記事一覧

テサロニケ人への第一の手紙4:13~18「再会の希望がある」

2018年9月23日、テサロニケ人への第一の手紙4:13~18「再会の希望がある」
「主ご自身が…天から下ってこられる」とありますが、約2000年前、神の御子イエス・キリストは人の子として降誕されました。全人類の罪を背負って十字架上で死に、ただキリストを信じるだけで罪赦される救いの道を開くためでした。そのキリストがもう一度「天から下ってこられる」と(再臨)、「キリストにあって死んだ人々が、まず最初によみがえり」、すなわちキリストを信じて召され、パラダイスで安息している人々が、栄光のからだを与えられてよみがえります。ですからキリストを信じて召された兄弟姉妹には、「永眠した」という表現はふさわしくありません。再臨時に復活し、天国で永遠に神と共に生きるまで「眠っている」、仮眠しているに過ぎないからです。
「それから生き残っているわたしたちが、彼らと共に雲に包まれて引き上げられ…いつも主と共にいる」ということは、先に召された兄弟姉妹たちと天国で再会する希望があるということです。ただしそれには条件があります。「キリストにあって」とあるように、キリストを信じて罪赦されていることが条件です。「立派に死ぬことは、立派に生きることです。立派に死ぬということは、自分の罪が処理されることです。死後、神の御前でさばかれる存在である私たちにとって、この罪は大事な問題です。人間が死を避けるのは、死が怖いからではなく、そこに罪があるからなのです。その問題の解決の鍵こそがキリストなのです」(森有正、ヘブル9:27、ローマ6:23)。いつまでも「望みを持たない外の人々」であってはなりません。死によって一時的に離れ離れになっても、キリストを信じて救われた者には天国での再会の希望があるので、「互に慰め合」うことが真に可能なのです。

日本最大のブランドスーパーコピー通販専門店

日本最大のブランドスーパーコピー通販専門店。ブランドコピー専門店、激安、送料無料。偽物のスーパーコピーバッグ、スーパーコピー腕時計、スーパーコピー財布など激安で買える!スーパーコピーN級品、本物と同様です、非常に人気があります。
スーパーコピー代引き,本当に届くブランドコピー安全店口コミ!高品質ブランドコピー屋にはルイヴィトンコピー品、グッチコピー品、シャネルコピー品、イヴサンローランコピー品、絶対届くコピーブランド口コミ通販サイト!信用第一、高品質、最低価格保証!
当店は日本最大級ブランドコピー品販売専門老舗,スーパーコピーバッグ、財布、靴、 時計、ベルト、スカーフ,コピーブランド商品通販,楽天ブランドコピー,人気 激安ブランド 販売店,高品質と安心をお届けいたします,安心と信頼ブランド激安屋!

スーパーコピー時計N級品
ブランドバッグコピー
スーパーコピージュエリー
スーパーコピー財布N級品
マフラースーパーコピー
スーパーコピー服&小物
スーパーコピー靴

伝道の書12:1~14「すべての人の本分」

2018年9月16日、伝道の書12:1~14「すべての人の本分」
本書は「空(息、の意)の空、空の空、いっさいは空である」(1:2)で始まり、12:8にも「空の空、いっさいは空である」とあり、それらの間に、知恵や知識、快楽や富、権力等をいくら得ても息のようにはかなく空しい体験が満ち満ちています。しかし忘れてならないのは、「日の下で」という語です(1:3他)。「日の下」、すなわち地上のことのみ追求する人生は、結局「空の空」だということです。そして12:1~8は老年についての記述です。老年は冬のように陰鬱で(2節)、腕や足が衰え、背骨は曲がり、歯は抜け、目は遠くなります(3節)。耳は遠くなり、話し声は小さくなり、朝早く目覚め、声に張りがなくなります(4節)。道を歩くのも困難になり、白髪になり、性欲は衰え、遂には死んで墓に葬られます(5~6節)。このような老年になり、「『わたしにはなんの楽しみもない』と言うように」なるなら、地上でいかに多くのものを得たとしても、それこそ「空の空、空の空、いっさいは空」です。
だからこそ著者は、「あなたの若い日に、あなたの造り主を覚えよ」と声高に叫ぶのです。神のかたちに造られた「すべての人の本分」、人間が人間としてなすべき第一のことは、「神を恐れ、その命令を守」って生きることです。ところが人はこの本分から逸脱して、神に背を向けて生きています。この的外れの状態を聖書は「罪」と呼び、これこそが「空の空」の根源なのです。この罪の問題を解決するために御子イエスは来臨され、十字架上で身代わりの死を遂げられました。「先祖伝来の空疎な生活からあがない出されたのは…キリストの尊い血によったのである」(Ⅰペテロ1:18~19)。十字架の血は、私たちを「空疎な生活から」救い出し、意義ある人生へと導き入れて下さるのです。

