記事一覧

マタイによる福音書2:1~12「喜びあふれるクリスマス」

2017年12月24日、マタイによる福音書2:1~12「喜びあふれるクリスマス」
今までにない星が夜空に輝くのを見た「博士たち(新共同訳「占星術の学者たち」)」は、救い主誕生のしるしと確信し、千㎞以上もの長旅を続けてユダヤに到着し、遂に救い主に「会い、ひれ伏して拝み…黄金・乳香・没薬などの贈り物をささげ」ました。神はやがて救い主が到来するということを度々約束してこられ、博士たちは神の約束は時が来ると必ず実現するということを今回まざまざと体験し、神とその御言葉に従っていけば間違いないと確信したので「非常な喜びにあふれ」、高価な贈物を惜しみなく献げずにはいられなかったのです。
人が真に幸いな人生を送ることができない最大の原因は、「はじめに神は天と地とを創造された」(創世記1:1)、この造り主なる神を第一としない的外れの罪にあり、この罪の問題を解決するために御子イエスは降誕され、十字架と復活によって救いを完成されたのです。イエスを救い主と信じ受け入れるなら、聖書に記されている神の約束が自分のものとなります。たとえば、「恐れてはならない、わたしはあなたと共にいる。驚いてはならない、わたしはあなたの神である。わたしはあなたを強くし、あなたを助け、わが勝利の右の手をもって、あなたをささえる」(イザヤ書41:10)。万事休すと思えるようなときにも、神は「あなたと共にい」て、「あなたを強くし…助け…ささえ」て下さいます。また、「神は、神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと共に働いて、万事を益となるようにして下さる」(ローマ8:28)。すべてのことの背後には神の愛のご計画があり、マイナスと思える体験も必ず感謝と喜びに変えて下さいます。イエスを信じて「非常な喜びにあふれ」る人生に入れていただきましょう。

ルカによる福音書15:11~24「走り寄る神」

2017年12月17日、ルカによる福音書15:11~24「走り寄る神」
弟息子は父親から財産を分与されると、早速父親の目の届かない遠い所へ行って自由奔放な生活をした挙句、破局を迎えました。幸いにも弟息子が「本心に立ちかえ」ると、見えてきたものがありました。それは、自分の自由を束縛する監視人のように父親を認識していましたが、父親がいたからこその恵まれた生活であったことです。弟息子は父親に謝ろうと家に帰るのですが、「まだ遠く離れていたのに、父は彼をみとめ、哀れに思って走り寄り、その首をだいて接吻し」ました。この父親こそ父なる神の姿であり、弟息子こそ神に背を向けて歩む人間の姿です。私たちが持っているいのちも健康も才能も、実はすべて神から与えられたものであるのに、神に感謝することもなく自分勝手に歩んでいます。この的外れの罪から救い出し、神のもとに立ち帰る道を開くために、約2000年前、神は御子イエスを人の子として遣わされたのです。クリスマスの出来事です。罪を悔い改めてイエスを信じ、神に一歩踏み出すとき、神はそれ以上に走り寄り、罪を赦し、神の家族に迎え入れて下さるのです(ヤコブ4:8)。
神を抜きにして自己実現をひたすら追求し、上を上を目指す生き方には、必ず限界、行き詰まりがあります。あなたも弟息子のように自分の力だけを頼りに歯を食いしばって頑張り、ボロボロに疲れ果てていませんか。愛なる神は、そんなあなたを抱きしめたい、真の安息を与えたい、真に充実した人生を送ってほしいと願い、あなたが方向転換するのを今か今かと待ち構えておられます。「自分一人で頑張って生きるのはもうやめてはどうか。これからはこのわたしと共に生きてみないか」と神はあなたに呼びかけておられるのです。

マタイによる福音書25:1~13「目をさましていなさい」

2017年12月10日、マタイによる福音書25:1~13「目をさましていなさい」
花婿を迎えるためにあかりを持って待機していた十人のおとめは、「花婿の来るのがおくれたので…みな居眠りをして、寝てしま」い、「夜中に、『さあ、花婿だ、迎えに出なさい』と呼ぶ声がした」ときには、「あかりが消えかかっていました」。予備の油を用意していなかった五人は「買いに出ているうちに、花婿が着い」て締め出され、用意していた五人だけが「花婿と一緒に婚宴のへやにはいり」ました。
この譬え話は、天国の扉は一度閉じられると、もう二度と開かれないので、扉が開いているうちに入らなければならないことを教えています。では、いつまで開いているのか、キリスト再臨までです。いつキリストは再臨されるのか、父なる神だけがご存じです(24:36)。どうしたら天国に入れるのか、罪の悔い改めとイエスの十字架を信じる信仰によってのみです(使徒行伝20:21)。そうでなければ「罪の支払う報酬は死」(ローマ6:23)、永遠の滅びを刈り取ることになります。
また、キリスト再臨に対して常に目を覚まして用意をしていなければならないことをも教えています。何から何までほとんど同じ両者の間に、ただ一つ決定的な相違点がありました。予備の油を用意していたか否かです。「油」とは、常に備えのできた信仰のことでしょう。そのためには聖霊の助けが不可欠です。思慮深い五人の眠りはいつでも備えのできているゆえの安心した眠りであり、思慮の浅い五人の眠りは油断した眠りなのでしょう。あなたは、キリストがいつ再臨されても恥ずかしくない歩みをしているでしょうか。「わたしはすぐに来る」と言われるイエスに対して、「アァメン、主イエスよ、きたりませ」と胸を張って言えるでしょうか(黙示録22:7、12、17、20)。

