記事一覧

ルカによる福音書24:1~12「イエス・キリストの復活」

2019年4月21日、ルカによる福音書24:1~12「イエス・キリストの復活」
十字架上に死んで墓に葬られたイエスの御体に香料を塗り、丁重に葬って差し上げようと、女性たちは「週の初めの日、夜明け前に…墓に行った」のですが、彼女たちの前には大問題がありました。墓の入口をふさぐ大石です。彼女たちはこの大石についてずっと話し合いながら墓まで来ましたが(マルコ16:3「話し合っていた」=話し合い続けていた)、それは全く不要な心配でした。すでに「石が墓からころがして」ありました。約束どおりイエスは死を打ち破って復活されたのです。
墓の大石どころではない人類共通の最大の大石、それは罪と死の大石です。この大石を取り除くために罪の全くない神の御子イエスが来臨され、私たちの罪を背負って十字架につけられ、私たちに代わって神のさばきを一身に受けて死なれましたが、三日目に復活されました。十字架がなくては復活の意味はなく、復活がなくては十字架は完成しません(ローマ4:25)。空っぽの墓は、イエスが罪と死に勝利され、今も生きておられる救い主であること、ただイエスを信じるだけで罪赦されるという救いが完成されたことの証明なのです。
十字架と復活によって、神と私たちとを隔てる途方もない罪と死の大石を「ころがして」下さったイエスは、私たちの人生に立ちはだかる大石をも同様に「ころがして」下さるお方です。「ところが、目をあげて見ると、石はすでにころがしてあった」(マルコ16:4)。うつむいて困難ばかりを見つめるのではなく、十字架と復活のイエスに心の目を上げましょう。「ダビデの子孫として生れ、死人のうちからよみがえったイエス・キリストを、いつも思っていなさい」(Ⅱテモテ2:8)。

ルカによる福音書22:54~62「イエスのまなざし」

2019年4月14日、ルカによる福音書22:54~62「イエスのまなざし」
ゲツセマネの園に行く前、イエスが「あなたがたは皆、わたしにつまずくであろう」(マルコ14:27)と言われると、ペテロは「わたしは獄にでも、また死に至るまでも、あなたとご一緒に行く覚悟です」と言い、「きょう、鶏が鳴くまでに、あなたは三度わたしを知らないと言うだろう」と予告されていました(22:33~34)。園で捕縛されたイエスを心配して「ペテロは遠くからついて行った」のですが、それが限界でした。イエスの仲間ではないかと指摘されるたびに否認を重ねて三回目、「たちまち、鶏が鳴いた…主は振りむいてペテロを見つめられた…そして外へ出て、激しく泣いた」。なぜ「激しく泣いた」のでしょうか。
取り返しのつかない大失敗をも包み込んで赦す愛のまなざしに触れて、ペテロは号泣したのでしょう(新聖歌221番)。ペテロ同様イエスを裏切ったユダは、自分の行為をただ後悔しただけで悔い改めることなく、「首をつって死んだ」(マタイ27:5)。しかしペテロは、自分の弱さを正直に認めて悔い改め、再び使命を授けられました(ヨハネ21:16)。「神のみこころに添うた悲しみは、悔いのない救を得させる悔改めに導き、この世の悲しみは死をきたらせる」(Ⅱコリント7:10)。四福音書すべてがペテロの大失敗を包み隠さず記しているのは、イエスを信じる人生はいつでもやり直し可能であること、イエスの愛と赦しととりなしによって何度でも立ち上がり得ることを私たちに強調したいからでしょう。「私たちが、神の前に自らの罪の責めを感じ、身を低くして立ち帰ってくるとき、そこには怒りの御顔があると思ったのに、意外にも、そこには赦しの御顔があるのです」(ジョン・バニヤン)。

