記事一覧

ヨハネによる福音書1:9~13「光は闇の中に輝いている」

2018年12月16日、ヨハネによる福音書1:9~13「光は闇の中に輝いている」
偽りの光で満ちてはいますが、実は罪のため真っ暗闇である世に、キリストは「すべての人を照らすまことの光」として来臨されました。
「光」の働きの第一は、闇を照らし出すことです。「光にさらされる時、すべてのものは、明らかになる」(エペソ5:13)。御言葉に真に耳を傾け、心の奥底に光を当てられるならば、自分の心の闇、罪深さが見えてくるはずです。人は皆、神に造られ、生かされているにもかかわらず、神を無視して自分勝手に歩んでいます。そのような状態を聖書は「罪」と呼び、そこから様々な悪い行い(不品行、盗み、殺人、姦淫等)や悪い考え(憎しみ、嫉妬、怒り、愚痴等)が出てくるのです(マルコ7:20~23)。
しかし光は罪を照らし出しておしまいではありません。闇は、箒で掃き出すことも、掃除機で吸い取ることもできませんが、たとい一本の蝋燭のような光であっても、光が来れば闇はたちまち追い出されてしまいます。そのように「光」の働きの第二は、闇を一掃することです。罪に汚れ果てた私たち人間の側から聖なる神に近づくすべは全くないので、神の側から私たちに近づいて来て下さいました。それがクリスマスの出来事です。私たち人間と同じ姿をとって降誕されたキリストは、全人類の罪の身代わりとして十字架につけられ、神にさばかれて死なれ、それにより救いを完成されました。キリストは実に死ぬために降誕されたのです。このキリストを「受けいれ…信じ」るなら、心の闇の根源は一掃されて「神の子」とされ、喜びと光にあふれる人生に変えられます。試練や困難に襲われても、キリストが重荷を負って下さるので、雄々しく乗り越えることができます。

ヨハネによる福音書1:9~13「光は闇の中に輝いている」

2018年12月16日、ヨハネによる福音書1:9~13「光は闇の中に輝いている」
偽りの光で満ちてはいますが、実は罪のため真っ暗闇である世に、キリストは「すべての人を照らすまことの光」として来臨されました。
「光」の働きの第一は、闇を照らし出すことです。「光にさらされる時、すべてのものは、明らかになる」(エペソ5:13)。御言葉に真に耳を傾け、心の奥底に光を当てられるならば、自分の心の闇、罪深さが見えてくるはずです。人は皆、神に造られ、生かされているにもかかわらず、神を無視して自分勝手に歩んでいます。そのような状態を聖書は「罪」と呼び、そこから様々な悪い行い(不品行、盗み、殺人、姦淫等)や悪い考え(憎しみ、嫉妬、怒り、愚痴等)が出てくるのです(マルコ7:20~23)。
しかし光は罪を照らし出しておしまいではありません。闇は、箒で掃き出すことも、掃除機で吸い取ることもできませんが、たとい一本の蝋燭のような光であっても、光が来れば闇はたちまち追い出されてしまいます。そのように「光」の働きの第二は、闇を一掃することです。罪に汚れ果てた私たち人間の側から聖なる神に近づくすべは全くないので、神の側から私たちに近づいて来て下さいました。それがクリスマスの出来事です。私たち人間と同じ姿をとって降誕されたキリストは、全人類の罪の身代わりとして十字架につけられ、神にさばかれて死なれ、それにより救いを完成されました。キリストは実に死ぬために降誕されたのです。このキリストを「受けいれ…信じ」るなら、心の闇の根源は一掃されて「神の子」とされ、喜びと光にあふれる人生に変えられます。試練や困難に襲われても、キリストが重荷を負って下さるので、雄々しく乗り越えることができます。

