記事一覧

ヨハネによる福音書5:19~30「御父と御子」

3月27日、ヨハネによる福音書5:19~30「御父と御子」
父なる神と御子イエスとは一体で、御子はすべて「父のなさることを見てする」のですが、ベテスダの池の奇跡「よりも大きなわざ」とは、
①命を与える御父と御子(21、24~26節)
「わたしの言葉を聞いて…神の子の声を聞く時が来る…そして聞く人は生きるであろう」とあるように、救いはまず聞くことから始まります(ローマ10:17)。「自分の罪過と罪とによって」(エペソ2:1)「死んだ人たちが、神の子の声を聞く時」、自分は神の前に罪人であり、このままでは永遠の滅びであることを知ります(ローマ3:23、6:23)。すると、御子イエスが十字架上で死んで三日目に復活されたのは、他でもないこの私の罪のためであったことを鮮やかに悟り、悔い改めと信仰へと導かれます。そうするならば、「聞く人は生きる…永遠の命を受け、またさばかれることがなく、死から命に移っている」のです。御父と御子は、病の癒し以上にすばらしい救いを得させるため、また救われた者が御言葉によって養われ、天国のゴール目指して真っ直ぐ歩み続けることができるため、「今に至るまで働いておられる」のです。
②さばきを行う御父と御子(22、27~30節)
肉体的に死んで「墓の中にいる者たち」は、世の終わりに「神の子の声を聞」くと、「善をおこなった人々」も「悪をおこなった人々」も死から「よみがえって」、神の「さばきを受け」(ヘブル9:27)、生前の言葉と行い、思いのすべてが明らかにされます。「善をおこなった人々」、イエスを信じて救われた者は、「生命を受けるためによみがえり」、天国で神と共に永遠に生きます。しかし「悪をおこなった人々」、イエスを信じなかった者は、「さばきを受け」、永遠の滅びを刈り取るのです。

ヨハネによる福音書5:9b~18「今もなお働いておられる神」

3月20日、ヨハネによる福音書5:9b~18「今もなお働いておられる神」
イエスがベテスダの池の病人を癒されたのが「安息日であった」ため、ユダヤ教指導者たちは「きょうは安息日だ。床を取りあげるのは、よろしくない」と病人を責めました。十戒に「安息日を覚えて、これを聖とせよ…なんのわざをもしてはならない」とあり、他にも火をたくこと、食事を用意すること、薪を集めること等が禁じられていますが(出エジプト20:8~11、35:3、16:23~30、民数記15:32~33)、彼らはこれら神が定められた律法の他に、荷物を運ぶこと等39もの細かい規定を付け加えていました。その規定に病人が違反したので責めたのです。
しかし神の律法自体は良いものであることは、十戒をその冒頭の神の自己紹介と併せ読むとよくわかります。「わたしはあなたの神、主であって、あなたをエジプトの地、奴隷の家から導き出した者である。それゆえ、あなたはわたしのほかに、なにものをも神とはしないだろう、否しないはずだ」。神は何とかして人間に幸いをもたらそうとして十戒他の律法を制定されたのであり、決してさばきのためではありませんでした。律法の基盤は神の愛ですが、ユダヤ教指導者たちはその本質から逸脱し、律法主義に変えてしまったのです。
そんな彼らに対してイエスは「わたしの父は今に至るまで働いておられる。わたしも働くのである」と言われました。天地創造の神は、その後も万物を保持するため、休みなく働いておられます(ヘブル1:3、詩篇121:3~4)。一羽の雀、頭の毛さえも「神のみまえで忘れられてはいない」、覚えられているとは何と心丈夫なことか(ルカ12:6~7)。私たちを罪の滅びから救い出し、御国に入れるため、神は「今に至るまで働いておられ」、「万事を益となるようにして下さる」のです(ローマ8:28)。