マタイによる福音書28:1~10「墓は空っぽ、復活された」

2018年4月1日、マタイによる福音書28:1~10「墓は空っぽ、復活された」
「週の初めの日の明け方」、イエスが葬られた「墓を見にきた」ところ、墓石は転がされ、中は空っぽでした。空の墓が意味するのは…
①死からいのちへ
私たち人間は、神に造られ生かされている存在でありながら、神に背いて生きています。この的外れの状態を聖書は「罪」と呼び、「一度だけ死ぬことと、死んだ後さばきを受けることとが、人間に定まっている」(ヘブル9:27)、死んだ後、神のさばきを受けなければなりません。その結果は、「罪の支払う報酬は死」(ローマ6:23)、永遠の滅びです。
この罪と死の大石を取り除くために、イエスは全人類の罪を背負って十字架につけられ、神にさばかれて死に、しかし三日目に復活されたのです。イエスが死んで墓に葬られておしまいであったなら、私たち罪人と何ら変わりがありません。しかし空っぽの墓は、イエスが「かねて言われたとおりに、よみがえられ」、それによって人類最大の敵である罪と死に勝利して救いを完成されたことの証明なのです(ローマ1:4、4:25、Ⅰコリント15:12~20)。このイエスを信じるなら、すべての罪が赦され、神と共に永遠に生きるのです。イエスの復活を境に、十字架と復活を信じる者にとって、死は呪われたものでも一切の終わりでもなく、天国に続く希望のトンネルとなったのです。
②絶望から希望へ
「もうここ(墓)にはおられない」イエスは、信じる者と共におられ、人生に立ちはだかる困難の大石をも転がして下さいます。「世の中を見れば、心が騒ぐでしょう。自分自身を見れば、落ち込むでしょう。しかし、キリストを見上げれば、心に平安が訪れます」(コーリー・テン・ブーム)。

ルカによる福音書19:41~48「イエスの涙」

2018年3月25日、ルカによる福音書19:41~48「イエスの涙」
イエスがエルサレムに入城されると聞いた人々は、遂にイスラエルがローマの支配下から解放される時が来たと考えて大歓迎しました(37~38節)。それと対照的にイエスは「いよいよ都の近くにきて、それが見えたとき、そのために泣」かれました。エルサレムは神との「平和をもたらす道を知」らないから、否、知ろうとしないからです。生まれながらの人間は皆、罪のため神と敵対関係にあり、「神の怒りを、自分の身に積んでいる」存在です(ローマ2:5)。「キリストは、時いたって、不信心な者たちのために死んで」(ローマ5:6)、救いの道を開くためにエルサレムに入城されたのです。イエスは、神との「平和をもたらす道」そのものであるのに(ヨハネ14:6)、人々は誤解したり拒絶したりしました。そんなかたくなな心に対してイエスは涙されたのです。
さらにイエスは、エルサレムが包囲攻撃されて徹底的に破壊されることを予告されました(70年のローマ軍侵攻により実現)。エルサレムに臨もうとしている悲惨な未来のゆえにイエスは涙されたのです。「自業自得、自己責任」と切り捨てられても仕方ないエルサレムでしたが、イエスはエルサレムのために涙されました。否、そのようなエルサレムだからこそ、「いよいよ都の近くにきて、それが見えたとき、そのために泣いて言われた」のです。パウロも「キリストの十字架に敵対して歩いている者が多いから…涙を流して語」りました(ピリピ3:18)。
あなたの日々の歩みは、イエスの喜びの対象でしょうか、それとも涙の対象でしょうか。イエスの涙を無にして永遠に後悔することのないよう、信仰の決断を今しましょう。人々のために泣くイエスやパウロの涙を与えていただいて福音を証しする者とされましょう。

ヨハネによる福音書20:24~31「信じる者になりなさい」

2017年4月16日、ヨハネによる福音書20:24~31「信じる者になりなさい」
弟子たちが復活のイエスに出会った喜びにあふれ、「わたしたちは主にお目にかかった」と口々に語る中、その場にいなかったトマスは、「わたしは、その手に釘あとを見、わたしの指をその釘あとにさし入れ、また、わたしの手をそのわきにさし入れてみなければ、決して信じない」と仲間の興奮ぶりを嘲笑うかのように言いました。トマスの心中では、復活などとても信じられないという気持ちと、しかしそれがもし本当なら自分も復活のイエスにお会いしたいという気持ちとが相争っていたことでしょう。そんなトマスの胸の内を誰よりもよくご存じのイエスは、再び復活の御姿を現され、真っ先にトマスのところに行かれました。今回はトマスのためだけに現れたと言ってもよいほどでした。一週間前トマスが弟子たちに語った言葉を聞き、疑いも葛藤もすべてご存じのイエスは、「あなたの指をここにつけて、わたしの手を見なさい。手をのばしてわたしのわきにさし入れてみなさい」と優しく語りかけられました。するとトマスはイエスにさわるまでもなく、「わが主よ、わが神よ」とひざまずきました。
やがてイエスは昇天され、肉眼では見えなくなりましたが、「信仰は聞くことによるのであり、聞くことはキリストの言葉から来る」 (ローマ10:17)、御言葉と御霊によってイエスを「見ないで信ずる」ことができるようにされています。疑いや迷い、悲しみや悔しさで霊の眼が曇りやすい私たちの心をイエスはよくご存じで、そんな私たちをも見捨てず、忍耐強く導き続けて下さいます。この後トマスはインドで福音を宣べ伝え、そこで殉教したと言われています。イエスの十字架と復活を確信した者には、もはや迷いも恐れもないのです。