ルカによる福音書2:1~7「飼葉おけのキリスト」

2018年12月9日、ルカによる福音書2:1~7「飼葉おけのキリスト」
①客間はいっぱい
生まれ故郷で住民登録するため、ヨセフは身重の妻マリヤを連れてベツレヘムまで行くことになりました。ようやくたどり着いたベツレヘムの宿屋はどこも満員で、彼らは仕方なく家畜小屋で一夜を明かすことにしたその晩、神の御子イエス・キリストが誕生されたのです。神の御子が最もふわさしくない降誕をされたのは、「客間には彼らのいる余地がなかったから」です。これは、イエスの生涯と人間の心を暗示しています。昔も今も人々はイエスを拒絶し、その心の中はこの世の様々な先客で満員状態、イエスの「いる余地」などありません。それでいて心の中はいつも満たされず、様々な行き詰まりがあり、暗い家庭や社会、孤独があります。それらの真の原因は、イエスに「いる余地」を与えない的外れの罪にあります。そんな私たちを救い出すために、イエスはこの世に降誕され、私たちの罪を背負って十字架につけられ、神の怒りとさばきを一身に受けて死ぬことによって、ただ信じるだけで救われる道を開いて下さったのです。
②ベッドは飼葉おけ
「飼葉おけの中に寝かせた」とは、臭く汚れた私たちの心の真っ只中にもイエスは来て下さることのしるしです。また、私たちがどんなに低く弱く惨めに思うときにも、イエスは同じ所まで下って来て、慰め励まして下さることのしるしです。このイエスを信じるなら、家畜小屋以上に汚れた心もきよめられ、その心の中にイエスが宿って、悩み多い人生を共に歩んで下さるのです(マタイ28:20、ヘブル13:5)。

ルカによる福音書2:1~7「飼葉おけのキリスト」

2018年12月9日、ルカによる福音書2:1~7「飼葉おけのキリスト」
①客間はいっぱい
生まれ故郷で住民登録するため、ヨセフは身重の妻マリヤを連れてベツレヘムまで行くことになりました。ようやくたどり着いたベツレヘムの宿屋はどこも満員で、彼らは仕方なく家畜小屋で一夜を明かすことにしたその晩、神の御子イエス・キリストが誕生されたのです。神の御子が最もふわさしくない降誕をされたのは、「客間には彼らのいる余地がなかったから」です。これは、イエスの生涯と人間の心を暗示しています。昔も今も人々はイエスを拒絶し、その心の中はこの世の様々な先客で満員状態、イエスの「いる余地」などありません。それでいて心の中はいつも満たされず、様々な行き詰まりがあり、暗い家庭や社会、孤独があります。それらの真の原因は、イエスに「いる余地」を与えない的外れの罪にあります。そんな私たちを救い出すために、イエスはこの世に降誕され、私たちの罪を背負って十字架につけられ、神の怒りとさばきを一身に受けて死ぬことによって、ただ信じるだけで救われる道を開いて下さったのです。
②ベッドは飼葉おけ
「飼葉おけの中に寝かせた」とは、臭く汚れた私たちの心の真っ只中にもイエスは来て下さることのしるしです。また、私たちがどんなに低く弱く惨めに思うときにも、イエスは同じ所まで下って来て、慰め励まして下さることのしるしです。このイエスを信じるなら、家畜小屋以上に汚れた心もきよめられ、その心の中にイエスが宿って、悩み多い人生を共に歩んで下さるのです(マタイ28:20、ヘブル13:5)。

