記事一覧

ローマ人への手紙9:1~5「万物の上にいます、ほむべき神」

2021年5月16日、ローマ人への手紙9:1~5「万物の上にいます、ほむべき神」
前章で勝利の凱歌を上げたパウロが、ここでは一転して「大きな悲しみ…絶えず痛み」に襲われます。それは、「自分の兄弟たち、肉による自分の同胞」がイエスを拒絶したままだからです。そんな同胞に与えられた神の恵みをパウロは数え上げます。同胞は、神の救いのご計画実現のために選ばれた「イスラエル人」で、神の「子とされる(=聖書協会共同訳「子としての身分」)」恵みにあずかりました(出エジプト記4:22)。神の「栄光」を拝し、神と「契約」を結び、「律法の授与」があり、神を「礼拝」し、神の「約束」が与えられ、約束の救い実現のために「キリストも、肉によれば彼らから出ました」。ところが同胞はイエスを信じようとしなかったばかりか、イエスを十字架につけて処刑したのです。
以前のパウロもそうでしたから、なおさら「大きな悲しみ」を覚えました。ところが突然、「キリストは万物の上にあり、とこしえにほむべき神です。アーメン」と、神への賛美・頌栄で結びます。確かに目に見える現実は厳しく、同胞はイエスの救いを拒んだままです。しかしそれはあくまでも人間の側から見た現実であって、神の側の視点は違います。パウロは、同胞の頑なな現実を見て失望するのではなく、同胞と契約を結ばれた神のご真実に目を注いで希望を抱きました。そうすると思わず神を賛美せずにはいられなかったのです。
家族等の救いを祈り続けてきても、少しも祈りが聞かれる気配がなくて失望しているかもしれません。しかし「キリストは万物の上にあり、とこしえにほむべき神」、勝利はすでに確定済みです。信仰の眼差しを高く上げ、諦めないで福音を宣べ伝え、祈り続けましょう。

ローマ人への手紙9:1~5「万物の上にいます、ほむべき神」

2021年5月16日、ローマ人への手紙9:1~5「万物の上にいます、ほむべき神」
前章で勝利の凱歌を上げたパウロが、ここでは一転して「大きな悲しみ…絶えず痛み」に襲われます。それは、「自分の兄弟たち、肉による自分の同胞」がイエスを拒絶したままだからです。そんな同胞に与えられた神の恵みをパウロは数え上げます。同胞は、神の救いのご計画実現のために選ばれた「イスラエル人」で、神の「子とされる(=聖書協会共同訳「子としての身分」)」恵みにあずかりました(出エジプト記4:22)。神の「栄光」を拝し、神と「契約」を結び、「律法の授与」があり、神を「礼拝」し、神の「約束」が与えられ、約束の救い実現のために「キリストも、肉によれば彼らから出ました」。ところが同胞はイエスを信じようとしなかったばかりか、イエスを十字架につけて処刑したのです。
以前のパウロもそうでしたから、なおさら「大きな悲しみ」を覚えました。ところが突然、「キリストは万物の上にあり、とこしえにほむべき神です。アーメン」と、神への賛美・頌栄で結びます。確かに目に見える現実は厳しく、同胞はイエスの救いを拒んだままです。しかしそれはあくまでも人間の側から見た現実であって、神の側の視点は違います。パウロは、同胞の頑なな現実を見て失望するのではなく、同胞と契約を結ばれた神のご真実に目を注いで希望を抱きました。そうすると思わず神を賛美せずにはいられなかったのです。
家族等の救いを祈り続けてきても、少しも祈りが聞かれる気配がなくて失望しているかもしれません。しかし「キリストは万物の上にあり、とこしえにほむべき神」、勝利はすでに確定済みです。信仰の眼差しを高く上げ、諦めないで福音を宣べ伝え、祈り続けましょう。


