記事一覧

ルカによる福音書24:1~12「イエス・キリストの復活」

2019年4月21日、ルカによる福音書24:1~12「イエス・キリストの復活」
十字架上に死んで墓に葬られたイエスの御体に香料を塗り、丁重に葬って差し上げようと、女性たちは「週の初めの日、夜明け前に…墓に行った」のですが、彼女たちの前には大問題がありました。墓の入口をふさぐ大石です。彼女たちはこの大石についてずっと話し合いながら墓まで来ましたが(マルコ16:3「話し合っていた」=話し合い続けていた)、それは全く不要な心配でした。すでに「石が墓からころがして」ありました。約束どおりイエスは死を打ち破って復活されたのです。
墓の大石どころではない人類共通の最大の大石、それは罪と死の大石です。この大石を取り除くために罪の全くない神の御子イエスが来臨され、私たちの罪を背負って十字架につけられ、私たちに代わって神のさばきを一身に受けて死なれましたが、三日目に復活されました。十字架がなくては復活の意味はなく、復活がなくては十字架は完成しません(ローマ4:25)。空っぽの墓は、イエスが罪と死に勝利され、今も生きておられる救い主であること、ただイエスを信じるだけで罪赦されるという救いが完成されたことの証明なのです。
十字架と復活によって、神と私たちとを隔てる途方もない罪と死の大石を「ころがして」下さったイエスは、私たちの人生に立ちはだかる大石をも同様に「ころがして」下さるお方です。「ところが、目をあげて見ると、石はすでにころがしてあった」(マルコ16:4)。うつむいて困難ばかりを見つめるのではなく、十字架と復活のイエスに心の目を上げましょう。「ダビデの子孫として生れ、死人のうちからよみがえったイエス・キリストを、いつも思っていなさい」(Ⅱテモテ2:8)。

ルカによる福音書22:54~62「イエスのまなざし」

2019年4月14日、ルカによる福音書22:54~62「イエスのまなざし」
ゲツセマネの園に行く前、イエスが「あなたがたは皆、わたしにつまずくであろう」(マルコ14:27)と言われると、ペテロは「わたしは獄にでも、また死に至るまでも、あなたとご一緒に行く覚悟です」と言い、「きょう、鶏が鳴くまでに、あなたは三度わたしを知らないと言うだろう」と予告されていました(22:33~34)。園で捕縛されたイエスを心配して「ペテロは遠くからついて行った」のですが、それが限界でした。イエスの仲間ではないかと指摘されるたびに否認を重ねて三回目、「たちまち、鶏が鳴いた…主は振りむいてペテロを見つめられた…そして外へ出て、激しく泣いた」。なぜ「激しく泣いた」のでしょうか。
取り返しのつかない大失敗をも包み込んで赦す愛のまなざしに触れて、ペテロは号泣したのでしょう(新聖歌221番)。ペテロ同様イエスを裏切ったユダは、自分の行為をただ後悔しただけで悔い改めることなく、「首をつって死んだ」(マタイ27:5)。しかしペテロは、自分の弱さを正直に認めて悔い改め、再び使命を授けられました(ヨハネ21:16)。「神のみこころに添うた悲しみは、悔いのない救を得させる悔改めに導き、この世の悲しみは死をきたらせる」(Ⅱコリント7:10)。四福音書すべてがペテロの大失敗を包み隠さず記しているのは、イエスを信じる人生はいつでもやり直し可能であること、イエスの愛と赦しととりなしによって何度でも立ち上がり得ることを私たちに強調したいからでしょう。「私たちが、神の前に自らの罪の責めを感じ、身を低くして立ち帰ってくるとき、そこには怒りの御顔があると思ったのに、意外にも、そこには赦しの御顔があるのです」(ジョン・バニヤン)。

