に愛する家族に、「わたしは道であり、真理であり、命である」(ヨハネ14:6)と言われるイエスを指し示す責任があります。これこそ真理だと確信しているなら、子や孫の進学・就職・結婚等に血眼になる以上に、信仰継承により情熱を注ぐはずではないでしょうか。皆、私に倣って、私のような生き方をしてほしい。これがエズラやパウロ(ピリピ3:17)の切なる願いであり、私たちの願い・目標でもあります。

エズラ記7:1~28「律法を調べ、行い、教えた」

2018年8月5日、エズラ記7:1~28「律法を調べ、行い、教えた」
神殿再建工事完了から60年弱、「天の神の律法の学者である祭司エズラ」がエルサレム帰還を決意します。目に見える部分は確かに整いましたが、問題は目に見えない部分、一人ひとりが律法に従って生きているか否かです。この神の民としての大原則を忘れ、目に見えない神ではなく目に見える偶像の神に頼り、罪に罪を重ねたために、神にさばかれてバビロン捕囚となったのです。しかし神のあわれみのゆえに捕囚から解放されて帰国し、神殿再建工事を成し遂げた今こそ、神の民の大原則が民の中に真に回復されなければ、いくら神殿が再建されて礼拝をささげていても無意味です。それゆえ「エズラは心をこめて主の律法を調べ、これを行い、かつイスラエルのうちに定めとおきてとを教え」るために帰国するのです(申命記6:4~15)。
私たちも神の不思議なご計画によって救いに導かれ、教会の一員とされました。しかしそれはゴールではなくスタートです。神の国完成と自分自身の救いの完成を目指して走り出した私たちも、御言葉を魂に蓄え(詩篇119:11)、絶えず思い起こし、御言葉によって警告されたり矯正されたりしながら歩むことが不可欠です。神も真理も希望も見失った時代だからこそ、私たちはなおさら確信をもって人々に、特に愛する家族に、「わたしは道であり、真理であり、命である」(ヨハネ14:6)と言われるイエスを指し示す責任があります。これこそ真理だと確信しているなら、子や孫の進学・就職・結婚等に血眼になる以上に、信仰継承により情熱を注ぐはずではないでしょうか。皆、私に倣って、私のような生き方をしてほしい。これがエズラやパウロ(ピリピ3:17)の切なる願いであり、私たちの願い・目標でもあります。

詩篇3:1~8「しかし主よ」

2018年7月29日、詩篇3:1~8「しかし主よ」
「敵する者…逆らって立つ者が多く」、絶望的状況にあったダビデですが、「しかし主よ」と群がる敵から目を離して主を仰ぎました。四面楚歌における「しかし主よ」という信仰こそ、本篇のいのちであり、困難を打開する鍵です。そして「あなたはわたしを囲む盾、わが栄え、わたしの頭を、もたげてくださるかた」と主への信頼を告白しました。主は敵の攻撃から私を囲むようにして守って下さる「盾」、私の「栄え」を守って下さるお方、私の名誉を回復して下さるお方だ、とダビデは信じていました。さらに「わたしが声をあげて主を呼ばわると、主は…わたしに答えられる」、祈りに答えて下さるお方だ、と信じていました。東西南北を完全に封鎖されたような四面楚歌の中でも、上だけは常に開いていて、主に祈ることができます。祈りこそ最大最高の武器です。ダビデは想像を絶する試練の中でも、夜はすっかり安心して「ふして眠り」、朝はさわやかに「目をさます」ことができました。まさに偉大なる熟睡です。それはひとえに、ダビデが主に全く信頼し、そのダビデを「主が…ささえられるから」でした。
「悪魔はいつも二つのレンズを持っています。一つは凸レンズ、もう一つは凹レンズです。凸レンズをあてるとものが大きく見えます。反対に凹レンズをあてるとものが小さく見えます。悪魔は神さまのほうに凹レンズをあて、神さまを小さく見せます。そして現実の苦しみに凸レンズをあて、それを実際よりも大きく見せます。そしてささやくのです。『お前が信じている神は小さいぞ。今直面している困難はこんなに大きいぞ』と言い、わたしたちの勇気も信仰も砕いてしまいます」(蓮見和男師)。悪魔の策略に引っかかっていませんか。