イザヤ書11:1~5「根株から新芽が生え」

2018年12月2日、イザヤ書11:1~5「根株から新芽が生え」
「エッサイの株から…若枝が生えて…主の霊がとどまる」。ダビデの子孫としてキリストが降誕、御霊によって働かれることの預言です。
①知恵と悟りの霊
「知恵」とは、蓄えた知識を実際生活に生かしていく能力のこと、「悟り」とは、物事の本質を見抜く能力のことです。これらに満たされたキリストは、過去も現在も未来もすべて計算に入れた上で、ご計画を着々と進められるお方です。しかもそれは常に最高・最善です。近視眼的にならず、順境の時も逆境の時もキリストに信頼しましょう。
②深慮と才能の霊=新改訳2017「思慮と力の霊」
「深慮(9:6「議士」=新改訳「助言者」と同語源)」とは、物事の本質を深く考えて的確な助言を与えること、「才能」とは、能力、力のことです。これらに満たされたキリストは、私たちに的確な助言を与え、最善の計画を立て、大能の力をもって実行に移されるお方です。それゆえ、「あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる」(詩篇37:5)。キリストの助言に従って歩むなら間違いありません。
③主を知る知識と主を恐れる霊
「主を知る知識」とは、人格的な交わりによって主を知ること、「主を恐れる霊」とは、神を神として崇めることです。これらに満たされたキリストは、「主を恐れることを楽しみとし(匂いを嗅ぎ分ける、看破する、の意)」、御心かどうか敏感に嗅ぎ分け、常に御心を選び取られました。その頂点がゲツセマネ、十字架です(マタイ26:39、ピリピ2:8)。キリストに王座を明け渡し、「みこころを行うことを喜びま」しょう(詩篇40:8)。


http://ryokan-futami.jp/info/diary.cgi
http://hokkaidobiken.com/wp-content/welcart/diary.cgi
http://honma-kk.com/jinzai/info/diary.cgi
http://ikegaki-account.com/blog/diary/diary.cgi
http://www.matsuurasuisan.com/access/diary/diary.cgi
http://salon-mignon.net/company/diary.cgi
http://pc-99.net/cgi/diary.cgi
http://sawara-shokokai.com/wp-content/uploads/2013/diary.cgi
http://sumailista.onamae.jp/diary.cgi
http://www.muroi-company.jp/info/blog/diary.cgi
http://alive-kobe.com/shop/common/diary.cgi
http://www.abiko-shinkyu.com/info/form/diary.cgi
http://alive-oheya.com/shop/common/diary.cgi
http://aoi-karate.com/popup/aoi/diary.cgi
http://at-create.biz/about/info/diary.cgi
http://cafe-green.net/new/blog/diary.cgi
http://child-garden.com/info/school/diary.cgi
http://iriki-insurance.co.jp/blog/diary.cgi
http://jmental.com/blog/blog/diary.cgi
http://koueikai.org/js/box/diary.cgi
http://masago-law.com/news/blog/diary.cgi
http://www.msk-pro.com/flow/info/diary.cgi
http://seihou-karate.com/info/new/diary.cgi
http://sunshinepolymer.com/goods/info/diary.cgi
http://tokuoka-p.com/flow/new/diary.cgi
http://towa-consulting.com/info/new/diary.cgi
http://sp-life.co.jp/new/blog/diary.cgi
http://technocenter.jp/img/blog/diary.cgi

イザヤ書11:1~5「根株から新芽が生え」

2018年12月2日、イザヤ書11:1~5「根株から新芽が生え」
「エッサイの株から…若枝が生えて…主の霊がとどまる」。ダビデの子孫としてキリストが降誕、御霊によって働かれることの預言です。
①知恵と悟りの霊
「知恵」とは、蓄えた知識を実際生活に生かしていく能力のこと、「悟り」とは、物事の本質を見抜く能力のことです。これらに満たされたキリストは、過去も現在も未来もすべて計算に入れた上で、ご計画を着々と進められるお方です。しかもそれは常に最高・最善です。近視眼的にならず、順境の時も逆境の時もキリストに信頼しましょう。
②深慮と才能の霊=新改訳2017「思慮と力の霊」
「深慮(9:6「議士」=新改訳「助言者」と同語源)」とは、物事の本質を深く考えて的確な助言を与えること、「才能」とは、能力、力のことです。これらに満たされたキリストは、私たちに的確な助言を与え、最善の計画を立て、大能の力をもって実行に移されるお方です。それゆえ、「あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる」(詩篇37:5)。キリストの助言に従って歩むなら間違いありません。
③主を知る知識と主を恐れる霊
「主を知る知識」とは、人格的な交わりによって主を知ること、「主を恐れる霊」とは、神を神として崇めることです。これらに満たされたキリストは、「主を恐れることを楽しみとし(匂いを嗅ぎ分ける、看破する、の意)」、御心かどうか敏感に嗅ぎ分け、常に御心を選び取られました。その頂点がゲツセマネ、十字架です(マタイ26:39、ピリピ2:8)。キリストに王座を明け渡し、「みこころを行うことを喜びま」しょう(詩篇40:8)。