ルカによる福音書22:54~62「イエスのまなざし」

2019年4月14日、ルカによる福音書22:54~62「イエスのまなざし」
ゲツセマネの園に行く前、イエスが「あなたがたは皆、わたしにつまずくであろう」(マルコ14:27)と言われると、ペテロは「わたしは獄にでも、また死に至るまでも、あなたとご一緒に行く覚悟です」と言い、「きょう、鶏が鳴くまでに、あなたは三度わたしを知らないと言うだろう」と予告されていました(22:33~34)。園で捕縛されたイエスを心配して「ペテロは遠くからついて行った」のですが、それが限界でした。イエスの仲間ではないかと指摘されるたびに否認を重ねて三回目、「たちまち、鶏が鳴いた…主は振りむいてペテロを見つめられた…そして外へ出て、激しく泣いた」。なぜ「激しく泣いた」のでしょうか。
取り返しのつかない大失敗をも包み込んで赦す愛のまなざしに触れて、ペテロは号泣したのでしょう(新聖歌221番)。ペテロ同様イエスを裏切ったユダは、自分の行為をただ後悔しただけで悔い改めることなく、「首をつって死んだ」(マタイ27:5)。しかしペテロは、自分の弱さを正直に認めて悔い改め、再び使命を授けられました(ヨハネ21:16)。「神のみこころに添うた悲しみは、悔いのない救を得させる悔改めに導き、この世の悲しみは死をきたらせる」(Ⅱコリント7:10)。四福音書すべてがペテロの大失敗を包み隠さず記しているのは、イエスを信じる人生はいつでもやり直し可能であること、イエスの愛と赦しととりなしによって何度でも立ち上がり得ることを私たちに強調したいからでしょう。「私たちが、神の前に自らの罪の責めを感じ、身を低くして立ち帰ってくるとき、そこには怒りの御顔があると思ったのに、意外にも、そこには赦しの御顔があるのです」(ジョン・バニヤン)。

マルコによる福音書10:13~16「幼な子を祝福されるイエス」

2019年4月7日、マルコによる福音書10:13~16「幼な子を祝福されるイエス」
「イエスにさわっていただくために、人々が幼な子らをみもとに(次から次へと)連れてきた」ので、「弟子たちは彼らをたしなめた」ところ、「イエスは憤り」、「幼な子らをわたしの所に来るままにしておきなさい…神の国はこのような者の国(だから)である」と言われました。幼な子は教えられたことを素直に信じ受け入れますが、大人になると偏見等がしばしば邪魔をします。幼な子はひたすら親に頼りますが、大人になると自力で頑張ることが賞賛されます。幼な子のように自分の罪や弱さ・頼りなさを認めてへりくだり、イエスの十字架を信じ、神により頼んで生きる人こそ、神の国に迎え入れられる人なのです。
「幼な子らをわたしの所に来るままにしておきなさい」とは、イエスの御心であり、子ども伝道に対する命令、召しです。マタイ18:2では「イエスは幼な子を呼び寄せ、彼らのまん中に立たせて言われた」とあります。幼な子たちこそ教会の中心だということです。教会の閉塞感と高齢化、教会学校の閉鎖等、多くの教会が行き詰まっていますが、実は、教会の閉塞感と教会から子どもたちがいなくなったこととは同時に起こっていることなのです。教会の中心であるべき子どもたちの存在こそ教会の力であり、教会から子どもたちがいなくなれば、教会に閉塞感がやってくるのは至極当然のことなのです。逆に韓国では1970年代に大リバイバルがありましたが、実はその10~20年前に子どもたちのリバイバルがあり、その子どもたちが成長して大リバイバルを迎えたのです。鍵は「次世代」にあります。「今こそ、次世代への宣教と信仰継承」実現のため祈り働きましょう。


ウブロ スーパーコピー専門店,最高品質ウブロコピー 時計通販専門店,ウブロ コピー(N級品)人気新作、ウブロ時計スーパーコピーを低価でお客様に提供します。HUBLOTウブロ偽物ブランドと言ってもなんと本物と見分けがつかないぐらい!ウブロ ビッグバン スーパーコピー,ウブロ キングパワー スーパーコピー,ウブロコピー,HUBLOT偽物通販!

