記事一覧

ヨハネによる福音書20:24~31「信じる者になりなさい」

2017年4月16日、ヨハネによる福音書20:24~31「信じる者になりなさい」
弟子たちが復活のイエスに出会った喜びにあふれ、「わたしたちは主にお目にかかった」と口々に語る中、その場にいなかったトマスは、「わたしは、その手に釘あとを見、わたしの指をその釘あとにさし入れ、また、わたしの手をそのわきにさし入れてみなければ、決して信じない」と仲間の興奮ぶりを嘲笑うかのように言いました。トマスの心中では、復活などとても信じられないという気持ちと、しかしそれがもし本当なら自分も復活のイエスにお会いしたいという気持ちとが相争っていたことでしょう。そんなトマスの胸の内を誰よりもよくご存じのイエスは、再び復活の御姿を現され、真っ先にトマスのところに行かれました。今回はトマスのためだけに現れたと言ってもよいほどでした。一週間前トマスが弟子たちに語った言葉を聞き、疑いも葛藤もすべてご存じのイエスは、「あなたの指をここにつけて、わたしの手を見なさい。手をのばしてわたしのわきにさし入れてみなさい」と優しく語りかけられました。するとトマスはイエスにさわるまでもなく、「わが主よ、わが神よ」とひざまずきました。
やがてイエスは昇天され、肉眼では見えなくなりましたが、「信仰は聞くことによるのであり、聞くことはキリストの言葉から来る」 (ローマ10:17)、御言葉と御霊によってイエスを「見ないで信ずる」ことができるようにされています。疑いや迷い、悲しみや悔しさで霊の眼が曇りやすい私たちの心をイエスはよくご存じで、そんな私たちをも見捨てず、忍耐強く導き続けて下さいます。この後トマスはインドで福音を宣べ伝え、そこで殉教したと言われています。イエスの十字架と復活を確信した者には、もはや迷いも恐れもないのです。

マルコによる福音書15:16~22「無理に背負わされた十字架」

2017年4月9日、マルコによる福音書15:16~22「無理に背負わされた十字架」
死刑囚は十字架の横木を自ら背負い、見せしめのため町中を引き回されながら刑場に向かいました。その定めに従って「イエスはみずから十字架を背負って」(ヨハネ19:17)、総督ピラトの官邸からゴルゴタの丘まで(ラテン語で「ヴィア・ドロローサ」。悲しみの道、の意)歩んでおられましたが、衰弱していたため、十字架を背負って歩き続けることができなくなりました。するとそこに「シモンというクレネ人が、郊外からきて通りかかったので、人々はイエスの十字架を無理に(強制的に労働させる、の意。マタイ5:41「しいて…行かせようとする」と同語)負わせ」ました。
エルサレム詣での最中、世にも恐ろしい十字架を担がされたとき、シモンは己の運命を呪ったことでしょう。著者マルコは「アレキサンデルとルポスとの父シモン」と紹介していますが、何の説明もなしに息子たちの名前を挙げるのは、本書執筆当時、彼らは信者の間で周知の人物であったからでしょう。ルポスの母、すなわちシモンの妻も、パウロにとって信仰の「母」のような存在でした(ローマ16:13)。本来この十字架は、罪人のシモンや私が負うべきものでした。シモンが身代わりになったのではなく、イエスがシモンと私の罪の代わりに背負って死んで下さった十字架です。そうした十字架の真の意味をやがてシモンも悟り、一家を挙げてイエスを信じ、教会でしばしば感動に打ち震えながら証ししていたのではないかと思われます。
そのときはわからなくても、後になってからわかる恵みというものがあります。主が私たちに背負わせなさる十字架は、それを耐え忍ぶなら、やがて祝福に変えられる十字架です。「自分を捨て、日々自分の十字架を負うて」(ルカ9:23)、イエスの後に従っていきましょう。