創世記17:1~2「わたしは全能の神である」

2021年5月9日、創世記17:1~2「わたしは全能の神である」
子孫の誕生と繁栄の約束が少しも実現する気配がないので、アブラムと妻サライは女奴隷ハガルによって子イシマエルを得ました(第15~16章)。ところが、もはや人間的小細工をしようにもできなくなった「九十九歳のとき、主はアブラムに現れ」、「わたしは全能の神である…わたしは、あなたを大いに増やす」と再度約束されました。やがて「サラは身ごもり…年老いたアブラハムに男の子を産んだ」のです。
神の全能は、天地の創造と保持に(創世記1:1、詩篇96:10)、出エジプトや紅海渡渉他、イスラエルの歴史に現されてきました。御子イエスの聖霊による受肉降誕に現されました(ルカ1:37)。イエスは十字架上で死なれましたが、「大能の力を神はキリストのうちに働かせて、キリストを死者の中からよみがえらせ」(エペソ1:20)、救いを完成されました。それは、私たち罪人を神の栄光を現す者に造り変えるためです。それこそ世界中で最も至難のわざで、「人にはできないことですが、神にはどんなことでもできます」(マタイ19:26)。「キリストを…よみがえらせ」た「神の大能の力」は、「私たち信じる者に」も働いていて、病を癒すことも、困難の大山を動かすことも朝飯前です(マタイ17:20)。ただし、何でもできるということではなく、ご自身にふさわしいことは必ずできるということです。私たちの信じる神は、絶対失敗しない全能の神、人知を超えたすばらしいご計画をお持ちの神です。「神にとって不可能なことは何もありません」(ルカ1:37)、「私を強くしてくださる方によって、私はどんなことでもできる」(ピリピ4:13)と信じ期待して祈ると同時に、神の御心を受け入れる謙虚さも大切です。

創世記1:26~31「それは非常に良かった」

2021年5月2日、創世記1:26~31「それは非常に良かった」
聖書は開口一番、「はじめに神が天と地を創造された」と高らかに宣言し、天地創造の経緯を記していますが、地球物理学のように詳細に述べるのではなく、「はじめに神が天と地を創造された」ことを強調しています。天地は偶然に誕生したのではなく、永遠の初めから終わりまで存在する神が意図して創造されたのです。他の被造物の場合は、「光、あれ」等と神が一方的に宣言して創造されましたが、人の場合だけは、神がまるで身を乗り出すかのようにして、「われわれの似姿に造ろう」と決意を述べて造られました。しかも「神のかたちとして人を創造」されました。すなわち神のような霊的・人格的存在として、神を愛し人を愛して生きる存在として創造されたのです。
他の被造物が創造された後は、「神は見てそれを良しと見られた」と記すだけですが、人が創造された後は、「見よ、それは非常に良かった」と記します。神は私たちを見て、「非常に良かった」「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している」(イザヤ書43:4)と私の存在そのものを喜んでいてくださいます。自分が自分を受け入れる以上に、神ご自身がすでに私を受け入れ、私のうちに最高の価値を見出し、私の存在そのものを喜んでいてくださるのです。
最初の人アダムとエバの不従順の罪によって、人は創造主なる神を見失い、自分自身の存在価値をも見失うようになりました(第3章)。そんな私たち人間を本来あるべき神のもとに回復するために御子イエスが来られ、十字架と復活によって神に帰る道を開いてくださいました。イエスを信じるなら、不毛の自分探しの旅も終わるのです。

テサロニケ人への手紙第一5:16~18「いつも喜び、絶えず祈り、すべてに感謝」

2021年4月25日、テサロニケ人への手紙第一5:16~18「いつも喜び、絶えず祈り、すべてに感謝」
①いつも喜んでいなさい(16節)
一般的に、良いことがあったり事態が好転したりすると喜びますが、逆に悪いことがあったり事態が悪化したりすると喜べないものです。それは、喜びの原因が外部にあり、外部の状況に左右される喜びだからです。しかしキリスト者の喜びは違います。私のために御子イエスを惜しみなく十字架の死に渡された神は、私をこよなく愛し、常に私の味方で、「永遠の腕」をもって支え(申命記33:27)、最善以下のことは決してなさらないという聖なる楽観主義ゆえ、とても喜べるような状況でないときにも、主にあって喜ぶことができるのです。
②絶えず祈りなさい(17節)
「絶えず(ひっきりなしに、熱心に、諦めないで、の意)祈」るとは、時々刻々、最善をなされる神と心通わせつつ、神に委ねて生きていることです。神は必ず祈りを聞かれるという神への信頼と確信があるので、諦めないで祈り続けることができます。「もう少しの祈り、もう少しの信仰、もう少しの忍耐、そうすれば答えは必ず来る」(ジョージ・ミュラー)。
③すべてのことにおいて感謝しなさい(18節)
どんな状況下でも、すべては神の御手の中にあることと認め、神に信頼し感謝していることです。神のご計画は、私たちの考えや計画と一致しないことがありますが、私たちが「御子のかたちと同じ姿に」なるよう、神は「すべてのことがともに働いて益となる」ようにしてくださいます(ローマ8:28)。「不平不満が多い時には、感謝できる何かを見つけるようにします。感謝からは喜びが生まれます」(宮葉子師)。