マルコによる福音書15:16~22「無理に背負わされた十字架」

2017年4月9日、マルコによる福音書15:16~22「無理に背負わされた十字架」
死刑囚は十字架の横木を自ら背負い、見せしめのため町中を引き回されながら刑場に向かいました。その定めに従って「イエスはみずから十字架を背負って」(ヨハネ19:17)、総督ピラトの官邸からゴルゴタの丘まで(ラテン語で「ヴィア・ドロローサ」。悲しみの道、の意)歩んでおられましたが、衰弱していたため、十字架を背負って歩き続けることができなくなりました。するとそこに「シモンというクレネ人が、郊外からきて通りかかったので、人々はイエスの十字架を無理に(強制的に労働させる、の意。マタイ5:41「しいて…行かせようとする」と同語)負わせ」ました。
エルサレム詣での最中、世にも恐ろしい十字架を担がされたとき、シモンは己の運命を呪ったことでしょう。著者マルコは「アレキサンデルとルポスとの父シモン」と紹介していますが、何の説明もなしに息子たちの名前を挙げるのは、本書執筆当時、彼らは信者の間で周知の人物であったからでしょう。ルポスの母、すなわちシモンの妻も、パウロにとって信仰の「母」のような存在でした(ローマ16:13)。本来この十字架は、罪人のシモンや私が負うべきものでした。シモンが身代わりになったのではなく、イエスがシモンと私の罪の代わりに背負って死んで下さった十字架です。そうした十字架の真の意味をやがてシモンも悟り、一家を挙げてイエスを信じ、教会でしばしば感動に打ち震えながら証ししていたのではないかと思われます。
そのときはわからなくても、後になってからわかる恵みというものがあります。主が私たちに背負わせなさる十字架は、それを耐え忍ぶなら、やがて祝福に変えられる十字架です。「自分を捨て、日々自分の十字架を負うて」(ルカ9:23)、イエスの後に従っていきましょう。

ルカによる福音書24:1~12「キリストの復活」

2016年3月27日、ルカによる福音書24:1~12「キリストの復活」
十字架上に死んで墓に葬られたイエスの御体に香料を塗り、完全に葬って差し上げようと、彼女たちは「週の初めの日、夜明け前に…墓に行った」。まるで夜明けが待ちきれないかのように墓に急ぐ彼女たちの並々ならぬ愛と熱心が伝わってきます。私たちも毎週このような愛と熱意、飢え渇きをもって礼拝に急ぎ集っているでしょうか。
しかし墓に急ぐ彼女たちの前には大問題がありました。墓の入口をふさぐ大石です。彼女たちはこの大石についてずっと話し合いながら墓まで来ましたが(マルコ16:3「話し合っていた」=話し合い続けていた)、それは全く不要な思い煩いでした。すでに「石が墓からころがして」ありました。約束どおりイエスは死を打ち破って復活されたのです。
墓の大石どころではない人類共通の最大の大石、それは罪と死の大石です。この大石を取り除くために罪の全くない神の御子イエスが来臨され、私たちの罪を背負って十字架につけられ、私たちに代わって神のさばきを一身に受けて死なれましたが、三日目に復活されました。十字架がなくては復活の意味はなく、復活がなくては十字架は完成しません(ローマ4:25)。空っぽの墓は、イエスが罪と死に勝利され、今も生きておられる救い主であること、ただイエスを信じるだけで罪赦されるという救いが完成されたことの証明なのです。
十字架と復活によって、神と私たちとを隔てる途方もない罪と死の大石を「ころがして」下さったイエスは、私たちの人生に立ちはだかる大石をも同様に「ころがして」下さるお方です。それゆえ困難の大石ばかり見つめて失望せず、復活のイエスを仰ぎ信頼するなら(詩篇121:1~2)、すでに「石が…ころがしてある」のを見ることでしょう。