詩篇3:1~8「しかし主よ」

2018年7月29日、詩篇3:1~8「しかし主よ」
「敵する者…逆らって立つ者が多く」、絶望的状況にあったダビデですが、「しかし主よ」と群がる敵から目を離して主を仰ぎました。四面楚歌における「しかし主よ」という信仰こそ、本篇のいのちであり、困難を打開する鍵です。そして「あなたはわたしを囲む盾、わが栄え、わたしの頭を、もたげてくださるかた」と主への信頼を告白しました。主は敵の攻撃から私を囲むようにして守って下さる「盾」、私の「栄え」を守って下さるお方、私の名誉を回復して下さるお方だ、とダビデは信じていました。さらに「わたしが声をあげて主を呼ばわると、主は…わたしに答えられる」、祈りに答えて下さるお方だ、と信じていました。東西南北を完全に封鎖されたような四面楚歌の中でも、上だけは常に開いていて、主に祈ることができます。祈りこそ最大最高の武器です。ダビデは想像を絶する試練の中でも、夜はすっかり安心して「ふして眠り」、朝はさわやかに「目をさます」ことができました。まさに偉大なる熟睡です。それはひとえに、ダビデが主に全く信頼し、そのダビデを「主が…ささえられるから」でした。
「悪魔はいつも二つのレンズを持っています。一つは凸レンズ、もう一つは凹レンズです。凸レンズをあてるとものが大きく見えます。反対に凹レンズをあてるとものが小さく見えます。悪魔は神さまのほうに凹レンズをあて、神さまを小さく見せます。そして現実の苦しみに凸レンズをあて、それを実際よりも大きく見せます。そしてささやくのです。『お前が信じている神は小さいぞ。今直面している困難はこんなに大きいぞ』と言い、わたしたちの勇気も信仰も砕いてしまいます」(蓮見和男師)。悪魔の策略に引っかかっていませんか。

エズラ記6:1~22「神の命令により完成した」

2018年7月22日、エズラ記6:1~22「神の命令により完成した」
州知事からの問い合わせに対してダリヨス王は、早速部下に「古文書をおさめてある書庫を調べさせたところ」、ユダヤ人の主張が事実であることが判明したので、神殿再建工事を妨害してはならないこと等を命じました。ユダヤ人は神とその言葉を信じて帰国し、神殿再建工事に立ち上がったものの、試練と困難の連続でしたが、遂に神殿を建て上げました。「イスラエルの神の命令」があったからです。
創世記後半に登場するヨセフは、若き日に見た神の約束は一体どうなってしまったのかと疑いたくなるような波乱万丈の生涯でした。しかしヨセフに対する神の約束は、時満ちてことごとく実現しました(創世記 第37章以下)。「わが口から出る言葉も、むなしくわたしに帰らない。わたしの喜ぶところのことをなし、わたしが命じ送った事を果す」(イザヤ書55:11)。神が一度語られた言葉は空しく地に落ちることはありません。神が語られた以上は間違いなく成就するのです。
ユダヤ人同様、神とその言葉に従って一歩踏み出しても、約束の実現までには山あり谷あり、紆余曲折がつきものです。家族の救いにしても伝道の前進にしても思いどおりにいかないことの連続で、失望の種は尽きません。しかし失望落胆していたユダヤ人が預言者と神の言葉、神の目によって再び立ち上がったように、私たちも失望落胆、意気消沈して下ばかり向いていないで、その何倍も神とその言葉に信頼し期待しようではありませんか。神の言葉が共にあり、神の目が注がれている限り、いつか必ず祝福され、豊かに実を結ぶ日を迎えるはずだからです(詩篇1:1~3)。「もう少しの祈り、もう少しの信仰、もう少しの忍耐、そうすれば答えは必ず来る」(ジョージ・ミュラー)。