ヨブ記19:21~27「私を贖う者は生きておられる」

2017年12月3日、ヨブ記19:21~27「私を贖う者は生きておられる」
「そのひととなりは全く、かつ正しく、神を恐れ、悪に遠ざかった」ヨブでしたが、一瞬のうちに子や僕、家畜等を失い、自分は悪性の皮膚病に苦しむという試練に次々襲われました。妻からは「神をのろって死になさい」と罵られ(1:1~2:10)、友人たちからは「不義を耕し、害悪をまく」(4:8)から試練に遭うのだ、と因果応報論で責め立てられます。義人がなぜ試練に遭わねばならぬのか、とますます苦悩する中、「わたしをあがなう者(ゴ-エ-ル、買戻しの権利のある親戚)は生きておられる」、親戚以上に親身になって自分のことを心配し、弁護して下さる方が天におられることに目が開かれました。このときヨブは、来たるべき真のゴ-エ-ル、イエス・キリストを指し示していたのです。
時満ちて降誕されたイエスは、十字架と復活によって、信じる者の罪を赦し、永遠のいのちを与える救いを完成されました。さらに天の父なる神の右に座し、私たちの弁護者として神にとりなし祈っておられます(Ⅰヨハネ2:1)。また、人となられたイエスは様々な試練や苦悩をなめ尽くされたので(讃美歌532番2節「主の受けぬ試みも 主の知らぬ悲しみも うつし世にあらじかし いずこにも御跡見ゆ」)、私たちの弱さや苦悩に共感し、助けることがおできになります(ヘブル2:17~18、4:15)。
ヨブには苦難の理由は最後まで知らされませんでした。私たちを襲う試練や苦難の理由も、この地上では完全に理解することはできませんが、御子イエスを十字架の死に渡すほど私たちを愛しておられる神が、意味もなく私たちを苦しめるようなことなど絶対なさいません。試練に遭っても、自分を責めたり神を恨んだりせず、「わたしをあがなう者は生きておられる」、イエスを仰ぎ信頼しましょう。

ヨハネによる福音書3:16「最上の贈り物」

2016年12月25日、ヨハネによる福音書3:16「最上の贈り物」
①神の愛の事実…「神は…この世を愛して下さった」
最初に「神は」とあり、聖書の冒頭でも「はじめに神は天と地とを創造された」(創世記1:1)と宣言するように、永遠の昔から存在される唯一真の神が天と地とその中に満ちるすべてのもの、そして私たち人間も創造されました。この神は、背く者や愛するに値しない者をも「高価で尊い」存在として愛さずにはいられない愛なる神です(イザヤ書43:4)。
②神の愛の程度…「そのひとり子を賜わったほどに」
神と共に永遠の昔からおられる「ひとり子(イエス・キリスト)」は、今から約2000年前、天の栄光をかなぐり捨てて罪と汚れに満ちた地上に人の子として降誕された上、その最期は十字架刑でした。神は、大切な「ひとり子」が地上でどんな目に遭うかを重々承知の上で、惜しみなく与え尽くすほど「この世(私たち一人一人)を愛して下さった」のです。
③神の愛の目的…「御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るため」
「ひとりも滅びないで」とは、裏を返せば、人は皆そのままでは滅びるべき存在だということです。人は皆、創造主なる神とその御言葉に背いて自分勝手に生きてきた罪人だからです。神は、罪は罪としてさばかずにはいられない義なるお方ですが、罪人がさばかれて永遠に滅びるのを看過できない愛なるお方でもあります。そこで神は、御子に全人類の罪を背負わせて十字架につけ、罪人をさばく代わりに御子をさばくことにより、「永遠の命を得る」道を開かれました。この救いを得るのに必要な条件は、罪の悔い改めと「御子を信じる」信仰のみです(使徒20:21)。神の愛をこれ以上拒絶し、御心を悲しませてはなりません。神の愛の贈り物イエスを信じ受け入れましょう。

