記事一覧

ヨハネの第一の手紙5:21「偶像を警戒せよ②」

2017年11月12日、ヨハネの第一の手紙5:21「偶像を警戒せよ②」
何が偶像かを見極める四つの方法(ティモシー・ケラー著『偽りの神々』)とは、⑴一人だけのときに考えることやすることに注目する。「あなたの宗教とは、あなたが一人だけのときにすることだ」(ウィリアム・テンプル師)。それがあなたの中で神以上の地位を占めている偶像かもしれません。⑵金銭の使い方に注目する。家や子どものため、服や趣味等のために使った残り物を神に献げるというような金銭の使い方をしているとするなら、それが偶像かもしれません。⑶答えられなかった祈りと、なかなか実現しない希望に対する反応に注目する。「求めても与えられないのは、快楽のために使おうとして、悪い求め方をするからだ」(ヤコブ4:3)。答えられない祈りは、もしかしたら私たちに何か大切なことに気づかせようとする神の愛の呼びかけかもしれません。⑷最も自制できない感情に注目する。劣等感や妬み、不平不満や怒り等の根っこに、成功や自己義認等の偶像が潜んでいることがあります。
自分の心の中にも偶像があることを正直に認め、偶像を捨て去ることは幸いですが、実はこれだけでは真の解決にはなりません。「人間の性質とは、いわば絶えることのない偶像工場」(カルヴァン)で、早晩また新しい偶像を迎え入れることになるからです。だからこそパウロは「あなたがたはキリストと共によみがえらされたのだから、上にあるものを求めなさい…あなたがたは上にあるものを思うべきであって、地上のものに心を引かれてはならない」(コロサイ3:1~2)と言うのです。イエスが莫大な犠牲を払って救って下さったことを感謝し、イエスによって心が満たされて満足しているならば、もはやこの世の空しい偶像に心奪われたり惑わされたりすることなどないのです。

ヨハネの第一の手紙5:21「偶像を警戒せよ②」

2017年11月12日、ヨハネの第一の手紙5:21「偶像を警戒せよ②」
何が偶像かを見極める四つの方法(ティモシー・ケラー著『偽りの神々』)とは、⑴一人だけのときに考えることやすることに注目する。「あなたの宗教とは、あなたが一人だけのときにすることだ」(ウィリアム・テンプル師)。それがあなたの中で神以上の地位を占めている偶像かもしれません。⑵金銭の使い方に注目する。家や子どものため、服や趣味等のために使った残り物を神に献げるというような金銭の使い方をしているとするなら、それが偶像かもしれません。⑶答えられなかった祈りと、なかなか実現しない希望に対する反応に注目する。「求めても与えられないのは、快楽のために使おうとして、悪い求め方をするからだ」(ヤコブ4:3)。答えられない祈りは、もしかしたら私たちに何か大切なことに気づかせようとする神の愛の呼びかけかもしれません。⑷最も自制できない感情に注目する。劣等感や妬み、不平不満や怒り等の根っこに、成功や自己義認等の偶像が潜んでいることがあります。
自分の心の中にも偶像があることを正直に認め、偶像を捨て去ることは幸いですが、実はこれだけでは真の解決にはなりません。「人間の性質とは、いわば絶えることのない偶像工場」(カルヴァン)で、早晩また新しい偶像を迎え入れることになるからです。だからこそパウロは「あなたがたはキリストと共によみがえらされたのだから、上にあるものを求めなさい…あなたがたは上にあるものを思うべきであって、地上のものに心を引かれてはならない」(コロサイ3:1~2)と言うのです。イエスが莫大な犠牲を払って救って下さったことを感謝し、イエスによって心が満たされて満足しているならば、もはやこの世の空しい偶像に心奪われたり惑わされたりすることなどないのです。