マタイによる福音書21:1~11「子ろばに乗る王なるイエス」

2016年3月20日、マタイによる福音書21:1~11「子ろばに乗る王なるイエス」
イスラエルがエジプトの奴隷状態から解放されたことを記念する過越の祭の真っ最中(ヨハネ12:12)、イエスはエルサレムに入城されました。多くの奇跡を行われてきたイエスこそ、祖国をローマ帝国の支配下から解放する約束のメシヤと考え、「ホサナ(私たちを救って下さい、の意)」(詩篇118:25~26)と熱狂的に歓迎しました。もしイエスが、群集が期待するような政治的解放者なら、軍馬に乗って入城されるはずですが(列王紀上4:26)、群集の期待を拒絶するかのように子ろばに乗って入城されました。これは旧約聖書の成就でした(ゼカリヤ書9:9)。イエスは、政治的・軍事的な王ではなく、人々を罪から解放する平和の王として来られたのです。期待を裏切られた群衆は、数日後には一転して「十字架につけよ」(ルカ23:21)と叫び声を上げることになります。
私たちも以前は、戸口につながれた子ろばのように、罪につながれていた者です(ヨハネ8:34、ローマ6:23)。本来なら私たちが神にさばかれて滅ぼされるべきところ、私たちの罪をイエスが一身に引き受けて十字架につけられ、私たちに代わって神にさばかれて死んで下さいました。そうすることによって、ただ十字架を信じるだけで罪赦され、罪の奴隷から解放される救いの道を開いて下さったのです。
ろばは強情で調教が難しい反面、小さな身体にいっぱいの荷物を背負って運ぶ忍耐強い面もあります。スピードは遅くても、持久力はあります。イエスは、長所もあれば短所もある子ろばのような私たちに目を留め、「主がお入り用なのです」と言って下さるとは、何たる光栄でしょう。私を愛していのちまで捨てて下さったイエスをお乗せし、人々に証詞する「ちいろば」にならせていただきましょう。

マタイによる福音書28:1~10「イエスはよみがえられた」

2015年4月5日、マタイによる福音書28:1~10「イエスはよみがえられた」
「週の初めの日の明け方」、イエスが葬られた「墓を見にきた」ところ、墓石は転がされ、中は空っぽでした。空の墓が意味するのは…
①罪と死に対する勝利
私たち人間は、神に造られ生かされている存在でありながら、神に背いて生きています。この的外れの状態を聖書は「罪」と呼び、「一度だけ死ぬことと、死んだ後さばきを受けることとが、人間に定まっている」(ヘブル9:27)、死んだ後、神のさばきを受けなければなりません。その結果は、「罪の支払う報酬は死」(ローマ6:23)、永遠の滅びです。
この罪と死の大石を取り除くために、イエスは全人類の罪を背負って十字架につけられ、神にさばかれて死なれ、しかし三日目に復活されました。イエスが死んで墓に葬られておしまいであったなら、私たち罪人と何ら変わりがありません。しかし空っぽの墓は、イエスが「かねて言われたとおりに、よみがえられ」、それによって人類最大の敵である罪と死に勝利して救いを完成されたことの証明です(ローマ1:4、4:25、Ⅰコリント15:12~20)。このイエスを信じるなら、すべての罪が赦され、神と共に永遠に生きるのです。イエス復活の朝を境に、十字架と復活を信じる者にとって、死は呪われたものでもすべての終わりでもなく、天国に続く希望のトンネルとなったのです。
②困難に対する勝利
十字架と復活によって罪と死の大石を転がされたイエスは、人生に立ちはだかる困難の大石をも転がして下さるお方です。問題ばかり見つめてうつむかないで、復活のイエスを仰ぎましょう。「ところが…石はすでにころがしてあった」のを見ることでしょう(マルコ16:4)。

ルカによる福音書22:39~46「御心がなるように」

3月29日、ルカによる福音書22:39~46「御心がなるように」
①苦悶の祈り
「杯」は神の怒りの象徴で、十字架上で神の怒りを受けて死ぬことを意味しています。ユダヤでは立って祈るのが普通でしたが、このときのイエスはあまりの苦悶のゆえに、まるで崩れ落ちるように「ひざまずいて」祈られました。それは、十字架上の死は単なる死ではなく、全人類の罪に対する神のさばきとしての死であったからです(Ⅱコリント5:21)。このイエスの苦悶は、この私の罪のための苦悶でした。
②服従の祈り
もし十字架以外に罪を贖う方法があるなら「この杯をわたしから取りのけてください」というのがイエスの本心でした。「しかし、わたしの思いではなく、みこころが成るようにしてください」と何よりも神の御心が実現することを願われました。油搾りという意味の「ゲツセマネ」、それは十字架を前にしたイエスが血の汗を流しながら祈る場所にふさわしい名前です。イエスはちょうどオリブの実のように、神の御心という上石と、人類に対する愛という石うすとの間で砕かれ、すりつぶされ、十字架刑を受け入れられたのです。「御心とは、人間を祝福しようとする神の愛のご計画である」。御心に従って歩むとき、私たちは最も深い満足と喜びを見出すことができるのです。
③勝利の祈り
イエスは祈りの中で御心に服従する決意をして勝利されたので、「祈を終えて立ちあがり」、十字架上で神の怒りの杯を最後の一滴まで飲み干し、十字架を信じるだけで救われるという救いを完成されました。十字架の勝利も、ゲツセマネの祈りの勝利があればこそでした。

ページ移動