エズラ記9:1~2「神の恵みを受けた者は」

2018年9月9日、エズラ記9:1~2「神の恵みを受けた者は」
エズラたちの帰国から約4か月、指導者たちが「先だって」異民族と結婚したので、民もそれに倣っていることが明らかになりました。 イスラエルは、全世界に真の神を証しし、神の祝福をもたらすという尊い使命のために選ばれた「宝の民」でした(創世記12:2~3、申命記7:6)。異民族と結婚して悪影響を受けると、それどころではなくなるので、イスラエルは異民族と結婚することを固く禁じられたのです(申命記7:1~5)。バビロン捕囚となったのは、異民族から悪影響を受け、その生き方に倣ったからでした。あわれみ深い神によって回復され、神殿を再建することさえできたのに、またもや同じような罪を犯していることを知らされたエズラは、嘆き悲しみ断食して祈りました。
私たちも同様です。主に選ばれるような価値のない「無きに等しい者(直訳「無い者」)」(Ⅰコリント1:26~29)であるのに、「天地の造られる前から、キリストにあって…選び」(エペソ1:4)、十字架の救いにあずからせて下さいました。にもかかわらず私たちもイスラエル同様、何度も何度も神に背き、御心を傷つけてきました。それでもなお神は「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している」(イザヤ書43:4)と言っておられます。他人が何と言おうと、またあなた自身がどう思おうと、神は「あなたはわたしの大切な宝物」と言っておられるのです。「私は神の宝物」と自分自身に何度も言い、隣人にも「あなたは神の宝物」と言ってみましょう。あなたの生き方は変わるはずです。神にこよなく愛され、大切にされていることが真にわかれば、神を悲しませるような生き方はできなくなるはず、何とか神に喜ばれる生き方をして、神を証ししていきたいと願うはずです。

エズラ記9:1~2「神の恵みを受けた者は」

2018年9月9日、エズラ記9:1~2「神の恵みを受けた者は」
エズラたちの帰国から約4か月、指導者たちが「先だって」異民族と結婚したので、民もそれに倣っていることが明らかになりました。 イスラエルは、全世界に真の神を証しし、神の祝福をもたらすという尊い使命のために選ばれた「宝の民」でした(創世記12:2~3、申命記7:6)。異民族と結婚して悪影響を受けると、それどころではなくなるので、イスラエルは異民族と結婚することを固く禁じられたのです(申命記7:1~5)。バビロン捕囚となったのは、異民族から悪影響を受け、その生き方に倣ったからでした。あわれみ深い神によって回復され、神殿を再建することさえできたのに、またもや同じような罪を犯していることを知らされたエズラは、嘆き悲しみ断食して祈りました。
私たちも同様です。主に選ばれるような価値のない「無きに等しい者(直訳「無い者」)」(Ⅰコリント1:26~29)であるのに、「天地の造られる前から、キリストにあって…選び」(エペソ1:4)、十字架の救いにあずからせて下さいました。にもかかわらず私たちもイスラエル同様、何度も何度も神に背き、御心を傷つけてきました。それでもなお神は「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している」(イザヤ書43:4)と言っておられます。他人が何と言おうと、またあなた自身がどう思おうと、神は「あなたはわたしの大切な宝物」と言っておられるのです。「私は神の宝物」と自分自身に何度も言い、隣人にも「あなたは神の宝物」と言ってみましょう。あなたの生き方は変わるはずです。神にこよなく愛され、大切にされていることが真にわかれば、神を悲しませるような生き方はできなくなるはず、何とか神に喜ばれる生き方をして、神を証ししていきたいと願うはずです。