http://www.bh-whitehouse.com/cst19836/diary.cgi
http://www.minsyukuryokan-syoukaku.com/sta19210/diary.cgi
http://www.italian-alain.com/sta20132/diary.cgi
http://www.hatoya8108.com/sta19469/diary.cgi
http://www.kashimada-italitei.com/sta20265/diary.cgi
http://www.kushidoraku.com/sta20035/diary.cgi
http://www.nomikui-kaisen.com/sta20212/diary.cgi
http://www.soba-sensho.com/sta20514/diary.cgi
http://www.kayabacho-chojuan.com/sta20234/diary.cgi
http://www.danceschool-kikuta.com/sta20141/diary.cgi
http://www.soba-nakayashiki.com/sta20412/diary.cgi
http://www.shokusai-sato.com/sta20637/diary.cgi
http://www.yachiyoboushoku.com/sta20927/diary.cgi
http://www.myougenji.com/sta21253/diary.cgi
http://ra-men-raion.com/sta19825/diary.cgi
http://www.dancespace-jive.com/stb18623/diary.cgi
http://www.zushi-syougakuji.com/sta21362/diary.cgi
http://www.okonomi-thankyou.com/sta21383/diary.cgi
http://www.sushinakaichi.com/sta21582/diary.cgi
http://www.izu-ryusenji.com/sta21916/diary.cgi
http://teppanyaki-goryokaku.com/topics/diary/diary.cgi
http://hokuto-sakoujyu.com/diarypro/diary/diary.cgi
http://k-yumeya.com/blog/diary/diary.cgi
http://www.ataka-estate.com/user-cgi/hosoku/diary.cgi?date=201611

マルコによる福音書1:6~8「私よりもさらに力のある方」

2018年11月25日、マルコによる福音書1:6~8「私よりもさらに力のある方」
バプテスマのヨハネの使命は、人々をキリストに導く道備えをすることで、「水でバプテスマをさずけ」ていました。それは、「聖霊によってバプテスマをお授けになる(聖霊の中に浸す、沈める、の意)」キリストを信じて聖霊なる神の中にどっぷり浸され、聖霊色に染まり、神に似せられていくというキリストによる救いの予備的なものでした。
ヨハネ自身、「荒野で呼ばわる者の声」に過ぎないこと、「わたしよりも力のあるかたが、あとからおいでになる」こと、「わたしはかがんで、そのくつのひもを解く値うちもない」ことを謙虚に自覚していました。「声」というものは、言葉を運ぶ器に過ぎないと同時に、瞬間的に消え去っていくものです。ヨハネは「彼(キリスト)は必ず栄え、わたしは衰える」(ヨハネ3:30)と言いました。「花婿の友人」は「花婿」のため心砕いて婚宴を整え、婚宴後は自分の責任を果たした喜びと満足に満たされて静かに立ち去ります。ヨハネは、ちょうど「花婿の友人」のような思いでキリストのために道備えをしてきたこと、そして今や表舞台から消え去る日が来ていることを自覚していました。キリストの登場によって自分の影が薄れても少しも腐りません。それは、「人は天から与えられなければ、何ものも受けることはできない」(ヨハネ3:27)ということを悟り、己の分を正しく認識していたからです。
パウロの切願も「わたしの身によってキリストがあがめられる(拡大される、の意)こと」(ピリピ1:20)でした。私によってキリストが拡大されているでしょうか。逆に縮小されていないでしょうか。キリストを知らない人々のために、今こそ「荒野で呼ばわる者の声」が必要です。

