記事一覧

ヨハネによる福音書11:45~57「民に代わる死」

3月25日、ヨハネによる福音書11:45~57「民に代わる死」
これまでもそうですが、ラザロ復活の奇跡を見聞きした人たちは、イエスを信じる者と、一層心をかたくなにする者との二つに分かれました。「金持ちとラザロの譬え」(ルカ16:19~31)において、黄泉に落ちた金持ちが「わたしの父の家へラザロ(譬え話上の架空人物。本書のラザロとは別人)をつかわしてください。わたしに五人の兄弟がいますので、こんな苦しい所へ来ることがないように、彼らに警告していただきたいのです」と懇願しますが、その答えは「もし彼らがモーセと預言者とに耳を傾けないなら、死人の中からよみがえってくる者があっても、彼らはその勧めを聞き入れはしないであろう」というものでした。罪を示され、心が軟らかくなっているうちに、イエスを信じ、御言葉に従って歩む決断をすることが大切です。先延ばしにしていると、取り返しのつかないほどかたくなな心になりかねません(ヘブル4:7)。
「全国民が滅びないように」イエスを殺害したほうが「得だ」という大祭司カヤパの提案をユダヤ議会は承認し、「この日からイエスを殺そうと相談し」始めました。著者ヨハネは、このカヤパの言葉の中に特別な意味を見出しました。カヤパは神の御心を伺って民に告げる「その年の大祭司であったので」、イエスの十字架の死は「ただ国民のためだけではなく…散在している神の子らを一つに集めるため」、すなわちユダヤ人のためだけでなく、全人類のための身代わりの死であることを無意識のうちに語っていたと理解したのです。最初の人アダムが不従順の罪を犯したため全人類に罪が入り込み、その刑罰として死がもたらされましたが、御子イエスは十字架上で死んで三日目に復活することによって救いを完成されたのです(ローマ5:12~21)。

詩篇29:1~11「主は洪水の上に」

3月11日、詩篇29:1~11「主は洪水の上に」
詩人は「神の子らよ(新改訳「力ある者の子らよ」)」と呼びかけ、天上では御使たちが主の「栄光と力とを主に帰」すように、地上では私たち人間が主の前に「聖なる装いをもって主を拝」むようにと招いています。
次に詩人は、「主のみ声(雷鳴の詩的表現)」が雨雲の中にとどろき(3~4節)、「レバノンの香柏を折り砕」き(5節)、山々を揺り動かし(6節)、稲妻を伴い(7節)、「荒野を震わせ」(8節)、「かしの木を」燃やして「林を裸にする」(9節)様子を描写しながら、その中に主の「栄光と力」を認めて賛美します。「もろもろの天は神の栄光をあらわし、大空はみ手のわざをしめす」(詩篇19:1)。「もろもろの天…大空」は、ある日偶然にできたのではありません。「はじめに神は天と地とを創造された」(創世記1:1)、永遠の昔から存在される唯一真の神が天地を創造され、今も保持されていることを、「もろもろの天…大空」は証ししているのです。
そのような神がおられるのに、なぜ大震災が発生したのか、誰もが納得する答えはおそらく不可能でしょうが、神を畏れるヨブも、家畜や僕、さらに子どもたちまでも次々失うという試練に遭いました。それでもヨブは「主が与え、主が取られたのだ。主のみ名はほむべきかな」と言って主を賛美しました(ヨブ記1:21)。私たちの人生にも、雷鳴や嵐、洪水が突如襲いかかることがあります。しかし「主は洪水の上に座し、主はみくらに座して、とこしえに王であらせられる」全宇宙の王です。この主は時に私たちの人生に雷鳴や洪水をあえて送り、この世の宝を奪い去られますが、その後には「その民に力を与え、平安をもってその民を祝福される」お方です。東日本大震災がそのような契機となるよう祈るとともに、「主のみ声」に聴従しましょう。