ヨハネによる福音書5:1~9a「なおりたいのか」

3月13日、ヨハネによる福音書5:1~9a「なおりたいのか」
「三十八年のあいだ、病気に悩んでいる人」は、治りたい一心からベテスダの池に行き、藁をもつかむ思いで水が動くのを待っていました。しかし病人同士の戦いにも敗れ続け、希望は日ごとにしぼみ、逆に失望と諦めは日ごとに増し、気がつくと38年が経過していました。イエスから「なおりたいのか」と問いかけられても、「わたしを池の中に入れてくれる人がいません。わたしがはいりかけると、ほかの人が先に降りて行くのです」と不平不満、妬みを口にしました。歳月とともに治りたいという意欲がいつしか薄れ、ただマンネリで水の動くのを待っているだけという無気力な日々を送っていたのです。
私たちも「もっと良くなりたい。もっと良い人生を送りたい」と願いながら、すぐその後に「でも、どうせ」という否定的な言葉が続いたり、願うだけで真剣に祈って努力しなかったり、信仰を働かせるよりも常識や経験を働かせたりしてはいないでしょうか。そして、「私はとても飛び込めない。自分の人生など所詮こんなもの」と諦め、良くなりたいという願望を捨ててしまいがちではないでしょうか。
「なおりたいのか」との言葉により、心の片隅で眠っていた願望を呼び覚まされた病人は、「起きて、あなたの床を取りあげ、そして歩きなさい」と命じられるや否や、もはや否定的な返答をせず、信じて起き上がったところ即刻癒され、ベテスダの池から解放されました。
環境が変わるのを待っているだけでは何も始まりません。人生を縛り付けている最大の「床」は罪です。その罪や不信仰、劣等感、プライド等、私たちの人生を縛り付けている「床」を捨てて、「なおりたい」とイエスを見上げて立ち上がるとき、人生の変革が始まるのです。

ヨハネによる福音書4:43~54「御言葉を信じて帰る」

3月6日、ヨハネによる福音書4:43~54「御言葉を信じて帰る」
「病気をしているむすこを持つある役人がカペナウム」から、ガリラヤのカナにおられるイエスを訪ね、「カペナウムに下って…子をなおしていただきたいと」繰り返し懇願しました。それに対してイエスは「あなたがたは、しるしと奇跡とを見ない限り、決して信じないだろう」と、ユダヤ人全体の不信仰を指摘すると同時に、役人の信仰を試されました。すなわち、「しるしと奇跡」を見ることによる信仰か、それとも「見ないで信ずる」本物の信仰か(20:29)、試されたのです。それでも役人は「主よ、どうぞ、子供が死なないうちにきて下さい」と必死です。するとイエスは「お帰りなさい。あなたのむすこは助かるのだ」とお答えになりました。「お帰りなさい」ということは、イエスは一緒には行かないということですが、続いて「あなたのむすこは助かるのだ」という約束をもお与えになりました。そうすることによって、御言葉を信じて生きるとはどういうことかを身をもって体験させ、悟らせようとされたのです。もはや役人は帰って行くしかありませんでした。半信半疑であったかもしれませんが、とにかく「彼は自分に言われたイエスの言葉を信じて帰って行」きました。その結果、「イエスが『あなたのむすこは助かるのだ』と言われた…時刻」に「熱が引き」癒されたことを知り、「彼自身もその家族一同も信じ」ました。
「わが口から出る言葉も、むなしくわたしに帰らない。わたしの喜ぶところのことをなし、わたしが命じ送った事を果す」(イザヤ55:11)。神が語られた以上、御言葉の約束は必ず成就します。信じて従うならば、必ずその約束どおりになっていくのです。永遠に不変の御言葉こそ(マタイ24:35)、私たちの信仰の保証であり、確信の基盤です。

ヨハネによる福音書4:27~42「目を上げて畑を見よ」

2月27日、ヨハネによる福音書4:27~42「目を上げて畑を見よ」
サマリヤの「女は水がめをそのままそこに置いて町に行き、人々に」イエスを証ししました。これは、彼女の人生がイエスによって180度変えられたことを示しています。何によっても癒されなかった心の渇きが、イエスを信じることによってたちまち癒され、「永遠の命に至る水が、わきあがる」のを実体験した彼女は、喜びと感動のあまり、町の人々に一刻も早くイエスのことを伝えたいと願ったのです。
パウロも、以前誇りとしていた「水がめ」を「損と思うようになった」ばかりでなく、「ふん土のように思」うに至りました。それは、ダマスコ途上で復活のイエスに出会って救われて以来、「主キリスト・イエスを知る知識の絶大な価値」を深め続けたからです(ピリピ3:5~8)。
彼女が町に行っている間、弟子たちは食物を調達して戻って来ましたが、イエスは見向きもせず、「わたしには、あなたがたの知らない食物がある…わたしの食物というのは、わたしをつかわされたかたのみこころを行い、そのみわざをなし遂げることである」と言われました。サマリヤの女を罪から救うため「イエスはサマリヤを通過しなければ」なりませんでしたが、神の御心を成し遂げられた今、霊的に十分満腹、満足しておられました(ルカ15:10)。常に御心に従うことを「食物」、ご馳走として喜んでおられたのです(17:4、19:30、マタイ26:39)。
続いてイエスは「目をあげて畑を見なさい。はや色づいて刈入れを待っている」と言われました。サマリヤの女の内にまかれた種は驚くほどの速さで成長し、すでに収穫を迎えています。ある人は労苦して種をまき、ある人は感謝してその実を刈入れ、「共々に喜」びます。信仰の「目をあげて」、神の国の完成目指してみわざに励みましょう。