ウブロ スーパーコピー http://www.ninkitokei.com/brandcopy-l-41.html
ウブロ ビッグバン スーパーコピー http://www.ninkitokei.com/brandcopy-m-144.html
ウブロ ベルルッティ コピー http://www.ninkitokei.com/brandcopy-l-41.html
ウブロ キングパワー スーパーコピー http://www.ninkitokei.com/brandcopy-m-143.html

マルコによる福音書10:13~16「幼な子を祝福されるイエス」

2019年4月7日、マルコによる福音書10:13~16「幼な子を祝福されるイエス」
「イエスにさわっていただくために、人々が幼な子らをみもとに(次から次へと)連れてきた」ので、「弟子たちは彼らをたしなめた」ところ、「イエスは憤り」、「幼な子らをわたしの所に来るままにしておきなさい…神の国はこのような者の国(だから)である」と言われました。幼な子は教えられたことを素直に信じ受け入れますが、大人になると偏見等がしばしば邪魔をします。幼な子はひたすら親に頼りますが、大人になると自力で頑張ることが賞賛されます。幼な子のように自分の罪や弱さ・頼りなさを認めてへりくだり、イエスの十字架を信じ、神により頼んで生きる人こそ、神の国に迎え入れられる人なのです。
「幼な子らをわたしの所に来るままにしておきなさい」とは、イエスの御心であり、子ども伝道に対する命令、召しです。マタイ18:2では「イエスは幼な子を呼び寄せ、彼らのまん中に立たせて言われた」とあります。幼な子たちこそ教会の中心だということです。教会の閉塞感と高齢化、教会学校の閉鎖等、多くの教会が行き詰まっていますが、実は、教会の閉塞感と教会から子どもたちがいなくなったこととは同時に起こっていることなのです。教会の中心であるべき子どもたちの存在こそ教会の力であり、教会から子どもたちがいなくなれば、教会に閉塞感がやってくるのは至極当然のことなのです。逆に韓国では1970年代に大リバイバルがありましたが、実はその10~20年前に子どもたちのリバイバルがあり、その子どもたちが成長して大リバイバルを迎えたのです。鍵は「次世代」にあります。「今こそ、次世代への宣教と信仰継承」実現のため祈り働きましょう。

出エジプト記33:12~16「わたし自身が一緒に行く」

2019年3月31日、出エジプト記33:12~16「わたし自身が一緒に行く」
モーセが「四十日四十夜、(シナイ)山にい」て十戒を授与されている間、不安になった民は偶像を造り、偶像に頼って約束の地を目指そうとしました(31:18~32:1)。下山して目を疑うような光景を見たモーセは、民の罪の赦しと主の臨在の同行を切願しました(32:11~14、30~34)。そうして与えられた御言葉が、「わたし自身(新改訳2017「わたしの臨在」)が一緒に行くであろう。そしてあなたに安息を与えるであろう」です。
「わたしにつながっていなければ実を結ぶことができない」(ヨハネ15:4)が、「わたしを強くして下さるかたによって、何事でもすることができる」(ピリピ4:13)、「宙ぶらりんではなく、神ぶらりん」(向後昇太郎師)なのがキリスト者です。「どんな問題も、問題そのものが問題でなく、それをどう見るか、それとどう関わるか、あるいはその問題をどう捉えるか、それが問題なのです。この世には、本来問題というものはありません。あるのは問題との取り組み方だけです」(ある牧師)。人間の手に負えないことはあっても、神の手に負えないことなど一つもありません。それなのに自分の力を頼りに下手に頑張るから、かえって事態が紛糾し、時間と労力を浪費することになるのです。神の出番を横取りするから、神の全能の力を体験する絶好の機会を逃すことになるのです。臨在の主に対する信仰を働かせるよりも常識を働かせ、主に頼るよりも人に頼っていないでしょうか。閉塞感漂う時代だからこそ、「やめよ。知れ。わたしこそ神」(詩篇46:10、新改訳2017)、「わたし自身が一緒に行くであろう。そしてあなたに安息を与えるであろう」と言われる主にひたすら信頼して歩みましょう。