ルカによる福音書7:11~17「泣かないでいなさい」

2017年10月29日、ルカによる福音書7:11~17「泣かないでいなさい」
百卒長の僕が奇跡的に癒された「そののち、間もなく」のこと、イエスの一行はいつも以上に意気揚々と歩いていたことでしょう。まさに命と喜びに満ちあふれた行列です。そんな一行が、ナインの町の門から出てきた葬列とばったり鉢合わせしました。夫を失った後、精神的・経済的・社会的に唯一の支えであったひとり息子を亡くして葬りに行くやもめの、まさに死と悲しみに満ちあふれた行列です。
イエスはやもめを「見て」、ご自分のほうから近づき、内臓が揺り動かされるほど、まるでご自分の悲しみのように「深い同情を寄せられ」、「泣かないでいなさい」と言われました。人々が「神はその民を顧みてくださった(訪問する、の意)」と言うように、イエスは悩み悲しむ者を訪れて顧み、親身に寄り添って下さるお方です。イエスは「悲しみの人で、病を知っていた」から(イザヤ53:3)、「罪は犯されなかったが、すべてのことについて、わたしたちと同じように試錬に会われた」から(ヘブル4:15)、「わたしたちの弱さを思いやること」ができるのです。その後イエスは「近寄って棺に手をかけ」、「若者よ、さあ、起きなさい」との一言でひとり息子を生き返らせ、母親にお返しになりました。
イエスは全人類の罪を背負って十字架につけられ、神にさばかれて死なれましたが、三日目に復活して罪と死を打ち破られました。悲しみに沈むとき、試練や困難に襲われるとき、復活のイエスは近づき、「見て深い同情を寄せられ、『泣かないでいなさい』と」、絶望の「棺に手をかけ」、再び立ち上がらせて下さいます。信仰者もいずれ召されますが、再臨時、「さあ、起きなさい」との御声を聞いて復活し、天国で世々の聖徒たちと共に永遠に生きるのです(黙示録21:3~4)。

ルカによる福音書17:1~10「ふつつかな僕」

2017年10月22日、ルカによる福音書17:1~10「ふつつかな僕」
私たちはかつて罪の奴隷でしたが、十字架を信じる信仰によって神の僕とされました。しかしどんなに立派な歩みや働きができても、神の前には欠けだらけの「ふつつかな僕」に過ぎません。神のすばらしさを知れば知るほど、「ふつつかな僕です。すべき事をしたに過ぎません」と告白するはずですが、実際はそうではありません。心のどこかで認められ誉められ感謝されるのを期待しているところがあります。「弟子たちは信仰が増して力あるわざを行いたいと願いました。それによって自分を誇示できるからです。人に対しても神に対しても、本当に仕えるために求めたものではありませんでした。主はそれを見抜かれたのです。信仰の増し加わるのを願うのならその前に謙遜を、仕えることを学びなさいと言われたのです。私たちが何か奉仕をしたときに何を期待するかによってこのときの弟子たちと同じかどうかがわかります。自分がしたことを誰も認めてくれなかったとき、もし私たちが不満を持つようならば、私たちの信仰が増して力あるわざを行うようになったならば私たちは誇る者なのです」(安藤俊悦師)。神は私たちを損得計算抜きで愛して下さいました。そのクライマックスがイエスの十字架です。この神に仕えることができるだけで十分満足ではありませんか。だからと言って神は、そのような忠実な神の僕を放ってはおかれません。豊かに報いずにはいられないお方です。だからこそ、私たちのほうから何か期待したり要求したりする必要などないのです。「わたしたちはふつつかな僕です。すべき事をしたに過ぎません」という言葉は、一日の務めを終えたときの祈りの言葉であり、生涯の最後に思い起こすべき言葉です。

ヨハネの第三の手紙 1~4「真理に生きるガイオ」

2017年10月15日、ヨハネの第三の手紙 1~4「真理に生きるガイオ」
イエスは「道…真理…命」(ヨハネ14:6)であり、「御言は真理」(ヨハネ17:17)です。いかに時代が変わろうとも、これが永遠不変の真理であることを私たちに教えるのが「真理の御霊」(ヨハネ16:13)です。この御霊によって悔い改めと信仰に導かれて救われたら卒業ではありません。そこから聖書の真理を生活の中で実践する歩みが始まるのです。ガイオはヨハネの導きで救われた後、「真理のうちを歩いている」との評判を聞いたヨハネは、「わたしの子供たちが真理のうちを歩いていることを聞く以上に、大きい喜びはない」と喜びを爆発させました。
「子どもたちが育つ社会は、真理や道徳に関する概念をほとんど否定してしまい、何が正しくて何が悪いのかを決める能力を失ってしまったのである。真理は好みの問題となり、道徳も個人の好みの問題に取ってかわってしまった」(『教会からクリスチャンホームの子がいなくなる』)時代だからこそ、ガイオのように本気で神を愛し、本気で聖書の真理に堅く立って歩むキリスト者が求められています。私たちは、“walking dictionary”(歩く辞書)ならぬ“walking Bible”(歩く聖書)です。世の多くの人々は活字の聖書は読みませんが、歩く聖書である私たちの生活を見、それを通して聖書の真理を読んでいます。純粋な「塩」は、少量でも大きな影響力を持っています(マタイ5:13)。日本でキリスト者は圧倒的少数派ですが、真理に堅く立って歩む純粋な「地の塩」であるならば、やがて日本全体にその恵みが浸透していき、祝福されていくことでしょう。親にとっては、血を分けた「子供たちが真理のうちを歩いていること」こそ何よりの喜びです。各家庭にこの御言葉が実現し、信仰が継承されていくよう祈り励みましょう。