ヨハネによる福音書4:1~26「渇くことのない人生」

2月13日、ヨハネによる福音書4:1~26「渇くことのない人生」
パリサイ人との不必要な摩擦を避けるため、イエスは「ユダヤを去って…ガリラヤへ行かれ」ました。「ユダヤ人はサマリヤ人と交際していなかった」ので、サマリヤを避けて遠回りするのが普通でしたが、救いの必然から「サマリヤを通過しなければならなかった」のです。
「イエスは旅の疲れを覚えて…井戸のそばにすわっておられ」ると、「昼の十二時ごろ…ひとりのサマリヤの女が水をくみにき」ました。日中非常に暑い中東では、水汲みは朝か夕方に行うのが普通でしたが、彼女はあえてその時間帯に水を汲みに来ました。それは、夫を次々と五人も取り替え、今また別の男性と同棲するという乱れた生活を送っていたからです。心の空洞を真の神以外のもので満たそうとしてもますます渇くだけです。彼女の渇きを見抜いておられたイエスは、空洞を満たすことができるのは「わたしが与える水を飲む者」だけであると明言され、彼女が「その水をわたしに下さい」と願うと、すかさず「あなたの夫を呼びに行って、ここに連れてきなさい」と言われました。眠っていた良心を呼び覚まされた彼女にイエスは、「神は霊であるから…霊とまこととをもって礼拝すべきである」と礼拝の奥義を開かれ、「あなたと話をしているこのわたしが、それ(キリスト)である」と言われると、彼女はイエスを救い主と信じ、その人生は一変し、人々にイエスのことを宣べ伝えずにはおれませんでした。
私たちの人生には時に様々な試練や困難が押し寄せ、涙に明け暮れることがありますが、「彼らは涙の谷を過ぎるときも、そこを泉のわく所とします」(詩篇84:6、新改訳)。十字架を信じて心に泉を持つならば、逆境に支配されることなく、希望の泉が絶えず湧き上がります。

ヨハネによる福音書3:22~36「彼は栄え、私は衰える」

2月6日、ヨハネによる福音書3:22~36「彼は栄え、私は衰える」
バプテスマの「ヨハネの弟子たちとひとりのユダヤ人との間に、きよめのことで争論が起」こると、弟子たちは師のもとに帰り、「ヨルダンの向こうであなたと一緒にいたことがあり、そして、あなたがあかしをしておられたあのかたが、バプテスマを授けており、皆の者が、そのかたのところへ出かけています」と嫉妬に駆られて言いました。それに対してヨハネは、「わたしはキリストではなく、そのかたよりも先につかわされた者で」、自分に「天から与えられ」た使命は、キリストのために道備えすることだと再度明言しました。「花婿の友人」は「花婿」のため心砕いて婚宴を整え、婚宴後は自分の責任を果たした喜びと満足に満たされて静かに立ち去ります。ヨハネは、「花婿の友人」のような思いで、「花婿」キリストと「花嫁」教会の婚宴のためひたすら道備えをしてきたこと、そして今や「花婿の友人」のように去る日が来ていること、「彼は必ず栄え、わたしは衰える」べきことを語りました。ヨハネはイエスから「女の産んだ者の中で、ヨハネより大きい人物はいない」と賞賛されるほどの大人物ですが(ルカ7:28)、イエスの登場によって自分の影が薄れても少しも腐りませんでした。それは、「人は天から与えられなければ、何ものも受けることはできない」ということを心底悟り、己の分を正しく認識していたからです。
パウロもそうでした(ピリピ1:20~21)。御子イエスをも惜しみなく十字架の死に渡された神は、私のために最善以下の人生を備えたりはなさらないと信じ、「天から与えられ」た自分の使命を自覚し、「わたしの身によってキリストがあがめられる」よう、「堅く立って動かされず、いつも全力を注いで主のわざに励」みましょう(Ⅰコリント15:58)。