ヨハネによる福音書11:17~44「わたしはよみがえり、いのち」

3月4日、ヨハネによる福音書11:17~44「わたしはよみがえり、いのち」
弟ラザロの死を悲しむマルタにイエスは「わたしはよみがえりであり、命である。わたしを信じる者は、たとい死んでも生きる」と言われました。イエスを信じる者は、たとい肉体的に死んでも霊的には生きるということです。後から来たマリヤも泣き悲しむのをご覧になったイエスは、「激しく感動し(新改訳「霊の憤りを覚え」)…涙を流され」されました。アダムの堕罪によってもたらされた死に対する憤り、人々の不信仰に対する憤り、同情の涙でした。人の子として降誕して様々な試練に会われ、「悲しみの人で、病を知っていた」(イザヤ53:3)イエスは、私たちに心底同情することができるのです(ヘブル4:15、2:18)。
ラザロは死んで墓に葬られ、すでに四日たっていましたが、イエスは、墓の入口を塞いでいる「石を取りのけなさい」とお命じになり、神に祈って「ラザロよ、出てきなさい」と言われると、ラザロが包帯で巻かれたまま墓から出て来ました。これは、「この病気は死ぬほどのものではない。それは神の栄光のため、また、神の子がそれによって栄光を受けるためのものである」(4節)という御言葉の成就であり、イエスを信じる者が永遠の命を得ていることのしるしです(6:47)。
罪のために死んで悪臭を放っているのが生来の人間の現実です。呼吸はしていても、真の神を無視している人は、霊的に死んだ存在です(黙示録3:1、エペソ2:1)。しかし十字架と復活によって罪と死に勝利され、「よみがえりであり、命である」イエスを信じるならば、「たとい死んでも生きる」永遠の命が与えられ、真に人間らしく生きることができます。さらに世の終わり、「○○よ、出てきなさい」と呼ぶ声を聞いて復活し、神と共に永遠に生きるのです(Ⅰテサロニケ4:16~17)。

ヨハネによる福音書11:1~16「死で終わらない病」

2月26日、ヨハネによる福音書11:1~16「死で終わらない病」
マルタ、マリヤ、ラザロの三兄弟は、早くからイエスを信じて弟子となり、イエスも彼らを愛しておられましたが、ある日ラザロが死にそうになりました。これは、信仰者であっても思わぬ悲しみに襲われることが確かにあることを教えています。「姉妹たちは人をイエスのもとにつかわして」「主よ、今すぐ来て弟を癒して下さい」とは言わせず、「主よ、ただ今、あなたが愛しておられる者が病気をしています」と、ただ現状を報告するのみでした。それは、イエスが迫害されたエルサレムに近いベタニヤに来られるのは危険だと考えたからであり(8節、10:39~40)、またラザロのことをただ知っていただくだけで十分、イエスなら必ず何とかして下さると確信していたからです。
イエスは「この病気は死ぬほどのものではない。それは神の栄光のため、また、神の子がそれによって栄光を受けるためのものである」と言われました。この病気を通して神の栄光が現されるだけでなく、ラザロの死と復活がイエスの十字架の死と復活につながり(47~53節)、救いの完成によって神の栄光が現されるようになるということです。
十字架上で死なれましたが、三日目に死を打ち破って復活されたイエスは、イエスを信じる者の人生を、罪の滅びから永遠の救いへと大逆転して下さいます。また、人生の様々な悲しみを打ち破り、神の栄光が現れる出来事に逆転して下さいます。「この病気は死ぬほどのものではない。それは神の栄光のため、また、神の子がそれによって栄光を受けるためのものである」との約束を信じましょう。私たちが願っているような答えではないかもしれませんが、やがて神の最善、神の栄光となる答えを見せていただけるに違いありません。

ヨハネによる福音書10:19~42「御父と御子は一つ」

2月19日、ヨハネによる福音書10:19~42「御父と御子は一つ」
「ユダヤ人の間にまたも分争が生じた」のは、「宮きよめの祭」が行われる時期で、まさに「時は冬で」したが、ユダヤ教指導者たちのイエスに対する態度が「冬」のように厳しく凍りついていることをも暗示しています(3:2、13:30他の「夜」と同様)。彼らは「宮の中にあるソロモンの廊を歩いておられた…イエスを取り囲んで」、「いつまでわたしたちを不安のままにしておくのか。あなたがキリストであるなら、そうとはっきり言っていただきたい」と詰め寄りました。自らのかたくなな心が、イエスが「キリストである」ことを悟るのを妨げる最大原因であるのに、イエスに責任転嫁しています。イエスが「はっきり言」わないから信じないのではなく、「はっきり言って」も、イエスをキリストと認めたくない心が信じさせないのです。そのように信じようとしない人々は、いくら御言葉を聞いて奇跡を目撃しても、同じ疑問を繰り返すのみです。結局、「わたしの羊でないから」なのです。
現代もこうした人が多い中、私たちが礼拝に集っているのは、神の恵みと選び以外の何ものでもありません。キリストの羊である者には三つの特質「わたしの羊はわたしの声に聞き従う」「わたしは彼らを知っており」「彼らはわたしについて来る」があり、三つの特権「わたしは、彼らに永遠の命を与える」「彼らはいつまでも滅びることがなく」「彼らをわたしの手から奪い去る者はない」が伴います。「神が御子の血であがない取られた神の教会」(使徒20:28)は「すべてにまさる」尊いものですから、「わたしと父とは一つ」、その本質において同一である御父と御子、さらには御霊によって、キリストの羊は二重三重に保護されているのです。何という幸いでしょうか(コロサイ3:3)。