テモテへの手紙第二4:1~8「みことばを宣べ伝えなさい」

2021年4月18日、テモテへの手紙第二4:1~8「みことばを宣べ伝えなさい」
①福音宣教の理由(1、3~4節)
「生きている人と死んだ人をさばかれるキリスト・イエスの…現れ(再臨)」があるからです。「終活」はとても大切ですが、地上の人生の終わりに対してだけでなく、その終わりのさらに向こうに対する備えはもっと大切です。人は死んでおしまいなのではなく、「死後にさばきを受けることが定まっている」(ヘブル9:27)からです。だとすれば、その備えなしに人生の終わりを迎えるわけにはいかないはずです。「また天国で会いましょう」などと気安く言いますが、死んだら誰もが天国に行くわけではありません。キリスト再臨と人生総決算の時を迎えるので、イエスによる救いの福音を宣べ伝える責任があるのです。
②福音宣教の方法(2、5節)
福音を伝えても拒絶されることが多々ありますが、良い時になるまで待つのではなく(伝道者の書11:4)、「時が良くても悪くても」「みことばを宣べ伝え」ることが大切です。目の良い人には眼鏡のチラシなど無用ですが、いざ目が悪くなると途端に重要なものに変わります。福音もそうです。受取手の状況が変わると、全く同じ情報がこの上なく価値ある情報に変化します。主の「この上ない寛容」(Ⅰテモテ1:16)があったからこそ、傲慢な私たちも救いにあずかることができました。そのことを思い、相手に対しては「あくまでも寛容な心でよく教え」導き、罪は「責め」、間違いは「戒め」、悔い改めて十字架を信じるよう「勧め」、自分に対しては「何事にも慎み、苦難を忍び、伝道者のわざをなし、自分の務を全うし」、あとは祈りつつ神に委ねましょう。

出エジプト記33:12~16「わたしの臨在が同行する」

2021年4月11日、出エジプト記33:12~16「わたしの臨在が同行する」
モーセが「四十日四十夜、(シナイ)山にい」て十戒を授与されている間、不安になった民は偶像を造って約束の地を目指そうとしました(31:18~32:1)。下山して目を疑うような光景を見たモーセは、罪の赦しと主の臨在の同行を切願しました(32:11~14、30~34)。そうして与えられた御言葉が、「わたしの臨在がともに行き、あなたを休ませる」です。
「わたし(イエス)にとどまっていなければ、実を結ぶことはできません」(ヨハネ15:4)が、「私を強くしてくださる方によって…どんなことでもできる」(ピリピ4:13)、「キリストなしには片時たりとも生きていけない者」「宙ぶらりんではなく、神ぶらりん」なのがキリスト者です。
「どんな問題も、問題そのものが問題でなく、それをどう見るか、それとどう関わるか、あるいはその問題をどう捉えるか、それが問題なのです。この世には、本来問題というものはありません。あるのは問題との取り組み方だけです」(ある牧師)。人間の手に負えないことが山ほどあっても、主の手に負えないことなど皆無です。それなのに自分の力を頼りに下手に頑張るから、かえって事態が紛糾し、時間と労力を浪費することになるのです。主の出番を横取りするから、主の全能の力を体験する絶好の機会を逃すことになるのです。臨在の主に対する信仰を働かせるよりも常識を働かせ、主に頼るよりも人に頼っていないでしょうか。コロナ禍で閉塞感がますます募る今こそ、主の助けなくしては何もできないと自己絶望し、「やめよ。知れ。わたしこそ神」(詩篇46:10)、「わたしの臨在がともに行き、あなたを休ませる」と言われる主にひたすら信頼して歩みたいものです。

