記事一覧

ヨハネの第三の手紙 9~15「悪にならわないで、善にならいなさい」

2017年11月26日、ヨハネの第三の手紙 9~15「悪にならわないで、善にならいなさい」
「みんなのかしらになりたがっているデオテレペス」は、人々から敬愛されている使徒ヨハネの存在が目障りで、ヨハネたちを「受けいれ」ないで「口ぎたなく…ののしり」、さらには「受けいれようとする人たちを妨げて、教会から追い出してい」ました。一方、デメテリオは、「あらゆる人も…真理そのものも…わたし(ヨハネ)たちも」、この人なら間違いないと証しする、折り紙付きの信者でした。教会には、「善を行なう」良い模範だけでなく、「悪を行う」悪い模範もあります。
デオテレペスと正反対の歩みをしたのがバプテスマのヨハネでした(ヨハネ3:22~30)。イエスが公生涯にお立ち上がりになると、人々の人気はヨハネからイエスに移っていきましたが、ヨハネは少しも腐らず、「彼は必ず栄え、わたしは衰える」と言ってイエスに道を譲り、表舞台から静かに消えていきました。己の分・己の使命を正しく認識し、他人と比較したり競争したりする必要など全くないこと、自分に与えられた使命を果たすことこそ最上の喜びであることを知り、約束の救い主イエスがあがめられることだけを望んでいたからです。
「キリストを知らず、イスラエルの国籍がなく、約束されたいろいろの契約に縁がなく、この世の中で希望もなく神もない者であった」私たちが「救われたのは、実に、恵みにより、信仰による」のです(エペソ2:11~13)。このことが真にわかっているなら、神の前にも人の前にも「かしらになりたが」ることなでできないはずです。特権や権利等を捨てて、神の僕として互いに仕え合うところ、それが教会です。「悪にならわないで、善にならい」、後に続く人たちのために良い模範・目標になってほしい、と神はあなたに期待しておられるのです。

ヨハネの第三の手紙 5~8「愛に生きるガイオ」

2017年11月19日、ヨハネの第三の手紙 5~8「愛に生きるガイオ」
貧しいキリスト者が多く、悪名高い宿屋が少なくなかった当時、同信の旅人をもてなすのはキリスト者の良い習慣で(ローマ12:13、ヘブル13:2)、ガイオも家庭を開放して、伝道のため「旅先にある者につくしてい」ました。彼らが伝道を終えて教会に帰ると、ガイオがいかに心を込めてもてなしてくれたか、大きな感動をもって「諸教会で…(ガイオ)の愛についてあかしをし」、諸教会も大きな喜びで溢れました。
多くの家庭が崩壊し、子どもたちが深く傷ついている現代、初代教会の良い習慣が見直され、回復される必要があるのではないでしょうか。家庭の開放や愛のもてなしは難しいという場合も、神と人のために、あなたにしかできない何かがあるのではないでしょうか。嘆き悲しむ人に寄り添い、慰め励ますこともそうです。世界に出て行くことはできなくても、祈りと献金で世界宣教の一端を担う「真理のための同労者」になることもそうです。神と人のために自分にできることが何かないか考え、勇気をもって実践していきたいものです。
ガイオは、真理に生きると同時に愛に生きる人、真理と愛がバランスよく共存する、成熟したキリスト者でした。イエスの父ヨセフも、律法に対する正しさとマリヤに対する愛の板挟みで苦しみました(マタイ1:18~25)。そしてイエスも「めぐみとまこととに満ちてい」ました(ヨハネ1:14)。どうしたらそうなれるのでしょうか。それは、聖霊が内に宿り、満ち満ちて下さるならば可能となります。なぜなら、聖霊は「真理の御霊」であり(ヨハネ14:17)、御霊の実の第一は「愛」だからです(ガラテヤ5:22~23)。聖霊に満たされて生きるとき、自ずから真理と愛に根差した「真理のための同労者」になることができるのです。

ヨハネの第三の手紙 1~4「真理に生きるガイオ」

2017年10月15日、ヨハネの第三の手紙 1~4「真理に生きるガイオ」
イエスは「道…真理…命」(ヨハネ14:6)であり、「御言は真理」(ヨハネ17:17)です。いかに時代が変わろうとも、これが永遠不変の真理であることを私たちに教えるのが「真理の御霊」(ヨハネ16:13)です。この御霊によって悔い改めと信仰に導かれて救われたら卒業ではありません。そこから聖書の真理を生活の中で実践する歩みが始まるのです。ガイオはヨハネの導きで救われた後、「真理のうちを歩いている」との評判を聞いたヨハネは、「わたしの子供たちが真理のうちを歩いていることを聞く以上に、大きい喜びはない」と喜びを爆発させました。
「子どもたちが育つ社会は、真理や道徳に関する概念をほとんど否定してしまい、何が正しくて何が悪いのかを決める能力を失ってしまったのである。真理は好みの問題となり、道徳も個人の好みの問題に取ってかわってしまった」(『教会からクリスチャンホームの子がいなくなる』)時代だからこそ、ガイオのように本気で神を愛し、本気で聖書の真理に堅く立って歩むキリスト者が求められています。私たちは、“walking dictionary”(歩く辞書)ならぬ“walking Bible”(歩く聖書)です。世の多くの人々は活字の聖書は読みませんが、歩く聖書である私たちの生活を見、それを通して聖書の真理を読んでいます。純粋な「塩」は、少量でも大きな影響力を持っています(マタイ5:13)。日本でキリスト者は圧倒的少数派ですが、真理に堅く立って歩む純粋な「地の塩」であるならば、やがて日本全体にその恵みが浸透していき、祝福されていくことでしょう。親にとっては、血を分けた「子供たちが真理のうちを歩いていること」こそ何よりの喜びです。各家庭にこの御言葉が実現し、信仰が継承されていくよう祈り励みましょう。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