ヨシュア記5:13~6:21「軍勢の将による勝利」

2月5日、ヨシュア記5:13~6:21「軍勢の将による勝利」
イスラエルがヨシュアに率いられて濁流渦巻くヨルダン川を奇跡的に渡り(4:14~17)、遂に約束の地に入ったことを聞いたエリコの町は、城壁をより一層「かたく閉ざして」いました。盤石の備えのエリコを前に思案に暮れていたヨシュアが、ふと「目を上げてみると、ひとりの人が…立って」いました。それは敵でもなければ味方でもない、ヨシュア自身がまず従うべき司令官、「主の軍勢の将」でした。「抜き身のつるぎを手に持ち」とは、敵と戦う態勢がすでにできているということであり、この戦いは主ご自身が先頭に立って戦い、勝利に導かれるということです。問題に直面したとき、問題の大きさや自分の弱さを見て思いわずらったり、人間的小細工を駆使したりするのではなく、ヨルダン川を分けられた主をまず仰ぎましょう(詩篇121:1~2)。
ヨシュアが主の軍勢の将に「わが主は何をしもべに告げようとされるのですか」と尋ねると、「あなたの足のくつを脱ぎなさい」との命令。「足のくつを脱」ぐとは、主の前に自己主張という泥靴を脱ぎ捨て、「わたしは主のはしためです。お言葉どおりこの身に成りますように」(ルカ1:38)と主の僕に徹することです。ヨシュアがそのようにすると、「わたしはエリコと、その王および大勇士を、あなたの手にわたしている」と言われ、エリコ攻略法が伝授されました。あまりにも突飛で常識はずれの命令でしたが、イスラエルは主の約束を堅く信じて忠実に実行しました。すると城壁は見事に崩れ、占領することができたのです。「信仰によって、エリコの城壁は…くずれおちた」(ヘブル11:30)。イスラエルがエリコを占領できたのは、彼らが強かったからではなく、「信仰によって」主の僕に徹して従い通したからです。

ルカによる福音書14:25~35「主イエスの弟子となる」

1月29日、ルカによる福音書14:25~35「主イエスの弟子となる」
イエスは「大ぜいの群衆」に「…でなければ、わたしの弟子となることはできない」と三度繰り返す間に二つの譬え話を語られました。「邸宅(新改訳「塔」)」を建てる前には、手持ち資金で足りるか否か慎重に計算しなければなりません。「戦いを交える」前には、戦力を慎重に比較しなければなりません。生涯イエスを信じ、イエスに従う弟子となるのは、邸宅建設や戦争同様、人生の大事業であり、事前の計算と覚悟、完成の見通しと責任が必要であることを教えています。
では、イエスの弟子となることの損得を計算してみましょう。「たとい人が全世界をもうけても、自分の命を損したら、なんの得になろうか。また、人はどんな代価を払って、その命を買いもどすことができようか」(マタイ16:26)。神を無視して自分勝手に歩み、たとい全世界を手に入れても、その結末が永遠の滅びなら空しい限りです。しかしイエスを信じ、イエスに従う人生は、永遠の命が与えられ、真の平安と充足、折にかなう助けがあり、そのゴールは天国です。
この祝福を得させるために、イエスは全人類の罪を背負って十字架につけられ、神にさばかれて死なれたのです。イエスが払われた莫大な犠牲は、他でもないこの私の罪のためでした。このことを知り、イエスを信じ受け入れるとき、イエスに生涯従っていきたいと願うはずです。しかしイエスの弟子となるということは、自分の家族や命、計画、財産よりもイエスを優先して「自分の十字架を負う」ことであり、時に犠牲を伴うことがあります。しかし、払った犠牲の何十倍、何百倍もの祝福があり、悔いのない充実した道であることは、パウロたちが証人です(ピリピ3:5~8)。是非とも正しい選択を。

