記事一覧

ヨハネの第一の手紙5:21「偶像を警戒せよ②」

2017年11月12日、ヨハネの第一の手紙5:21「偶像を警戒せよ②」
何が偶像かを見極める四つの方法(ティモシー・ケラー著『偽りの神々』)とは、⑴一人だけのときに考えることやすることに注目する。「あなたの宗教とは、あなたが一人だけのときにすることだ」(ウィリアム・テンプル師)。それがあなたの中で神以上の地位を占めている偶像かもしれません。⑵金銭の使い方に注目する。家や子どものため、服や趣味等のために使った残り物を神に献げるというような金銭の使い方をしているとするなら、それが偶像かもしれません。⑶答えられなかった祈りと、なかなか実現しない希望に対する反応に注目する。「求めても与えられないのは、快楽のために使おうとして、悪い求め方をするからだ」(ヤコブ4:3)。答えられない祈りは、もしかしたら私たちに何か大切なことに気づかせようとする神の愛の呼びかけかもしれません。⑷最も自制できない感情に注目する。劣等感や妬み、不平不満や怒り等の根っこに、成功や自己義認等の偶像が潜んでいることがあります。
自分の心の中にも偶像があることを正直に認め、偶像を捨て去ることは幸いですが、実はこれだけでは真の解決にはなりません。「人間の性質とは、いわば絶えることのない偶像工場」(カルヴァン)で、早晩また新しい偶像を迎え入れることになるからです。だからこそパウロは「あなたがたはキリストと共によみがえらされたのだから、上にあるものを求めなさい…あなたがたは上にあるものを思うべきであって、地上のものに心を引かれてはならない」(コロサイ3:1~2)と言うのです。イエスが莫大な犠牲を払って救って下さったことを感謝し、イエスによって心が満たされて満足しているならば、もはやこの世の空しい偶像に心奪われたり惑わされたりすることなどないのです。

ヨハネの第一の手紙5:21「偶像を警戒せよ」

2017年10月8日、ヨハネの第一の手紙5:21「偶像を警戒せよ」
「子たちよ。気をつけて、偶像を避けなさい(直訳「偶像から自分自身を守りなさい」)」。ヨハネは愛に満ちた警告を記して筆を置きます。「神から生れたかたが彼を守っていて下さるので、悪しき者が手を触れるようなことはない」(18節)との約束があっても、私たちの側でも、この約束を信じて偶像から自分自身を守るよう努める責任があります。
真の神は目に見えない霊的存在ですから、目に見える神は間違いなく偽物・偶像です。しかし目に見えるものだけが偶像ではありません。自分の心が神以外の何かのために生きている状態、神なしでもこれさえあれば大丈夫と考えているものも偶像です(「学歴信仰」「拝金主義」等)。「貪欲は偶像礼拝にほかならない」(コロサイ3:5)。「人の心には、イエスさましか満たすことのできない渇きがあります。ですから、イエスさまから恵みの水を受ける前は、ありとあらゆる『モノ』で渇きを癒そうとしてしまいます。『モノ』で心の渇きを癒そうとする結果、いつの間にか、それなしではやっていけない、ある種の依存症に陥ります。この依存症は聖書の言葉を使えば『偶像礼拝』に陥るということです。偶像礼拝の特徴は『もっと、もっと』とエスカレートするところにあります…C.S.ルイスはそのような生き方の先は地獄だと言いました」(松本雅弘師)。今日は十分であっても明日になれば不満が芽生えかねない私たちに、神はこう言われます。「何を食べようか、何を飲もうか、あるいは何を着ようかと言って思いわずらうな…まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられるであろう」(マタイ6:31、33)、「おおよそ主にたより、主を頼みとする人はさいわいである」(エレミヤ書17:7)。

ヨハネの第一の手紙5:20「私たちの確信―御子の来臨」

2017年8月20日、ヨハネの第一の手紙5:20「私たちの確信―御子の来臨」
キリスト者の第五の確信は、「神の子がきて、真実なかたを知る知力をわたしたちに授けて下さった」ということです。永遠の初めから神と共に天におられたキリストが、「言は肉体となり、わたしたちのうちに宿った」(ヨハネ1:14)、「わたしたちが聞いたもの、目で見たもの、よく見て手でさわったもの…わたしたちに現れた」(1:1)とあるように、私たちと同じ人の姿をとって来臨されました。それは、目に見えない神がどのようなお方であるかを表すためであり(ヨハネ1:18)、キリストは今もその生涯と人格、説教と奇跡を通して私たちに語りかけておられます(ヘブル1:1)。神が人となられただけでも想像を絶することであるのに、何と罪の全くないキリストが「わたしたちの罪のためにあがないの供え物として」(4:10)十字架につけられて死なれたのです。
私たちがこの真理に目が開かれ信じることができるのは、「神の子がきて、真実なかたを知る知力をわたしたちに授けて下さった」からに他なりません。そうして十字架を信じる者は「永遠のいのち」を得、「真実なかたにおり、御子イエス・キリストにおる」、「神はその人のうちにいまし、その人は神のうちにいる」(4:15)のです。復活のイエスは「父と子と聖霊との名によって(中に、の意)…バプテスマを施し」(マタイ28:19)と言われました。悔い改めと信仰によって救われた者は、三位一体の神の中に結合されています。だから「見よ、わたしは世の終りまで、いつもあなたがたと共にいる」(マタイ28:20)と言われたのです。
「神の子がきて、真実なかたを知る知力をわたしたちに授けて下さったことも、知っている(知り続けている)」。神の恵みがいかに広く長く高く深いものであるか、生涯かけて味わい知り続けていきましょう。