ルカによる福音書24:1~12「キリストの復活」

2016年3月27日、ルカによる福音書24:1~12「キリストの復活」
十字架上に死んで墓に葬られたイエスの御体に香料を塗り、完全に葬って差し上げようと、彼女たちは「週の初めの日、夜明け前に…墓に行った」。まるで夜明けが待ちきれないかのように墓に急ぐ彼女たちの並々ならぬ愛と熱心が伝わってきます。私たちも毎週このような愛と熱意、飢え渇きをもって礼拝に急ぎ集っているでしょうか。
しかし墓に急ぐ彼女たちの前には大問題がありました。墓の入口をふさぐ大石です。彼女たちはこの大石についてずっと話し合いながら墓まで来ましたが(マルコ16:3「話し合っていた」=話し合い続けていた)、それは全く不要な思い煩いでした。すでに「石が墓からころがして」ありました。約束どおりイエスは死を打ち破って復活されたのです。
墓の大石どころではない人類共通の最大の大石、それは罪と死の大石です。この大石を取り除くために罪の全くない神の御子イエスが来臨され、私たちの罪を背負って十字架につけられ、私たちに代わって神のさばきを一身に受けて死なれましたが、三日目に復活されました。十字架がなくては復活の意味はなく、復活がなくては十字架は完成しません(ローマ4:25)。空っぽの墓は、イエスが罪と死に勝利され、今も生きておられる救い主であること、ただイエスを信じるだけで罪赦されるという救いが完成されたことの証明なのです。
十字架と復活によって、神と私たちとを隔てる途方もない罪と死の大石を「ころがして」下さったイエスは、私たちの人生に立ちはだかる大石をも同様に「ころがして」下さるお方です。それゆえ困難の大石ばかり見つめて失望せず、復活のイエスを仰ぎ信頼するなら(詩篇121:1~2)、すでに「石が…ころがしてある」のを見ることでしょう。

マタイによる福音書21:1~11「子ろばに乗る王なるイエス」

2016年3月20日、マタイによる福音書21:1~11「子ろばに乗る王なるイエス」
イスラエルがエジプトの奴隷状態から解放されたことを記念する過越の祭の真っ最中(ヨハネ12:12)、イエスはエルサレムに入城されました。多くの奇跡を行われてきたイエスこそ、祖国をローマ帝国の支配下から解放する約束のメシヤと考え、「ホサナ(私たちを救って下さい、の意)」(詩篇118:25~26)と熱狂的に歓迎しました。もしイエスが、群集が期待するような政治的解放者なら、軍馬に乗って入城されるはずですが(列王紀上4:26)、群集の期待を拒絶するかのように子ろばに乗って入城されました。これは旧約聖書の成就でした(ゼカリヤ書9:9)。イエスは、政治的・軍事的な王ではなく、人々を罪から解放する平和の王として来られたのです。期待を裏切られた群衆は、数日後には一転して「十字架につけよ」(ルカ23:21)と叫び声を上げることになります。
私たちも以前は、戸口につながれた子ろばのように、罪につながれていた者です(ヨハネ8:34、ローマ6:23)。本来なら私たちが神にさばかれて滅ぼされるべきところ、私たちの罪をイエスが一身に引き受けて十字架につけられ、私たちに代わって神にさばかれて死んで下さいました。そうすることによって、ただ十字架を信じるだけで罪赦され、罪の奴隷から解放される救いの道を開いて下さったのです。
ろばは強情で調教が難しい反面、小さな身体にいっぱいの荷物を背負って運ぶ忍耐強い面もあります。スピードは遅くても、持久力はあります。イエスは、長所もあれば短所もある子ろばのような私たちに目を留め、「主がお入り用なのです」と言って下さるとは、何たる光栄でしょう。私を愛していのちまで捨てて下さったイエスをお乗せし、人々に証詞する「ちいろば」にならせていただきましょう。

マタイによる福音書28:1~10「イエスはよみがえられた」

2015年4月5日、マタイによる福音書28:1~10「イエスはよみがえられた」
「週の初めの日の明け方」、イエスが葬られた「墓を見にきた」ところ、墓石は転がされ、中は空っぽでした。空の墓が意味するのは…
①罪と死に対する勝利
私たち人間は、神に造られ生かされている存在でありながら、神に背いて生きています。この的外れの状態を聖書は「罪」と呼び、「一度だけ死ぬことと、死んだ後さばきを受けることとが、人間に定まっている」(ヘブル9:27)、死んだ後、神のさばきを受けなければなりません。その結果は、「罪の支払う報酬は死」(ローマ6:23)、永遠の滅びです。
この罪と死の大石を取り除くために、イエスは全人類の罪を背負って十字架につけられ、神にさばかれて死なれ、しかし三日目に復活されました。イエスが死んで墓に葬られておしまいであったなら、私たち罪人と何ら変わりがありません。しかし空っぽの墓は、イエスが「かねて言われたとおりに、よみがえられ」、それによって人類最大の敵である罪と死に勝利して救いを完成されたことの証明です(ローマ1:4、4:25、Ⅰコリント15:12~20)。このイエスを信じるなら、すべての罪が赦され、神と共に永遠に生きるのです。イエス復活の朝を境に、十字架と復活を信じる者にとって、死は呪われたものでもすべての終わりでもなく、天国に続く希望のトンネルとなったのです。
②困難に対する勝利
十字架と復活によって罪と死の大石を転がされたイエスは、人生に立ちはだかる困難の大石をも転がして下さるお方です。問題ばかり見つめてうつむかないで、復活のイエスを仰ぎましょう。「ところが…石はすでにころがしてあった」のを見ることでしょう(マルコ16:4)。