マタイによる福音書9:14~17「新しいぶどう酒は新しい皮袋に」

1月22日、マタイによる福音書9:14~17「新しいぶどう酒は新しい皮袋に」
「花婿が奪い去られる日」、イエスが十字架上で死ぬ日には、食物が喉を通らなくなるほど悲しみますが、「花婿」なるイエスが共におられる今は宴たけなわ、イエスと共にいることを大いに喜ぶべきです(15節)。「真新しい布ぎれで、古い着物につぎを当て」ると、さらしていない「真新しい布ぎれ」部分だけ縮んで、「着物を引き破り、そして、破れがもっとひどく」なります。イエスは、旧約の「古い着物」に「真新しい布ぎれ」で継ぎ当てをするために来られたのではなく、全く新しい救いの道を開くために来られたのです(16節)。まだ発酵しきっていない「新しいぶどう酒」を、弾力性に乏しく伸縮しない「古い皮袋」に入れると、発酵に伴う圧力によって、古い「皮袋は張り裂け、酒は流れ出るし、皮袋もむだに」なります。イエスの福音は、「新しいぶどう酒」のように命にあふれ、力強く喜ばしいものです(17節)。
マタイたちは福音を信じて生活が一変しました(9~10節)。救いとは縁のない異邦人の私たちも、福音を信じて新しい皮袋に取り換え、新しいぶどう酒を味わいました(エペソ2:11~12)。しかしいつの間にか皮袋が硬直し、信仰生活が窮屈で喜びのないものになってはいませんか。その原因の一つに「諦め」があります。「だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である」(Ⅱコリント5:17)。「だれでも」諦めない限り、常に可能性があるのです。もう一つの原因に「繕い」があります。罪によるほころびだらけの着物を、努力や修養で繕おうとしても無駄なことです。そのような古い着物はきれいさっぱり脱ぎ捨て、「新しき人を着る」ならば(エペソ4:22~24)、時々刻々イエスの命にあふれ、その恵みは外にあふれ出るほどになるでしょう。

ルカによる福音書11:1~13「最高の贈り物をする神」

1月1日、ルカによる福音書11:1~13「最高の贈り物をする神」
真夜中に到着した旅人をもてなすため友人宅を訪ね、「友よ、パンを三つ貸してください」と「しきりに願う」と、友人は嫌々ながらでも「起き上がって必要なものを出してくれる」のであれば、神はなおさら私たちに「必要なものを」与えて下さらないことがあるでしょうか。神は、この友人のように迷惑がったりせず、夜眠ってもおられません。昼夜を問わずいつでも喜んで私たちの祈りに耳を傾けて下さるお方ですから、諦めないで祈り続けるなら、「そうすれば、与えられるであろう」。またどんなにひどい父親であっても、魚や卵を求める子どもに蛇やさそりを与えるようなことをしないのであれば、神はなおさら私たちに「良い贈り物を」なさらないことがあるでしょうか。
これら二つの譬え話の共通点は、信頼関係がその土台にあり、そのゆえに祈りが聞かれるということです。神と私たちとは以前、罪のために敵対関係にありましたが、今や御子イエスの十字架を信じる信仰のゆえに神と和解し、友人以上、父と子の親しい関係にあります。私たちはこの信頼関係を土台にして、大胆に神に祈り求めることができます。しかし実際には、願いどおりにならない祈り、すぐに聞かれない祈りもあります。それは人知を超えた神の愛のゆえですから、そのときにもやはり神に感謝し、賛美すべきでしょう。
八方塞りの状況にあっても、「土の器の中にキリストを持っている人は、東西南北の他に『上』という方角を知っている」(山室軍平師)。神を仰いで祈るという最高の武器を活用するならば、「四方から患難を受けても窮しない。途方にくれても行き詰まらない。迫害に会っても見捨てられない。倒されても滅びない」のです(Ⅱコリント4:7~9)。

ルカによる福音書2:8~20「飼葉おけのキリスト」

12月25日、ルカによる福音書2:8~20「飼葉おけのキリスト」
生まれ故郷で住民登録するため、ヨセフは身重の妻マリヤを連れて、ナザレからベツレヘムまで行くことになりました。ようやくたどり着いたベツレヘムの宿屋はどこも満員で、彼らは仕方なく家畜小屋で一夜を明かすことにしました。この地上で最も低く貧しく、臭く汚い場所で生まれた赤ちゃんこそ、人となられた神の御子イエスでした。約束の「救い主がお生れになった」ことを最初に知らされたのが、「夜、野宿しながら羊の群れの番をしていた」羊飼たちです。
神の御子がそのような降誕をされたのは、「客間には彼らのいる余地がなかったから」です。この御言葉は、イエスの生涯と人間の心を暗示しています。イエスの地上生涯は最初から人々に拒絶されて「いる余地がな」く、成長後も人々から正しく理解されずに「まくらする所がない」(マタイ8:20)生活を送られ、その最後は十字架刑でした。昔も今も人々の心の中はこの世の様々な先客で満員状態で、イエスの「いる余地」などありません。それでいて心の中はいつも満たされず、様々な行き詰まりがあり、暗い家庭・社会、孤独があります。それらの真の原因は、イエスに「いる余地」を与えない的外れにあるのです。
そんな私たち人間を救い出すために、イエスはこの世に降誕され、家畜小屋以上に汚れた私たちの罪を背負って十字架につけられ、神の怒りとさばきを一身に受けて死んで下さいました。このイエスを信じるならば、家畜小屋以上に汚れた心もきよめられ、イエスがその心の中にお住み下さり、「世の終りまで、いつもあなたがたと共にいる」(マタイ28:20)、「決してあなたを離れず、あなたを捨てない」(ヘブル13:5)との約束どおり、悩み多い人生を共に歩んで下さるのです。

ページ移動