ヨハネの第三の手紙 1~4「真理に生きるガイオ」

2017年10月15日、ヨハネの第三の手紙 1~4「真理に生きるガイオ」
イエスは「道…真理…命」(ヨハネ14:6)であり、「御言は真理」(ヨハネ17:17)です。いかに時代が変わろうとも、これが永遠不変の真理であることを私たちに教えるのが「真理の御霊」(ヨハネ16:13)です。この御霊によって悔い改めと信仰に導かれて救われたら卒業ではありません。そこから聖書の真理を生活の中で実践する歩みが始まるのです。ガイオはヨハネの導きで救われた後、「真理のうちを歩いている」との評判を聞いたヨハネは、「わたしの子供たちが真理のうちを歩いていることを聞く以上に、大きい喜びはない」と喜びを爆発させました。
「子どもたちが育つ社会は、真理や道徳に関する概念をほとんど否定してしまい、何が正しくて何が悪いのかを決める能力を失ってしまったのである。真理は好みの問題となり、道徳も個人の好みの問題に取ってかわってしまった」(『教会からクリスチャンホームの子がいなくなる』)時代だからこそ、ガイオのように本気で神を愛し、本気で聖書の真理に堅く立って歩むキリスト者が求められています。私たちは、“walking dictionary”(歩く辞書)ならぬ“walking Bible”(歩く聖書)です。世の多くの人々は活字の聖書は読みませんが、歩く聖書である私たちの生活を見、それを通して聖書の真理を読んでいます。純粋な「塩」は、少量でも大きな影響力を持っています(マタイ5:13)。日本でキリスト者は圧倒的少数派ですが、真理に堅く立って歩む純粋な「地の塩」であるならば、やがて日本全体にその恵みが浸透していき、祝福されていくことでしょう。親にとっては、血を分けた「子供たちが真理のうちを歩いていること」こそ何よりの喜びです。各家庭にこの御言葉が実現し、信仰が継承されていくよう祈り励みましょう。

ヨハネの第一の手紙5:21「偶像を警戒せよ」

2017年10月8日、ヨハネの第一の手紙5:21「偶像を警戒せよ」
「子たちよ。気をつけて、偶像を避けなさい(直訳「偶像から自分自身を守りなさい」)」。ヨハネは愛に満ちた警告を記して筆を置きます。「神から生れたかたが彼を守っていて下さるので、悪しき者が手を触れるようなことはない」(18節)との約束があっても、私たちの側でも、この約束を信じて偶像から自分自身を守るよう努める責任があります。
真の神は目に見えない霊的存在ですから、目に見える神は間違いなく偽物・偶像です。しかし目に見えるものだけが偶像ではありません。自分の心が神以外の何かのために生きている状態、神なしでもこれさえあれば大丈夫と考えているものも偶像です(「学歴信仰」「拝金主義」等)。「貪欲は偶像礼拝にほかならない」(コロサイ3:5)。「人の心には、イエスさましか満たすことのできない渇きがあります。ですから、イエスさまから恵みの水を受ける前は、ありとあらゆる『モノ』で渇きを癒そうとしてしまいます。『モノ』で心の渇きを癒そうとする結果、いつの間にか、それなしではやっていけない、ある種の依存症に陥ります。この依存症は聖書の言葉を使えば『偶像礼拝』に陥るということです。偶像礼拝の特徴は『もっと、もっと』とエスカレートするところにあります…C.S.ルイスはそのような生き方の先は地獄だと言いました」(松本雅弘師)。今日は十分であっても明日になれば不満が芽生えかねない私たちに、神はこう言われます。「何を食べようか、何を飲もうか、あるいは何を着ようかと言って思いわずらうな…まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられるであろう」(マタイ6:31、33)、「おおよそ主にたより、主を頼みとする人はさいわいである」(エレミヤ書17:7)。