ヨハネの第一の手紙5:19「私たちの確信―神に属する者」

2017年8月13日、ヨハネの第一の手紙5:19「私たちの確信―神に属する者」
キリスト者の第四の確信は、「わたしたちは神から出た者(新共同訳「神に属する者」)」だということです。しかし以前は「悪しき者(悪魔)の配下に(~の中に横たわっている、の意)」あり、「自分の罪過と罪とによって死んでいた者」(エペソ2:1)でした。放蕩息子が戻って来たとき、父が「このむすこが死んでいたのに生き返り」(ルカ15:24)と言ったように、肉体的には生きていても霊的には死んでいました。そのため「生れながらの怒りの子で」(エペソ2:3)、神の怒りを受けて永遠の滅びを刈り取るべき者でした(ヘブル9:27、ローマ6:23)。「しかるに、あわれみに富む神は」(エペソ2:4)御子イエスの十字架と復活によって救いを完成され、「恵みにより、信仰によ」って(エペソ2:8)「神から生れ」(18節)、「神に属する者」として下さいました。「私たちが滅びうせなかったのは、主の恵みによる。主のあわれみは尽きないからだ」(哀歌3:22、新改訳)とあるように、「主の恵み…主のあわれみ」以外の何ものでもありません。
「良いわざに熱心な選びの民(文語訳「特選の民」)」らしく「良い行いをして日を過ごす」ことにより、私たちの作者・造り主である神がいかにすばらしいお方であるかが人々に明らかにされることを神は望んでおられるのです(エペソ2:10、テトス2:14)。私たちはこの世の基準からすれば、特選どころか、佳作や入選にさえ選ばれるかどうかわからない、まさに「無きに等しい者」(Ⅰコリント1:28)です。そんな私たちのために「キリストが…ご自身をささげられた」というのですから、何と驚くべきことか。それほど神は私たちを「高価で尊い」存在とみなしておられ、期待されているということです。それゆえ「神に属する者」「特選の民」という身分を忘れて、神の御名を汚してはなりません。

ヨハネの第一の手紙5:18「私たちの確信―罪の中に生きない」

2017年7月30日、ヨハネの第一の手紙5:18「私たちの確信―罪の中に生きない」
キリスト者の第三の確信は、「すべて神から生れた者は罪を犯さない(新改訳「罪の中に生きない」」ことで、その理由が二つ記されています。
①神から生まれたゆえ
不完全さゆえの罪や失敗はありますが、平気で習慣的に罪を犯し続けることなどもはやできないのがキリスト者です。罪を悔い改めて十字架を信じることによって(使徒行伝20:21)、「神から生れた者」、「新しく(上から、新たに、の意)生れ」(ヨハネ3:3)た者には、「神の種(神の御言葉、神の御霊、神の性質)が、その人のうちにとどまっているから」(3:9)です。
②キリストの守りゆえ
「悪しき者(悪魔)」は「ほえたけるししのように、食いつくすべきものを求めて歩き回って」(Ⅰペテロ5:8)、神に従って歩もうとする者に戦いを挑んできます。キリストに対しても、神の救いのご計画を台無しにしようとして、公生涯の最初から最後まで執拗に誘惑し続けました(マタイ4:1~11、16:21~23、27:39~44他)。この悪魔の手ごわさをよくご存じのイエスは、十字架前夜、「御名によって彼らを守って下さい…彼らを悪しき者から守って下さる」(ヨハネ17:11、15)ように、と祈られました。羊飼いは夕方、羊を家の中庭に造られた「羊の囲い」に連れ帰り、「門番」が一晩中警備し、ときには羊飼い自身が門に身を横たえて休み、狼や羊泥棒から守りました(ヨハネ10:1~18)。このようにキリストが体を張って時々刻々「守っていて下さるので、悪しき者が手を触れる(害を与えるためにしっかりつかむ、の意)ようなことはない」と信じて、キリストに信頼して歩むならば、「救にあずかるために、信仰により神の御力に守られている」(Ⅰペテロ1:5)ということが実現するのです。