ルカによる福音書22:39~46「御心がなるように」

3月29日、ルカによる福音書22:39~46「御心がなるように」
①苦悶の祈り
「杯」は神の怒りの象徴で、十字架上で神の怒りを受けて死ぬことを意味しています。ユダヤでは立って祈るのが普通でしたが、このときのイエスはあまりの苦悶のゆえに、まるで崩れ落ちるように「ひざまずいて」祈られました。それは、十字架上の死は単なる死ではなく、全人類の罪に対する神のさばきとしての死であったからです(Ⅱコリント5:21)。このイエスの苦悶は、この私の罪のための苦悶でした。
②服従の祈り
もし十字架以外に罪を贖う方法があるなら「この杯をわたしから取りのけてください」というのがイエスの本心でした。「しかし、わたしの思いではなく、みこころが成るようにしてください」と何よりも神の御心が実現することを願われました。油搾りという意味の「ゲツセマネ」、それは十字架を前にしたイエスが血の汗を流しながら祈る場所にふさわしい名前です。イエスはちょうどオリブの実のように、神の御心という上石と、人類に対する愛という石うすとの間で砕かれ、すりつぶされ、十字架刑を受け入れられたのです。「御心とは、人間を祝福しようとする神の愛のご計画である」。御心に従って歩むとき、私たちは最も深い満足と喜びを見出すことができるのです。
③勝利の祈り
イエスは祈りの中で御心に服従する決意をして勝利されたので、「祈を終えて立ちあがり」、十字架上で神の怒りの杯を最後の一滴まで飲み干し、十字架を信じるだけで救われるという救いを完成されました。十字架の勝利も、ゲツセマネの祈りの勝利があればこそでした。

ヨハネによる福音書20:11~18「振り返ると復活の主が」

4月20日、ヨハネによる福音書20:11~18「振り返ると復活の主が」
日曜日の早朝マグダラのマリヤが、十字架上で死んで葬られたイエスの墓に行くと、入口の大石は除かれ、遺体がなくなっていました。諦めきれず、「泣きながら、身をかがめて墓の中をのぞくと」、二人の御使から「女よ、なぜ泣いているのか」と語りかけられ、「うしろをふり向くと、そこにイエスが立っておられるのを見」ました。しかし、悲しみと失望の涙で霊の眼が曇っていたからでしょうか、「それがイエスであることに気」づきませんでした。エマオ途上の弟子たちもそうでした(ルカ24:16)。御使同様、イエスも「女よ、なぜ泣いているのか」と語りかけ、続いて「マリヤよ」と優しく名前を呼ばれました。これまで幾度となく耳にしてきた懐かしい呼びかけを聞いたとき、ちょうど羊が自分の羊飼いの声を知っているように(10:3~4)、「この声はイエス様だ」と目が開かれ、「ラボニ(先生、の意)」と叫びました。
私たちの人生にも、失望してうなだれること、泣きたくなるようなことがあります。そんな時、復活のイエスが共におられることを見失って右往左往し、ますます落ち込んではいないでしょうか。しかし復活のイエスは私たちにも、「○○よ、なぜ泣いているのか」と語りかけ、目を開いて下さいます。これは涙の理由を尋ねているのではなく、もう泣く必要はないということです。イエスは罪と死に勝利して復活されたからです。悩みの日にこそ御前に静まり、御言葉に耳を傾けましょう(詩篇50:15)。「うしろをふり向くと、そこにイエスが立っておられるのを見た」。共におられる復活のイエスを認めて仰ぐならば、今抱えている問題がどんなに大きくても、私たちの涙は拭われ、雄々しく立ち上がらせていただけるに違いありません。