マルコによる福音書1:16~20「わたしについてきなさい」

2019年3月24日、マルコによる福音書1:16~20「わたしについてきなさい」
シモン(ペテロ)とアンデレ、ヤコブとヨハネの兄弟は、「わたしについてきなさい…人間をとる漁師にしてあげよう」とイエスに招かれました。彼らは漁師で、専門教育を受けていない「無学な、ただの人たち」(使徒行伝4:13)でしたが、今後は罪の海に溺れている人間を救い出す「人間をとる漁師」へと召されたのです。「すると、彼らはすぐに網を捨てて…父ゼベダイを雇人たちと一緒に舟において」、イエスに従いました。即刻の服従、無条件の服従、全生涯かけた服従でした。
ペテロの姑はイエスによって癒され、感謝に満ちてイエスたちをもてなしました(29~31節)。パウロとシラスが「主イエスを信じなさい。そうしたら、あなたもあなたの家族も救われます」(使徒行伝16:31)と確信をもって語ることができたのは、弟子たちの家族の救いの実例が多くあったからでしょう。イエスとその御言葉に従うことを勇気を出して優先するなら、あとはイエスが責任をもって下さるのです。
この世の頼りない「網」にいつまでもしがみついていないで、自分中心の生き方から神中心の生き方へと方向転換すべきではないでしょうか。自らの欲を満たそうと自分勝手に支配する世にあって、私たちは全地とその中に満ちるものを神の御心に従って正しく治めるよう選ばれ召されたのです(創世記1:28)。今置かれている職場・学校・家庭・教会等で、キリスト者だからこそできること、なすべきことがあるはずです。あなたの日々の歩みは、「わたしについてきなさい」との招きに真に応えたもの、「私の関係する仕事は、すべて神の仕事です」(ブラザー・ローレンス)と認識したものとなっているでしょうか。

マルコによる福音書1:16~20「わたしについてきなさい」

2019年3月24日、マルコによる福音書1:16~20「わたしについてきなさい」
シモン(ペテロ)とアンデレ、ヤコブとヨハネの兄弟は、「わたしについてきなさい…人間をとる漁師にしてあげよう」とイエスに招かれました。彼らは漁師で、専門教育を受けていない「無学な、ただの人たち」(使徒行伝4:13)でしたが、今後は罪の海に溺れている人間を救い出す「人間をとる漁師」へと召されたのです。「すると、彼らはすぐに網を捨てて…父ゼベダイを雇人たちと一緒に舟において」、イエスに従いました。即刻の服従、無条件の服従、全生涯かけた服従でした。
ペテロの姑はイエスによって癒され、感謝に満ちてイエスたちをもてなしました(29~31節)。パウロとシラスが「主イエスを信じなさい。そうしたら、あなたもあなたの家族も救われます」(使徒行伝16:31)と確信をもって語ることができたのは、弟子たちの家族の救いの実例が多くあったからでしょう。イエスとその御言葉に従うことを勇気を出して優先するなら、あとはイエスが責任をもって下さるのです。
この世の頼りない「網」にいつまでもしがみついていないで、自分中心の生き方から神中心の生き方へと方向転換すべきではないでしょうか。自らの欲を満たそうと自分勝手に支配する世にあって、私たちは全地とその中に満ちるものを神の御心に従って正しく治めるよう選ばれ召されたのです(創世記1:28)。今置かれている職場・学校・家庭・教会等で、キリスト者だからこそできること、なすべきことがあるはずです。あなたの日々の歩みは、「わたしについてきなさい」との招きに真に応えたもの、「私の関係する仕事は、すべて神の仕事です」(ブラザー・ローレンス)と認識したものとなっているでしょうか。