ヨハネの第一の手紙5:16~17「私たちの確信―祈り②」

2017年7月23日、ヨハネの第一の手紙5:16~17「私たちの確信―祈り②」
「何事でも…願い求めるなら、神はそれを聞きいれて下さる」という確信は、とりなしの祈りへと導かれていくはずです。「だれかが死に至ることのない罪を犯している兄弟を見」ても、もし愛がなければ、「自分とは関係ない」と見て見ぬふりをするか、心の中で軽蔑するか、人々に面白おかしくふれ回るかのいずれかでしょう。しかし永遠のいのちを得、祈りは聞かれることを確信している者はそうであってはならない、「神に願い求めなさい」とヨハネは言います。しかし「死に至る罪…については、願い求めよ、とは言わない」と言いますが、「願い求めよ、とは言わない」であって、「願い求めるな。願い求める必要などない」とは言っていません。これは、祈るべき場合と祈るべきでない場合とをしっかり見分けよ、と言っているわけでは決してないのです。「死に至ることのない罪」か「死に至る罪」かは、私たち人間が決めるべきことではなく、神がお決めになることであって、神の領域です。私たちがなすべきことは、判別することではなく、そのような兄弟姉妹をなおも愛して、とりなし祈ることなのです。
兄弟姉妹が真理の道・信仰の道からそれたり後退したりしている場合も、それを傍観・放任するのでなく、自分のことのように痛みを感じ、「迷いの道から引きもどす」努力をする責任があります(ヤコブ5:19~20)。忠告を拒絶されても、なおさらその人のために熱心に祈りましょう。「もしあなたがたのうちのふたりが、どんな願い事についても地上で心を合わせるなら、天にいますわたしの父はそれをかなえて下さるであろう。ふたりまたは三人が、わたしの名によって集まっている所には、わたしもその中にいるのである」(マタイ18:15~20)。

ヨハネの第一の手紙5:14~15「私たちの確信―祈り」

2017年7月9日、ヨハネの第一の手紙5:14~15「私たちの確信―祈り」
キリスト者の第二の確信は、「わたしたちが何事でも…願い求めるなら、神はそれを聞きいれて下さる」ということです(3:22、ヨハネ14:13)。ただし、「神の御旨に従って願い求めるなら」という条件付きです。イエスは十字架前夜、「この杯をわたしから過ぎ去らせてください」と三度も祈られましたが、十字架以外に救いの方法はないというのが「神の御旨」でした(マタイ26:36~46)。パウロは肉体的弱さを取り除いてくれるよう何度も祈りましたが、「わたしの恵みはあなたに対して十分である。わたしの力は弱いところに完全にあらわれる」というのが「神の御旨」でした(Ⅱコリント12:1~10)。祈ったとおりには答えられない祈りが確かにあります。「天にいますあなたがたの父はなおさら、求めてくる者に良いものを下さらないことがあろうか」(マタイ7:11)とあるように、神は、「祈ったとおりのもの」ではなく、私たちにとって真に「良いもの」だけをお与え下さいます。私たちが祈り願う以上に、神ははるかにすばらしい御旨を持っておられるお方なのです。それゆえ、祈ったとおりに答えられたときはもちろん感謝ですが、そのとおりに答えられなかったときにも神に感謝すべきでしょう。
「神に願い求めたことはすでにかなえられた(持っている、の意)」とは、今ささげた祈りはその瞬間神に聞かれ、祈りの答えをすでに持っており、あとは神がいかにその答えを見せて下さるかだけだ、ということです(マルコ11:24)。「天地は滅びるであろう。しかしわたしの言葉は滅びることがない」(マタイ24:35)という永遠不変の御言葉がこう約束しているのですら、私たちはもっと大胆に神に祈り、目に見える現実がどうであれ、祈りは聞かれたと確信して待ち望みましょう。