ルカによる福音書24:13~32「復活のキリストは今も」

3月31日、ルカによる福音書24:13~32「復活のキリストは今も」
①復活のキリストは今も一緒に歩まれる
エマオ途上の弟子たちが「このいっさいの出来事について…語り合い論じ合っていると、イエスご自身が近づいてきて、彼らと一緒に歩いて行かれ」ました。私たちの人生にも、「悲しそうな顔をして立ちどま」らざるを得ないことが少なくありません。しかしそのとき、私たちの罪のために死んで復活されたイエスは「近づいてきて…一緒に歩いて」下さる上、「その話は、なんのことなのか」「あなたが今抱えている問題は何なのか」と相談に乗り、慰め励まして下さいます。
②復活のキリストは今も聖書を説き明かされる
「わざにも言葉にも力ある預言者でした…望みをかけていました」とすっかり過去のこととして語るほど、また空っぽの墓を見ても復活を信じられないほど絶望していた弟子たちに、イエスは旧約聖書全体から復活の事実を説き明かされました。すると「心が内に燃え」、一度は消え失せていた希望の火が再び燃え始めました。御言葉から離れて目先の現象だけに捕われると、間違いなく失望落胆します。しかし御言葉に聞き入るならば、「心が内に燃え」ることでしょう。
③復活のキリストは今も一緒に宿られる
エマオに近づくと弟子たちは立ち止まりましたが、イエスは「なお先へ進み行かれる様子で」した。そこで弟子たちはイエスを「しいて引き止めて」、「わたしたちと一緒にお泊まり下さい」と願い、共に食卓を囲むうちに霊の眼が開かれ、このお方こそ復活のイエスであると悟りました。私たちもイエスを心の宿にお迎えして、日々イエスを拝して交わり、イエスをより深く知り、愛し従う者とされましょう。

マルコによる福音書15:33~41「わが神、わが神、どうして」

3月24日、マルコによる福音書15:33~41「わが神、わが神、どうして」
十字架につけられたイエスは、苦痛を軽減するための「没薬をまぜたぶどう酒」を拒絶し(23節)、神の怒りの杯を飲み干そうとされました。神のさばきの恐ろしさを象徴する暗闇が全地を覆う中、「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」と叫ばれました。十字架上の第一言では「父よ、彼らをおゆるしください」(ルカ23:34)、神のことを「父よ」と呼ばれていたのに、第四言に至っては「わが神、わが神」と叫ばれています。これは、神との親しい交わりの中にあった御子イエスが、神から完全に見捨てられたことを意味しています。
なぜ罪のない神の御子が神から捨てられなければならなかったのでしょうか。それは、イエスが全人類の罪を代わりに背負い、罪のかたまり、罪そのものとなられたからです(Ⅱコリント5:21)。神は、たとえ愛する御子であったとしても、罪は罪としてさばかずにはいられない義なるお方です。と同時に、御子を犠牲にしてでも、全人類を救わずにはいられない愛なるお方です。この神の義と愛という相矛盾する性質が見事に調和したところが十字架です(新聖歌230番1節)。
イエスが十字架上で息を引き取られると、「神殿の幕が上から下まで真二つに裂け」ました。「神殿の幕」の奥は、大祭司のみ年に一度だけ入ることが許された至聖所です。この至聖所と聖所を隔てる「幕が…真二つに裂けた」のは、十字架を信じる者は誰でもすべての罪が赦され、神との関係が回復され、憚ることなく神に近づくことができるということを意味しています(ヘブル10:19~20)。しかも百卒長が「まことに、この人は神の子であった」と告白したのは、十字架の救いは異邦人にも及ぶ、全人類のための救いであることを意味しています。

マタイによる福音書28:1~10「空っぽの墓」

4月8日、マタイによる福音書28:1~10「空っぽの墓」
「週の初めの日の明け方」、イエスが葬られた「墓を見にきた」ところ、墓石は転がされ、中は空っぽでした。空の墓が意味するのは…
①罪と死に対する勝利
私たち人間は、神に造られ生かされている存在でありながら、神に背いて生きています。この的外れの状態を聖書は「罪」と呼び、「一度だけ死ぬことと、死んだ後さばきを受けることとが、人間に定まっている」(ヘブル9:27)、死んだ後、神のさばきを受けなければなりません。その結果は、「罪の支払う報酬は死」(ローマ6:23)、永遠の滅びです。
この罪と死の大石を取り除くために、イエスは全人類の罪を背負って十字架につけられ、神にさばかれて死なれ、しかし三日目に復活されました。イエスが死んで墓に葬られておしまいであったなら、私たち罪人と何ら変わりがありません。しかし空っぽの墓は、イエスが「かねて言われたとおりに、よみがえられ」、それによって人類最大の敵である罪と死に勝利して救いを完成されたことの証明です(ローマ1:4、4:25、Ⅰコリント15:12~20)。このイエスを信じるなら、すべての罪が赦され、神と共に永遠に生きるのです。イエス復活の朝を境に、十字架と復活を信じる者にとって、死は呪われたものでもすべての終わりでもなく、天国に続く希望のトンネルとなったのです。
②困難に対する勝利
十字架と復活によって罪と死の大石を転がされたイエスは、人生に立ちはだかる困難の大石をも転がして下さるお方です。問題ばかり見つめてうつむかないで、復活のイエスを仰ぎましょう。「ところが…石はすでにころがしてあった」のを見ることでしょう(マルコ16:4)。

ページ移動