マタイによる福音書1:1~17「イエス・キリストの系図」

2016年12月18日、マタイによる福音書1:1~17「イエス・キリストの系図」
①来臨の事実
有名な王(ダビデやソロモン他)が登場する系図がキリストにあるということは、キリストが神話や昔話の類に出てくるような想像上の人物ではなく、歴史上確かに実在したお方であることを示しています。
②来臨の実現
ダビデの子孫からキリストが降誕されることを、神はダビデや預言者たちに約束されていました(サムエル記下7:12、イザヤ書9:6~7他)。「アブラハムの子であるダビデの子、イエス・キリストの系図」という書き出しは、キリストの来臨は偶発的な出来事ではなく、旧約聖書に度々約束されていた神の救いのご計画の成就であることを示しています。
③来臨の目的
この系図には、悪王(マナセ他)や、異邦人・遊女等の4人の女性タマル(創世記 第38章)、ラハブ(ヨシュア記 第2章)、ルツ(ルツ記)、ウリヤの妻(バテシバ。サムエル記下 第11章)が登場します。キリストの系図は、人間の罪の匂いがその間から立ち込めてくるような系図です。「このマリヤからキリストといわれるイエスがお生まれになった」とは、キリストが罪に汚れた全人類の真っ只中に人の子として来られたことを示しています。キリストは実に全時代・全人類の罪の連帯責任を負い、ご自分の罪として引き受けて十字架につけられ、身代わりの死を遂げるために来臨されたのです。どんなに罪と汚れと失敗に満ちた過去があろうと、このキリストを信じるならば、愛と祝福に満ちた全く新しい生涯に造り変えられる、人生をやり直すことができるばかりか、「祝福の基」とされるのです(ローマ3:23、Ⅱコリント5:17、創世記12:2)。

マタイによる福音書1:18~25「インマヌエル、神われらと共にいます」

2016年12月11日、マタイによる福音書1:18~25「インマヌエル、神われらと共にいます」
①イエス(主は救い、の意)
婚約者マリヤのお腹が日に日に大きくなるのを見て、「ひそかに離縁しようと決心した」ヨセフの夢に現れた御使は、「心配しないで(新改訳「恐れないで」)」と語りかけました。私たちは些細なことでもすぐに恐れやすい存在です。「はじめに神は天と地とを創造され…自分のかたちに人を創造された」ゆえ(創世記1:1、27)、神を人生のはじめに置いて、神に的を合わせて生きるとき、最も幸福な人生を送ることができるよう造られています。一人ひとりのために最善のご計画をお持ちの神を締め出して生きているから、迷信や占いに頼り、将来に対して不安になるのです。私たちをこよなく愛しておられる神を締め出しているから、絶えず人と比べ、人の目を恐れるのです。また死後、神のさばきがあることを本能的に知っているからこそ、死を恐れるのです。様々な恐れの原因は、神を締め出して生きる的外れの罪にあり、この罪と滅びから私たちを救うためにイエスは人の子として降誕され、全人類の罪を背負って十字架上で死んで下さったのです。
②インマヌエル(神われらと共にいます、の意)
イエスが聖霊によって母マリヤの胎に宿られたように、イエスを信じて罪赦された者の内にイエスはお宿り下さいます(28:20)。私たちと同じ人となり、人が経験する苦悩をなめ尽くされたイエスは、私たちに心底同情することができるお方です(ヘブル3:17~18、4:15)。イエスを信じる前は、人生の重荷のすべてを自分で背負い込み、自分の力で何とかしなければなりませんでしたが、イエスを信じた後は、イエスが共に重荷を負って歩み、荒波を乗り越えさせて下さるのです。

へブル人への手紙9:23~28「キリストの初臨と再臨」

2016年12月4日、へブル人への手紙9:23~28「キリストの初臨と再臨」
①キリストの初臨(25~28a節)
「世の終りに、一度だけ現れた」とは、キリストが人の子として降誕された初臨のことです。旧約時代、「大祭司は、年ごとに、自分以外のものの血をたずさえて聖所にはい」り、まず自分と自分の家族、次にイスラエル全体の罪の贖いをしました。贖罪の日(レビ記 第16章、太陽暦の9~10月)を迎えるたびに、毎年毎年繰り返さなければならない不完全な贖いでした。それに対して永遠の大祭司キリストは、「たびたびご自身をささげられるのではな」く、十字架上に「一度だけご自身をささげられ」、「やぎと子牛との血によらず、ご自身の血によって…永遠のあがないを全うされ」ました(12節)。二度と繰り返す必要のない、一度にして完全な贖いでした。人は皆、「死んだ後さばきを受け」、永遠の滅びを刈り取るべき罪人ですが、ただ十字架を信じるだけですべての罪が赦されるという救いの道を開いて下さったのです。
②キリストの再臨(28b節)
「二度目に現れて」とは、キリストの再臨のことです。それは、十字架上で再び「罪を負うためではなしに」、「彼を待ち望んでいる人々に…救を与え」、完成するためです。キリストの初臨、十字架と復活によって神の国(神の恵みによる支配)は「すでに」到来していますが、「いまだ」完成していません。悪魔が働き、罪悪が蔓延しています。しかしキリストが再臨されると、悪魔と罪は全く滅ぼされ、神の民は永遠に神と共に住む、神の国が完成します。私たちはこの「すでに」と「いまだ」の間の緊張状態の中に生かされているのです。常に心の目を覚まして、再臨のキリストを待ち望みつつ歩みましょう(マタイ25:1~13)。