ヨハネの第一の手紙5:21「偶像を警戒せよ」

2017年10月8日、ヨハネの第一の手紙5:21「偶像を警戒せよ」
「子たちよ。気をつけて、偶像を避けなさい(直訳「偶像から自分自身を守りなさい」)」。ヨハネは愛に満ちた警告を記して筆を置きます。「神から生れたかたが彼を守っていて下さるので、悪しき者が手を触れるようなことはない」(18節)との約束があっても、私たちの側でも、この約束を信じて偶像から自分自身を守るよう努める責任があります。
真の神は目に見えない霊的存在ですから、目に見える神は間違いなく偽物・偶像です。しかし目に見えるものだけが偶像ではありません。自分の心が神以外の何かのために生きている状態、神なしでもこれさえあれば大丈夫と考えているものも偶像です(「学歴信仰」「拝金主義」等)。「貪欲は偶像礼拝にほかならない」(コロサイ3:5)。「人の心には、イエスさましか満たすことのできない渇きがあります。ですから、イエスさまから恵みの水を受ける前は、ありとあらゆる『モノ』で渇きを癒そうとしてしまいます。『モノ』で心の渇きを癒そうとする結果、いつの間にか、それなしではやっていけない、ある種の依存症に陥ります。この依存症は聖書の言葉を使えば『偶像礼拝』に陥るということです。偶像礼拝の特徴は『もっと、もっと』とエスカレートするところにあります…C.S.ルイスはそのような生き方の先は地獄だと言いました」(松本雅弘師)。今日は十分であっても明日になれば不満が芽生えかねない私たちに、神はこう言われます。「何を食べようか、何を飲もうか、あるいは何を着ようかと言って思いわずらうな…まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられるであろう」(マタイ6:31、33)、「おおよそ主にたより、主を頼みとする人はさいわいである」(エレミヤ書17:7)。

ヨハネによる福音書2:1~11「ぶどう酒がなくなりました」

2017年10月1日、ヨハネによる福音書2:1~11「ぶどう酒がなくなりました」
婚礼の最中に「ぶどう酒がなくなってしまいました」。これは、私たちの人生にも思いがけない問題や悩みが生じ、喜びや楽しみが尽き果てるときがくることを意味しています。この世の有限なものに人生の基盤を置いている限り、真の平安や満足がなく、絶えず恐れや不安が付きまとうのも至極当然のことです。そのとき母マリヤは、真っ先にイエスのもとに行き、窮状を報告して助けを求めました。「婦人よ、あなたは、わたしと、なんの係わりがありますか。わたしの時は、まだきていません」と言われてもマリヤは希望を捨てず、僕たちに「このかたが、あなたがたに言いつけることは、なんでもして下さい」と言い置きました。遂にイエスが僕たちに命令されると、僕たちは命令どおり「四、五斗(80~120㍑)もはいる石の水がめ…六つ」に、水を「口のところまでいっぱいに入れ…料理がしらのところに持って行」ったところ、ただの水が上等なぶどう酒に変わっていました。
「人のピンチは神のチャンス」。行き詰まったなら、慌てふためいたり肉の知恵を働かせたりせず、「ぶどう酒がなくなってしまいました」と自らの欠乏を素直に認めて神に期待することが恵みにあずかる秘訣です。神のみわざが実現するには、それぞれ神の時と方法があります。神の時を待ちきれずに、人間的な知恵や小細工で切り抜けようとするから、神の出番がなくなり、圧倒的な神による解決が得られなくなるのです。「すべての悩みのとき、主も悩まれて」いることを覚え(イザヤ書63:9)、私たちの側でもなすべき責任を果たしながら神の時を待つことが大切です。そうして人生にも教会にも、水がぶどう酒に変えられる神の奇跡を見せていただこうでありませんか。

ヨハネによる福音書2:1~11「ぶどう酒がなくなりました」

2017年10月1日、ヨハネによる福音書2:1~11「ぶどう酒がなくなりました」
婚礼の最中に「ぶどう酒がなくなってしまいました」。これは、私たちの人生にも思いがけない問題や悩みが生じ、喜びや楽しみが尽き果てるときがくることを意味しています。この世の有限なものに人生の基盤を置いている限り、真の平安や満足がなく、絶えず恐れや不安が付きまとうのも至極当然のことです。そのとき母マリヤは、真っ先にイエスのもとに行き、窮状を報告して助けを求めました。「婦人よ、あなたは、わたしと、なんの係わりがありますか。わたしの時は、まだきていません」と言われてもマリヤは希望を捨てず、僕たちに「このかたが、あなたがたに言いつけることは、なんでもして下さい」と言い置きました。遂にイエスが僕たちに命令されると、僕たちは命令どおり「四、五斗(80~120㍑)もはいる石の水がめ…六つ」に、水を「口のところまでいっぱいに入れ…料理がしらのところに持って行」ったところ、ただの水が上等なぶどう酒に変わっていました。
「人のピンチは神のチャンス」。行き詰まったなら、慌てふためいたり肉の知恵を働かせたりせず、「ぶどう酒がなくなってしまいました」と自らの欠乏を素直に認めて神に期待することが恵みにあずかる秘訣です。神のみわざが実現するには、それぞれ神の時と方法があります。神の時を待ちきれずに、人間的な知恵や小細工で切り抜けようとするから、神の出番がなくなり、圧倒的な神による解決が得られなくなるのです。「すべての悩みのとき、主も悩まれて」いることを覚え(イザヤ書63:9)、私たちの側でもなすべき責任を果たしながら神の時を待つことが大切です。そうして人生にも教会にも、水がぶどう酒に変えられる神の奇跡を見せていただこうでありませんか。