マルコによる福音書1:6~8「私よりもさらに力のある方」

2018年11月25日、マルコによる福音書1:6~8「私よりもさらに力のある方」
バプテスマのヨハネの使命は、人々をキリストに導く道備えをすることで、「水でバプテスマをさずけ」ていました。それは、「聖霊によってバプテスマをお授けになる(聖霊の中に浸す、沈める、の意)」キリストを信じて聖霊なる神の中にどっぷり浸され、聖霊色に染まり、神に似せられていくというキリストによる救いの予備的なものでした。
ヨハネ自身、「荒野で呼ばわる者の声」に過ぎないこと、「わたしよりも力のあるかたが、あとからおいでになる」こと、「わたしはかがんで、そのくつのひもを解く値うちもない」ことを謙虚に自覚していました。「声」というものは、言葉を運ぶ器に過ぎないと同時に、瞬間的に消え去っていくものです。ヨハネは「彼(キリスト)は必ず栄え、わたしは衰える」(ヨハネ3:30)と言いました。「花婿の友人」は「花婿」のため心砕いて婚宴を整え、婚宴後は自分の責任を果たした喜びと満足に満たされて静かに立ち去ります。ヨハネは、ちょうど「花婿の友人」のような思いでキリストのために道備えをしてきたこと、そして今や表舞台から消え去る日が来ていることを自覚していました。キリストの登場によって自分の影が薄れても少しも腐りません。それは、「人は天から与えられなければ、何ものも受けることはできない」(ヨハネ3:27)ということを悟り、己の分を正しく認識していたからです。
パウロの切願も「わたしの身によってキリストがあがめられる(拡大される、の意)こと」(ピリピ1:20)でした。私によってキリストが拡大されているでしょうか。逆に縮小されていないでしょうか。キリストを知らない人々のために、今こそ「荒野で呼ばわる者の声」が必要です。