NOOB工場直販のスーパーコピー時計通販です

NOOB工場直販のスーパーコピー時計通販です。弊店の最高級ブランド時計コピーは品質2年無料保証です。2019新年キャンペーン!10%OFF!日本人担当 齋藤 進一。
スーパーコピー時計、偽物ブランドコピー代引き国内発送通販激安店!当店のブランドコピー時計商品は、クオリティが 高く、品質保証も2年です。
スーパーコピー時計代引き、口コミ高級ブランド時計コピー激安販売N級品優良店。 ブランド腕時計コピー豊富に揃えております、安心してご利用頂けるサイトです。 スーパーコピー時計販売しております。

スーパーコピー時計N級品
スーパーコピーバッグ
スーパーコピー財布
スーパーコピーマフラー
スーパーコピー服&小物
スーパーコピージュエリー
スーパーコピー靴
スーパーコピーベルト

エズラ記8:24~36「神の御手に守られた旅路」

2018年8月19日、エズラ記8:24~36「神の御手に守られた旅路」
エズラ一行が断食して道中の無事を「神に願い求めたところ、神はその願いを聞きいれられた」(21~23節)とは言うものの、まだ一歩も前進していません。「神はその願いを聞きいれられた」との確信が与えられ、平安に満たされて出発することができたということです。そのようにして出発したエズラ一行は、断食して祈ったので神に守られ、何事もなく平穏無事であったということではなかったでしょう。約4か月の長旅の間(7:9)、様々な危険や困難に出くわしたはずです。しかしご真実な神が彼らの信頼と祈りに答えて、「敵の手および道に待ち伏せする者の手から…救われた」ので、無事帰国できたのです。
アブラハムは「望み得ないのに、なおも望みつつ信じ」(ローマ4:18)、高齢夫婦の間に約束の子イサクが誕生しました(創世記第17~21章)。契約の箱をかく祭司たちが濁流渦巻くヨルダン川に足を一歩踏み入れたその瞬間、水はせき止められて乾いた地を渡ることができるという約束を信じて従ったところ、そのとおりになりました(ヨシュア記 第3章)。いくら御言葉の約束を得ても、前進しようとせず、ただ待っているだけでは、約束はいつまで経っても絵に描いた餅に過ぎません。「信仰は冒険である」と言います。御言葉の約束を信じて一歩踏み出すならば、必ず御言葉の約束どおりになっていきます(イザヤ書55:11)。
「神は真実である。あなたがたを耐えられないような試錬に会わせることはないばかりか、試錬と同時に、それに耐えられるように、のがれる道も備えて下さる」(Ⅰコリント10:13)。ご真実な神は、私たちが試練の中で意気消沈したり絶望したりしないよう、「それ(試練)に耐え」忍ぶ力を「備えて下さ」います。エズラ一行がまさにそうでした。

エズラ記8:24~36「神の御手に守られた旅路」

2018年8月19日、エズラ記8:24~36「神の御手に守られた旅路」
エズラ一行が断食して道中の無事を「神に願い求めたところ、神はその願いを聞きいれられた」(21~23節)とは言うものの、まだ一歩も前進していません。「神はその願いを聞きいれられた」との確信が与えられ、平安に満たされて出発することができたということです。そのようにして出発したエズラ一行は、断食して祈ったので神に守られ、何事もなく平穏無事であったということではなかったでしょう。約4か月の長旅の間(7:9)、様々な危険や困難に出くわしたはずです。しかしご真実な神が彼らの信頼と祈りに答えて、「敵の手および道に待ち伏せする者の手から…救われた」ので、無事帰国できたのです。
アブラハムは「望み得ないのに、なおも望みつつ信じ」(ローマ4:18)、高齢夫婦の間に約束の子イサクが誕生しました(創世記第17~21章)。契約の箱をかく祭司たちが濁流渦巻くヨルダン川に足を一歩踏み入れたその瞬間、水はせき止められて乾いた地を渡ることができるという約束を信じて従ったところ、そのとおりになりました(ヨシュア記 第3章)。いくら御言葉の約束を得ても、前進しようとせず、ただ待っているだけでは、約束はいつまで経っても絵に描いた餅に過ぎません。「信仰は冒険である」と言います。御言葉の約束を信じて一歩踏み出すならば、必ず御言葉の約束どおりになっていきます(イザヤ書55:11)。
「神は真実である。あなたがたを耐えられないような試錬に会わせることはないばかりか、試錬と同時に、それに耐えられるように、のがれる道も備えて下さる」(Ⅰコリント10:13)。ご真実な神は、私たちが試練の中で意気消沈したり絶望したりしないよう、「それ(試練)に耐え」忍ぶ力を「備えて下さ」います。エズラ一行がまさにそうでした。