エレミヤ書23:1~8「一つの正しい若枝を起こす」

2016年11月27日、エレミヤ書23:1~8「一つの正しい若枝を起こす」
イスラエルの王は、「牧場の羊」なる神の民を「養う牧者」であるべきなのに、民を「散らし…追いやって顧みなかった」ので、バビロン捕囚というさばきを刈り取るのですが、主は再び民を「集め…帰らせ…数が多くなる」と回復を約束されただけでなく、「見よ、わたしがダビデのために一つの正しい枝(メシヤ)を起す日がくる。彼は王となって世を治め、栄えて、公平と正義を世に行う」とも約束されました。
この預言はイエスによって真に成就しました。人間の牧者は正しく民を導くことができなかったので、主は真の牧者なるイエスをお送り下さったのです。イエスご自身、「わたしがきたのは、羊に命を得させ、豊かに得させるためである。わたしはよい羊飼である。よい羊飼は、羊のために命を捨てる」と言われたとおり(ヨハネ10:10~11)、私の罪の身代わりとして十字架につけられて死に、よみがえって下さいました。「公平と正義を世に行う」イエスは、何の役にも立たない「傷ついた葦を折ることなく」、煙たいだけで少しも明るくない「ほのぐらい灯心を消すことな」いお方です(イザヤ書42:3、マタイ12:20)。事実イエスは、町中の嫌われ者であった取税人マタイやザアカイ、男性遍歴を繰り返すサマリヤの女等を見捨てず、どこまでも可能性を信じて救いに導かれました。もし自分自身に愛想を尽かしているなら、自分の伴侶や子どもに失望しているなら、「傷ついた葦を折ることなく、ほのぐらい灯心を消すことな」いイエスの愛を信じましょう。自分自身の内にある可能性、あの人の内にある可能性を見出し、信じ続けましょう。イエスは、傷つき倒れ、悩み苦しむ者の友として来て下さり、優しく慰め、希望を与えて下さる真の救い主なのです。

ルカによる福音書2:8~20「キリストの降誕」

2015年12月20日、ルカによる福音書2:8~20「キリストの降誕」
神の御子イエスが人の子として降誕されたことを真っ先に知らされたのは貧しい羊飼たちで、御使の第一声は「恐れるな」でした。人は些細なことでもすぐに恐れやすい存在です。たとえば、迷信に対する恐れ、他人の目に対する恐れ、将来に対する恐れ、死に対する恐れがあります。こうした恐れの原因は何か。聖書は、真の神を人生から閉め出していることにあると言います。「はじめに神は天と地とを創造された」(創世記1:1)。この神を人生の「はじめに」置き、神に的を合わせて生きるとき、人は最も幸福な人生を送ることができるよう造られているのに、神を締め出して生きるから、迷信や占いに頼らざるを得なくなり、将来に対して不安になるのです。「わたしの目には、あなたは高価で尊い」(イザヤ43:4、新改訳)と私たちの中に絶大な価値を見出しておられる神を無視して生きるから、人と比べて落ち込んだり、人の目を恐れたりするのです。死んだ後、神のさばきがあること、このままでは神に前に立てないことを本能的に知っているから、死に対して恐れを抱くのです。このようにありとあらゆる恐れの原因は、神を閉め出して生きる「罪」にあると言えるでしょう。
この罪の問題を解決するためにイエスは降誕されたのです。この私が自分の罪のために神にさばかれて滅びるところ、イエスが私に代わって十字架上につけられ、神にさばかれて死んで三日目によみがえり、罪からの救いの道を完成して下さいました。ボロボロの普段着のまま「急いで行って」イエスを礼拝した羊飼たちのように、罪に汚れたそのままの姿でイエスの前に出、イエスを私の救い主と信じ受け入れるなら、イエスがその心を赦しきよめて下さるのです。

ページ移動