エズラ記6:1~22「神の命令により完成した」

2018年7月22日、エズラ記6:1~22「神の命令により完成した」
州知事からの問い合わせに対してダリヨス王は、早速部下に「古文書をおさめてある書庫を調べさせたところ」、ユダヤ人の主張が事実であることが判明したので、神殿再建工事を妨害してはならないこと等を命じました。ユダヤ人は神とその言葉を信じて帰国し、神殿再建工事に立ち上がったものの、試練と困難の連続でしたが、遂に神殿を建て上げました。「イスラエルの神の命令」があったからです。
創世記後半に登場するヨセフは、若き日に見た神の約束は一体どうなってしまったのかと疑いたくなるような波乱万丈の生涯でした。しかしヨセフに対する神の約束は、時満ちてことごとく実現しました(創世記 第37章以下)。「わが口から出る言葉も、むなしくわたしに帰らない。わたしの喜ぶところのことをなし、わたしが命じ送った事を果す」(イザヤ書55:11)。神が一度語られた言葉は空しく地に落ちることはありません。神が語られた以上は間違いなく成就するのです。
ユダヤ人同様、神とその言葉に従って一歩踏み出しても、約束の実現までには山あり谷あり、紆余曲折がつきものです。家族の救いにしても伝道の前進にしても思いどおりにいかないことの連続で、失望の種は尽きません。しかし失望落胆していたユダヤ人が預言者と神の言葉、神の目によって再び立ち上がったように、私たちも失望落胆、意気消沈して下ばかり向いていないで、その何倍も神とその言葉に信頼し期待しようではありませんか。神の言葉が共にあり、神の目が注がれている限り、いつか必ず祝福され、豊かに実を結ぶ日を迎えるはずだからです(詩篇1:1~3)。「もう少しの祈り、もう少しの信仰、もう少しの忍耐、そうすれば答えは必ず来る」(ジョージ・ミュラー)。

ルカによる福音書15:4~7「気づいて!神様の愛」

2018年7月15日、ルカによる福音書15:4~7「気づいて!神様の愛」
①失われた存在
羊飼いは一匹一匹の羊をよく知り、一匹でもいなくなると、すぐにわかりました。その一匹も、かけがえのない大切な存在だからです。同様に神は私たち一人ひとりのことをよくご存じの上で、「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している」と言って下さいます(イザヤ書43:1~4)。しかしいなくなった羊は、そのままでは毛や肉を得られないので無価値です。同様に人間も、造り主なる神から迷い出ている限り、本来もっている価値を大きく失い、「無益なものになって」いるのです(ローマ3:12)。羊は一度群れからはぐれると、近眼等のため自分から群れに帰ることはできません。同様に神から離れた人間も、どの神が真の神なのか、どこに真理があるのかまるでわからず、神のもとに帰ろうにも帰れない状態にあるのです。
②熱心な捜索
「いなくなった一匹を見つけるまで」熱心に捜索した羊飼いは、遂に発見して大喜びします。同様に神は「あなたはどこにいるにか」と呼びかけ(創世記3:9)、罪人が悔い改める先に自ら捜しに出かけ、自分から帰ろうにも帰れない罪人を連れ戻すまで決して諦められないお方です。この神の愛を知らせるために遣わされたのが御子イエスです。イエスは十字架と復活によって、神から離れて迷子になっている罪人が神に帰る道を開いて下さいました(ヨハネ14:6)。この神の一方的な愛の捜索劇に気づき、悔い改めと信仰によって神のもとに帰るとき、天では大きな喜びの声が上がり、私たちは恵み深い神と共に真に自分らしく、もっとすばらしく生きることができるようになるのです。

ページ移動