ルカの福音書23:50~24:7「墓にはおられない、よみがえられた」

2021年4月4日、ルカの福音書23:50~24:7「墓にはおられない、よみがえられた」
アリマタヤのヨセフは「ピラトのところに行って、イエスのからだの下げ渡しを願い出」、十字架から「イエスのからだを降ろして亜麻布で包み、まだだれも葬られていない、岩に掘った墓に納め」ました。死ぬはずのない永遠なる神の御子イエスが、本当に死なれたのです。
イエスを慕う女性たちは「明け方早く」、遺体に香料を塗ろうと墓に急ぎましたが、彼女たちの前には大問題がありました。墓の入口をふさぐ大石です。彼女たちはこの大石についてずっと話し合いながら墓まで来ましたが、それは全く不要な思い煩いでした。すでに「石が墓からわきに転がされていた」。イエスは復活されたのです。
墓の大石どころではない人類共通の最大の大石、それは罪と死の大石です。この大石を取り除くために罪の全くない神の御子イエスが来臨され、私たちの罪を背負って十字架につけられ、私たちに代わって神のさばきを一身に受けて死なれましたが、三日目に復活されました。十字架がなくては復活の意味はなく、復活がなくては十字架は完成しません(ローマ4:25)。空っぽの墓こそ、イエスが罪と死に勝利され、今も生きておられる救い主であること、ただイエスを信じるだけで罪赦されるという救いが完成されたことの証明なのです。
十字架と復活によって、神と私たちとを隔てる途方もない罪と死の大石を「転が」してくださったイエスは、私たちの人生に立ちはだかる大石をも同様に「転が」してくださるお方です。それゆえ困難の大石ばかり見つめて失望しないで、復活のイエスを仰ぎ見るなら(詩篇121:1~2)、すでに「石が…転がされていた」のを見ることでしょう。

ルカの福音書23:50~24:7「墓にはおられない、よみがえられた」

2021年4月4日、ルカの福音書23:50~24:7「墓にはおられない、よみがえられた」
アリマタヤのヨセフは「ピラトのところに行って、イエスのからだの下げ渡しを願い出」、十字架から「イエスのからだを降ろして亜麻布で包み、まだだれも葬られていない、岩に掘った墓に納め」ました。死ぬはずのない永遠なる神の御子イエスが、本当に死なれたのです。
イエスを慕う女性たちは「明け方早く」、遺体に香料を塗ろうと墓に急ぎましたが、彼女たちの前には大問題がありました。墓の入口をふさぐ大石です。彼女たちはこの大石についてずっと話し合いながら墓まで来ましたが、それは全く不要な思い煩いでした。すでに「石が墓からわきに転がされていた」。イエスは復活されたのです。
墓の大石どころではない人類共通の最大の大石、それは罪と死の大石です。この大石を取り除くために罪の全くない神の御子イエスが来臨され、私たちの罪を背負って十字架につけられ、私たちに代わって神のさばきを一身に受けて死なれましたが、三日目に復活されました。十字架がなくては復活の意味はなく、復活がなくては十字架は完成しません(ローマ4:25)。空っぽの墓こそ、イエスが罪と死に勝利され、今も生きておられる救い主であること、ただイエスを信じるだけで罪赦されるという救いが完成されたことの証明なのです。
十字架と復活によって、神と私たちとを隔てる途方もない罪と死の大石を「転が」してくださったイエスは、私たちの人生に立ちはだかる大石をも同様に「転が」してくださるお方です。それゆえ困難の大石ばかり見つめて失望しないで、復活のイエスを仰ぎ見るなら(詩篇121:1~2)、すでに「石が…転がされていた」のを見ることでしょう。

ルカによる福音書22:39~46「神の怒りの杯」

2021年3月28日、ルカによる福音書22:39~46「神の怒りの杯」
①苦悶の祈り
「杯」は神の怒りの象徴で、十字架上で神の怒りを受けて死ぬことを意味しています。このときイエスは、崩れ落ちるように「ひざまずいて」祈られました。それは、十字架上の死はただ単なる死ではなく、全人類の罪に対する神の刑罰としての死であったからです(Ⅱコリント5:21)。イエスの苦悶は、他でもないこの私の罪のための苦悶でした。
②服従の祈り
もし十字架以外に罪を贖う方法があるなら「この杯をわたしから取りのけてください」というのがイエスの本音でした。「しかし、わたしの思いではなく、みこころが成るようにしてください」と、何よりも神の御心が実現することを願われました。油搾りという意味の「ゲツセマネ」、それは十字架刑を前にしたイエスが血の汗を流しながら祈る場所にふさわしい名前です。イエスはちょうどオリブの実のように、神の御心という上石と人類に対する愛という石うすとの間で砕かれ、すりつぶされ、十字架刑を受け入れられたのです。御心は、私たちを祝福しようとする神の愛のご計画ですから、神の御心に従って歩むとき、最も深い満足と喜びを見出すことができるのです。
③勝利の祈り
御心に服従する決意をされたイエスは、「祈を終えて立ちあがり」、十字架上で神の怒りの杯を最後の一滴まで飲み干し、十字架を信じるだけで救われるという救いを完成されました。あなたは、「キリストが代わりに死んでくださった、そのような人」(ローマ14:15)なのです。