ヨハネの第一の手紙5:13「私たちの確信―永遠のいのち」

2017年6月25日、ヨハネの第一の手紙5:13「私たちの確信―永遠のいのち」
①現在的な永遠のいのち
ヨハネが福音書を執筆したのは、「イエスは神の子キリストであると信じ」て、永遠の「命を得る」よう導くためでしたが(ヨハネ20:31)、手紙を執筆したのは、信じた者はすでに「永遠のいのちを持っている」ことを「悟らせるため」でした。永遠のいのちは、永遠の初めから終わりまで存在される神ご自身のいのちのことです。死んだ後はじめて与えられるいのちではなく、「信じる者には永遠の命がある(新共同訳「永遠の命を得ている」)」(ヨハネ6:47)とあるように、イエスをキリスト、私の罪のための救い主と信じて救われたその瞬間にすでに与えられているいのちです。この永遠のいのちにあずかっている者は、もはや以前のように故意に平気で罪を犯し続けることはできません(3:9)。無理やり御言葉に従うのではなく、内にある永遠のいのちが御言葉に従うことを何よりの喜びとさせるのです。また、世(神に敵対し、悪魔が支配する領域)の攻撃を見破り、「世に勝つ」力が与えられます(5:4~5)。
②未来的な永遠のいのち
永遠のいのちを得ている者は、天国に迎え入れられ、ほふられた小羊キリストの前に立ち、御手と御足、脇腹と頭に残る傷跡を見ます。そのとき、私の罪のためにキリストがどんなに大きな犠牲を払われたかを思い起こし、声の限り感謝と喜びの賛美をささげることでしょう(黙示録4:8~11、5:11~14)。一方、福音を拒絶した者には永遠の滅びが待っています(黙示録20:11~15)。それゆえ、永遠のいのちを得ている者には、福音宣教という大使命があるのです。「みことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい」(Ⅱテモテ4:2、新改訳)。

ヨハネの第一の手紙5:6~12「御霊と水と血による証言」

2017年6月18日、ヨハネの第一の手紙5:6~12「御霊と水と血による証言」
「水」とは、イエスが公生涯の最初にバプテスマのヨハネからお受けになったバプテスマの水のことで、そのとき「あなたはわたしの愛する子、わたしの心にかなう者である」という神の声がありました(マルコ1:9~11)。「血」とは、イエスが十字架上で流された血のことで、そのとき「地上の全面が暗くなって…神殿の幕が上から下まで真二つに裂け…地震があり」ました(マタイ27:45~54)。イエスは神が人となって「水」のバプテスマをお受けになり、十字架上で「血」を流して死なれた救い主であることを否定する異端が現れていたので、「イエス・キリストは…水と血とによってこられた」と強調するのです。さらに、「わたし(イエス)についてあかしをする」(ヨハネ15:26)真理の御霊が、このことは真実だと証ししています。裁判では二人以上の証言が必要とされました(申命記19:15)。イエスについては、「御霊と水と血」の三つの証言があり、「この三つのものは一致する」上、その一つは御霊なる神ですから、これ以上確かな証言は世界中どこにもありません。
私たちが安心して日常生活を送り得るのは、「人間のあかしを受けいれ」、互いに信用しているからです。そのように「人間のあかしを受けいれる」のであれば、「神のあかしはさらにまさっている」のだから、当然受け入れるべきではないか、とヨハネは問いかけているのです。「御霊と水と血」が証しするイエスに対する私たちの態度は、イエスを信じるか信じないか、二つに一つで、中間などあり得ません。信じる者には「永遠のいのち」が与えられ、信じない者には与えられません。「なぜイエス・キリストは十字架にかからなければならなかったのか。その問いをもって聖書を読んでください」(松本雅弘師)。

ヨハネの第一の手紙5:1~5「世に勝つ信仰」

2017年5月28日、ヨハネの第一の手紙5:1~5「世に勝つ信仰」
信仰が本物であるか否かをテストする三つの要素が出てきます。第一は「信仰」(1、4、5節)。「神から生れた者」と認められるのは(ヨハネ3:3)、「すべてイエスのキリストであることを信じる(信じ続ける)者」だけです。第二は「愛」(1、2、3節)。「神から生れた者」は、「生んで下さったかた(神)を愛する(愛し続ける)」と同時に、「そのかたから生れた者(兄弟姉妹)をも愛する(愛し続ける)」はずです。第三は「従順」(2、3節)。「神から生れた者」は、「戒めを守る(守り続ける)」はずです。神を信じ愛して生きる者は、自ずと神に喜ばれる生き方をするようになります。神を愛する愛から出た自発的な行為ですから、決して「むずかしいものではな」く、重荷とはなりません。愛は戒めを軽くします。イエスも「わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽い」(マタイ11:30)と言われました。イエスと「くびき」を共にして二人三脚すれば、イエスが共にくびきを負って下さるので、荷が軽くなるというわけです。
神に敵する「世」は、「肉の欲、目の欲、持ち物の誇」(2:16)をもって私たちを神から引き離そうと誘惑しますが、イエスは十字架と復活によって悪魔との戦いに打ち勝たれたお方です。この「イエスを神の子と信じる(信じ続ける)者」は、イエスの勝利に結び合わされ、「世に勝つ者」とされるのです。世の力は確かに強力ですが、この戦いは初めから勝負がついています。イエスと共に戦うゆえ、私たちの勝利は間違いないのです。「神さま抜きのあなた自身の頑張りや賢さは、サタンからすれば大したことはないのです…そのサタンに負けないためには…心からへりくだり、神さまの御力により頼むことです。神さまを求める者に、サタンは何の手出しもできません」(松本雅弘師)。

ページ移動