エズラ記8:1~23「道中の無事を神に願い求めた」

2018年8月12日、エズラ記8:1~23「道中の無事を神に願い求めた」
エズラは、男性だけで約1,500人(女性や子どもも入れると3~4千人)、数十トンの「金銀…器物」と共に帰国しようとしています。当時の旅行は強盗や野獣に襲われる危険性大でしたが、エズラはペルシャ王に護衛を要請しないで、帰国予定者に「神の前でへりくだり…道中の無事を神に願い求めるため」(新改訳)断食して神に祈るよう促しました。
大きな問題や試練に直面したとき、あなたはこれまでどうしてきましたか。神に真剣に祈り求めるよりも、自分の浅薄な知恵や経験、身近な人に頼ってきませんでしたか。全能の神を信じていながら信仰生活が鳴かず飛ばずなのは、「神の前で身をひくくし…神に求め」ることをしていないからではありませんか。だから不安や恐れに満たされ、人間的な知恵や方策を模索せずにはいられなくなるのです。
アッスリヤの大軍に包囲されたとき、ヒゼキヤ王は何をするよりもまず神殿に行って祈りました。するとその夜、アッスリヤ軍は疫病によって全滅しました(列王紀下第18~19章)。「静まって(新改訳「やめよ」)、わたしこそ神であることを知れ」(詩篇46:10)。「我らの戦闘力は第一に我らの無能、第二に主の大能である」(笹尾鉄三郎師)。試練や困難に直面したとき、人間的な知恵や小細工を一切放棄して、自らの無能に徹し、「わたしこそ神である」と言われる神の前に座り込み、祈り抜くことです。そうするなら神もその信頼に答えて、「驚くべきことを…行われ」ます(詩篇46:8)。人間の手に負えないことは多々あっても、神の手に負えないことなど一つもありません。「どんな問題も、問題そのものが問題でなく、それをどう見るか、それとどう関わるか、あるいはその問題をどう捉えるか、それが問題なのです」(ある牧師)。

エズラ記8:1~23「道中の無事を神に願い求めた」

2018年8月12日、エズラ記8:1~23「道中の無事を神に願い求めた」
エズラは、男性だけで約1,500人(女性や子どもも入れると3~4千人)、数十トンの「金銀…器物」と共に帰国しようとしています。当時の旅行は強盗や野獣に襲われる危険性大でしたが、エズラはペルシャ王に護衛を要請しないで、帰国予定者に「神の前でへりくだり…道中の無事を神に願い求めるため」(新改訳)断食して神に祈るよう促しました。
大きな問題や試練に直面したとき、あなたはこれまでどうしてきましたか。神に真剣に祈り求めるよりも、自分の浅薄な知恵や経験、身近な人に頼ってきませんでしたか。全能の神を信じていながら信仰生活が鳴かず飛ばずなのは、「神の前で身をひくくし…神に求め」ることをしていないからではありませんか。だから不安や恐れに満たされ、人間的な知恵や方策を模索せずにはいられなくなるのです。
アッスリヤの大軍に包囲されたとき、ヒゼキヤ王は何をするよりもまず神殿に行って祈りました。するとその夜、アッスリヤ軍は疫病によって全滅しました(列王紀下第18~19章)。「静まって(新改訳「やめよ」)、わたしこそ神であることを知れ」(詩篇46:10)。「我らの戦闘力は第一に我らの無能、第二に主の大能である」(笹尾鉄三郎師)。試練や困難に直面したとき、人間的な知恵や小細工を一切放棄して、自らの無能に徹し、「わたしこそ神である」と言われる神の前に座り込み、祈り抜くことです。そうするなら神もその信頼に答えて、「驚くべきことを…行われ」ます(詩篇46:8)。人間の手に負えないことは多々あっても、神の手に負えないことなど一つもありません。「どんな問題も、問題そのものが問題でなく、それをどう見るか、それとどう関わるか、あるいはその問題をどう捉えるか、それが問題なのです」(ある牧師)。