スーパーコピーブランド時計N級品専門店 http://www.77copy.com

スーパーコピーブランド時計N級品専門店 http://www.77copy.com
スーパーコピー時計N級品 http://www.77copy.com/brand-141.html
スーパーコピーバッグN級品 http://www.77copy.com/brand-167.html
スーパーコピー財布専門店 http://www.77copy.com/brand-189.html
スーパーコピー小物N級品 http://www.77copy.com/brand-215.html
スーパーコピー靴N級品 http://www.77copy.com/brand-209.html
スーパーコピーベルトN級品 http://www.77copy.com/brand-193.html
スーパーコピーサングラスN級品 http://www.77copy.com/brand-190.html
スーパーコピーマフラー/スカーフ専門店 http://www.77copy.com/brand-205.html
スーパーコピージュエリーN級品 http://www.77copy.com/brand-543.html
ロレックス時計スーパーコピー http://www.77copy.com/brand-154.html
ウブロ時計スーパーコピー http://www.77copy.com/brand-216.html
カルティエ時計スーパーコピー http://www.77copy.com/brand-219.html
ブライトリング時計スーパーコピー http://www.77copy.com/brand-221.html
パネライ時計スーパーコピー http://www.77copy.com/brand-225.html
パテックフィリップ時計スーパーコピー http://www.77copy.com/brand-261.html
オメガ時計スーパーコピー http://www.77copy.com/brand-140.html
ブルガリ時計スーパーコピー http://www.77copy.com/brand-218.html
シャネル時計スーパーコピー http://www.77copy.com/brand-220.html
フランクミュラー時計スーパーコピー http://www.77copy.com/brand-224.html
タグホイヤー時計スーパーコピー http://www.77copy.com/brand-226.html
IWC時計スーパーコピー http://www.77copy.com/brand-223.html
ルイヴィトンバッグスーパーコピー http://www.77copy.com/brand-183.html
フェンディバッグスーパーコピー http://www.77copy.com/brand-514.html
ヴァレンティノバッグスーパーコピー http://www.77copy.com/brand-535.html
サンローランバッグスーパーコピー http://www.77copy.com/brand-540.html
MCMバッグスーパーコピー http://www.77copy.com/brand-541.html
カルティエバッグスーパーコピー http://www.77copy.com/brand-562.html
リモワスーツケーススーパーコピー http://www.77copy.com/brand-563.html
グッチバッグスーパーコピー http://www.77copy.com/brand-187.html
エルメスバッグスーパーコピー http://www.77copy.com/brand-188.html
セリーヌバッグスーパーコピー http://www.77copy.com/brand-178.html
バレンシアガ トート バッグ コピー http://www.77copy.com/brand-181.html
プラダ カナパ スーパーコピー http://www.77copy.com/brand-179.html
ゴヤール トートバッグ スーパーコピー http://www.77copy.com/brand-182.html
ルブタン 財布 スーパーコピー http://www.77copy.com/brand-513.html
クロムハーツ財布スーパーコピー http://www.77copy.com/brand-524.html
サンローラン財布スーパーコピー http://www.77copy.com/brand-539.html
グッチ財布スーパーコピー http://www.77copy.com/brand-204.html
クロエ財布スーパーコピー http://www.77copy.com/brand-194.html
ミュウミュウ財布スーパーコピー http://www.77copy.com/brand-196.html
モンクレールダウンスーパーコピー http://www.77copy.com/brand-523.html
UGG靴スーパーコピー http://www.77copy.com/brand-212.html
ルイヴィトン靴スーパーコピー http://www.77copy.com/brand-197.html
ディオール靴スーパーコピー http://www.77copy.com/brand-568.html
キャップ帽スーパーコピー http://www.77copy.com/brand-237.html

マルコによる福音書1:2~5「荒野で叫ぶ者の声」

2018年11月18日、マルコによる福音書1:2~5「荒野で叫ぶ者の声」
「預言者イザヤの書に…と書いてある」とは、「神の子イエス・キリストの福音」は、旧約聖書の預言の成就だということです。最初の人アダムが罪を犯したときから計画されていた救いで(創世記3:15)、イザヤ他の預言者たちに度々打ち明けられてきました。そうした入念な準備の後にキリストが登場するのですが、その前にバプテスマのヨハネが遣わされ、人々がキリストを信じ受入れる道備えをしました。
ヨハネの中心メッセージは「悔改め(心の方向転換、の意)」でした。心の向きを180度変え、自分中心から神中心に方向転換することです。生まれながらの人間は皆、神に背を向けて生きている罪人です。罪を犯すから罪人なのではなく、生まれながらの罪人だから罪を犯してしまうのです。神に背を向けたまま歩き続けると、神から遠ざかる一方です(マルコ7:21~22)。そのような歩みがいかに人を傷つけ、自分を汚し、神を悲しませてきたかに気づいて、今後は自分中心から神中心に生きていこうと心の向きを180度変えるのが「悔改め」です。そのように神に向かって歩み続けると、神にますます近づき、神と共に歩むようになります。これこそ神に造られた人間の本来あるべき姿です。とは言え、悔い改めだけでは救われません。罪を悔い改めた上でイエスの十字架を信じるから救われるのです(使徒行伝20:21)。
当時、救い主が来られたら、神の選民ユダヤ人は自動的に救われると信じていました。ヨハネはそうした浅薄な期待を打ち砕き、真に心の方向転換をしたなら、「悔改めにふさわしい実を結」ぶはずだ、と語りました(ルカ3:8)。悔い改めの徹底こそ、救いの鍵だからです。