ヨハネによる福音書3:16~21「神の愛の贈り物」

1月30日、ヨハネによる福音書3:16~21「神の愛の贈り物」
「わたしたちがまだ弱かったころ…まだ罪人であった時…わたしたちが敵であった時でさえ」、変わらず神は私たちを愛しておられます(ローマ5:6~10、イザヤ43:4)。それも「そのひとり子を賜わったほど」の愛です。「神が御子を世につかわされたのは、世をさばくためではなく、御子によって、この世が救われるため」であり、「御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るため」です。荒野のイスラエルが青銅の蛇を仰ぎ見て生きたように(14節、民数記21:4~9)、十字架に上げられたイエスを信じるならば罪赦されるという救いの道を開くため、神は御子イエスを降誕させ、十字架の死に渡されたのです。
神はすべての人を愛しておられますが、だからと言ってすべての人が無条件に救われるわけではありません。「信じない者は、すでにさばかれている」。御子を信じない者はさばかれますが、終末の最後の審判を待つまでもなく、さばきは今もうすでに下り、神の怒りが留まっているのです。ますます光から遠ざかり、邪悪な行いをなすに「任せられた」ことこそ、恐るべき神のさばきです(ローマ1:24、26、28)。
結局、「悪を行っている者」と「真理を行っている者」との相違は、「光」に対する態度の相違にあります。「光」は、「悪を行っている者」の罪を暴露して居心地悪くさせるので、「悪を行っている者」は、「光」を避け、居心地のよい「やみ」にますます留まるようになります。しかし逆に、「真理を行っている者」は ますます「光」を愛し、「光」に近づくようになります。と言っても、パリサイ人や律法学者のような自己義認に基づくものではなく、「神にあってなされた」(21節)とあるように、神に寄り頼む信仰によって「光」の中を歩み続けるのです。

ヨハネによる福音書3:1~15「新しく生まれる」

1月23日、ヨハネによる福音書3:1~15「新しく生まれる」
ニコデモは、宗教的には律法を厳格に守る「パリサイ人」、社会的には「ユダヤ人の指導者(最高議会の議員)」で、「年をとってから」(4節)と自ら言うように老人であったと思われます。後にイエスを葬るため「没薬と沈香とをまぜたものを百斤ほど持ってきた」(19:39)ので、金持ちでもありました。その彼がこっそり「夜イエスのもとに」来ました。「夜」(本書では多くの場合、霊的暗黒を暗示。9:4、11:10、13:30)は、彼の霊的暗黒状態、真の光を渇き求める心を暗示しています。いくら律法を守り行っても義と認められたという確信がなく、魂には依然として「夜」の部分があったのでしょう。未解決の罪こそ人生最大の「夜」です。
ニコデモに対してイエスが「だれでも新しく(上から、新たに、という二重の意)生れなければ、神の国を見ることはできない」と言われると、霊的盲目のニコデモは「…もう一度、母の胎にはいって生れることができましょうか」との頓珍漢ぶり。そこでイエスは「水と霊(新生における聖霊の働きのことであろう)とから生れなければ、神の国にはいることはできない」、聖霊によって新生しなければ天国に入れない、と再度言われました。「風」同様、「霊」も目に見えませんが、聖霊は「思いのままに」働いて人を新生に導きます。「不思議に思うには及」びません。
続いて、「モーセが荒野でへびを上げた」出来事を引用して(民数記21:4~9)、「人の子もまた上げられなければならない(十字架、さらには復活・昇天をも意味)」と言われました。イスラエルが青銅の蛇を仰ぎ見て生きたように、全人類の罪の身代わりとして十字架に上げられて死に、三日目に死から引き上げられ、天に引き上げられたイエスを救い主と信じ仰ぐ者は、新しく上から生まれ、「永遠の命を得る」のです。

イザヤ書64:1~12「天を裂いて降りて来られる」

1月16日、イザヤ書64:1~12「天を裂いて降りて来られる」
エジプトを脱出した民に神はシナイ山で顕現され、十戒をはじめとする律法の数々を授与されました(出エジプト記 第19章~)。「どうか、あなたが天を裂いて下り、あなたの前に山々が震い動くように」という祈りには、神があの時のように再びご自身を現して下さったならば、どんなにすばらしい回復がなされることであろうか、という期待と願望が込められています。と言うのも、この時のイスラエルはとても神の選びの民とは思えないよう状態にあったからです。イスラエルは「罪を犯した」だけでなく、「久しく罪のうちにあった」、罪の中に留まり続けていました。その結果、神の「名を呼ぶ者はなく…よりすがる者はない」という霊的無関心に陥っていました(5b~7節)。「きょう、み声を聞いたなら、あなたがたの心を、かたくなにしてはいけない」(ヘブル4:7)。「きょう」という日は、神が私たちに与えて下さった絶好の機会、無にしてはなりません(使徒行伝24:24~27、Ⅰテモテ4:2)。
やがてイスラエルに神のさばきが臨むことを知っているイザヤは、「されど主よ、あなたはわれわれの父です。われわれは粘土であって、あなたは陶器師です。われわれはみな、み手のわざです」と神のあわれみを祈り求めました。陶器師なる神の御手の中に握られている粘土なる私たち人間が、神の思いのままに全生涯を委ねて従い続けるならば、神が私たちを傑作品に仕上げて下さいます。イスラエルのように神の御手を振りほどいて勝手気ままに歩んではなりません。
阪神淡路大震災後、物質的には復興しましたが、霊的には依然盲目状態にある人々のため、「どうか、あなたが天を裂いて下り、あなたの前に山々が震い動くように」と私たちも神に訴え祈りましょう。

ページ移動