ルカによる福音書16:19~31「アブラハムの懐か、それとも黄泉か」

2019年3月17日、ルカによる福音書16:19~31「アブラハムの懐か、それとも黄泉か」
豪邸に住んで「紫の衣や細布を着て、毎日ぜいたくに遊び暮していた」金持ちと、「金持の玄関の前にすわり、その食卓から落ちるもので飢えをしのごうと望んでいた」ラザロ。ところが死後、金持ちは「黄泉にいて苦しみ」、ラザロは「御使たちに連れられてアブラハムのふところに送られ」ました。この逆転劇の原因は何だったのでしょうか。
金持ちが黄泉に落ちたのは、「毎日ぜいたくに遊び暮らし」、貧しいラザロに何のあわれみも示さず、神を度外視して生きてきたからです。神に造られ愛されている人間が、神を無視して生きる的外れの生き方こそ最大の「罪」であり、永遠の滅びを刈り取る原因なのです。一方のラザロの生き方は、その名前の意味に暗示されているようです。イエスは彼に「ラザロ(神は助け、の意)」と名づけることによって、神を畏れて生きる人であったことを言おうとしておられるのでしょう。ラザロは自分の身の不幸を少しも嘆かず、神を呪わず、その名前のとおり、日々神の助けを仰ぎながら歩んでいたのでしょう。その結果、アブラハムのふところ(パラダイス)に迎え入れられたのです。
イエスが「聖書は、わたしについてあかしをするものである」(ヨハネ5:39)と言われたように、聖書はイエスについて証言する書です。この聖書に謙虚に聴くならば、自らの罪深さと、その罪を赦すための十字架であることを悟り、悔い改めと信仰へと導かれ、パラダイスが約束されます(ルカ23:43)。地上での神に対する態度によって永遠が決まり、一度決まってしまえば二度と逆転劇は起こりません。「また、よい機会を得たら」(使徒行伝24:25)と先延ばしせず、今決断しましょう。

マタイによる福音書12:9~14「手を伸ばしなさい」

2019年3月10日、マタイによる福音書12:9~14「手を伸ばしなさい」
安息日の会堂にイエスが入られると、そこに「右手のなえた人」(ルカ6:6)がいました。「イエスはその人に、『手を伸ばしなさい』と言われ」ると、彼の手は完全に萎えていて伸ばそうにも伸ばせない状態であったはずですが、イエスの言葉に応えて恐る恐る手を伸ばしてみると、何と伸ばすことができ、「ほかの手のように良く」なりました。
「わたしの計りごとは必ず成り、わが目的をことごとくなし遂げる」(イザヤ書46:10)。神の言葉は真実で必ず実現するという確かな保証があるので、目に見える現実がどうであろうとも信じることができるのです(ヘブル11:1)。環境が整ってから等とイエスを信じ受け入れることを先延ばしにしていないでしょうか。治ったから信じたのではなく、まず信じたから治ったのです。祈りの手が萎えて、失望の黒雲に覆われていないでしょうか(Ⅰテモテ2:8「きよい手をあげて祈ってほしい」)。神のために奉仕や財を献げる手が萎えていないでしょうか(14:16「あなたがたの手で食物をやりなさい」)。率先して愛する交わりの手が萎えていないでしょうか(ガラテヤ2:9「交わりの手を差し伸べた」)。そんなあなたに、信仰の「手を伸ばしなさい」とイエスは呼びかけておられます。
いつまでも堂々巡りしていないで、勇気を出して前進すべきではないでしょうか。「どうせ自分は駄目だ」と諦めていないで、イエスに大いに期待して信仰の手を伸ばすべきではないでしょうか。「このわたしを信じて、あなたの萎えた○○の手を伸ばしなさい」と語りかけられているのではありませんか。イエスを信じて信仰の手を伸ばすなら、あなたにも驚くべき神のみわざが始まるに違いありません。