記事一覧

マタイによる福音書7:24~29「人生の土台は大丈夫?」

2015年11月22日、マタイによる福音書7:24~29「人生の土台は大丈夫?」
①人生の嵐―両者の共通点
岩の上に建てられた家も、砂の上に建てられた家も、どちらも暴風雨に襲われたように、信仰の有無に関わらず、人生には試練や困難という嵐がつきものです(ヨハネ16:33)。様々な人生の嵐の中でも最大の嵐は、死後に訪れる神のさばきという嵐です。人は「一度だけ死ぬことと、死んだ後さばきを受けることとが…定まってい」て(ヘブル9:27)、そこで生前の言動や思いのすべてが明らかにされます。人前では言い訳や偽りが通用しても、神のさばきの前では全く通用しません。絶対間違いのない神のさばきの前にただひれ伏す他ありません。
②人生の土台―両者の相違点
「岩の上に(ルカ6:48「地を深く掘り、岩の上に土台をすえて」)自分の家を建てた賢い人」とは、主の「言葉を聞いて行う」者のことであり、「砂の上に(ルカ6:49「土台なしで、土の上に」)自分の家を建てた愚かな人」とは、主の「言葉を聞いても行わない者」のことです。神の被造物である私たち人間は神に的を合わせて生きるべきところ、神の言葉に背いて自分勝手に歩んでいます。そのような人生は「風の吹き去るもみがらのよう」で、「さばきに耐え」ません(詩篇1:4~5)。人生の土台が間違っていたことを素直に認め、「悔い改めて福音を信」じることこそ(マルコ1:15)、主の言葉を聞いて真っ先に行うべきことです。その上で御言葉に従って歩むならば、「神はわれらの避け所また力」ですから(詩篇46:1)、いかなる人生の嵐や神のさばきに遭っても倒れません。「勝ち得て余りがある」人生です(ローマ8:37)。あなたの人生の土台は間違っていないでしょうか。不従順のゆえに土台がぐらついていないでしょうか。

マタイによる福音書7:15~23「木はその実でわかる」

2015年11月8日、マタイによる福音書7:15~23「木はその実でわかる」
①にせ預言者の特徴
にせ預言者は「羊の衣を着て」、神の民を装って近づいてきますが、「その内側は強欲な(強奪する、の意の動詞の名詞形)おおかみで」、人に祝福をもたらすようにみせかけて、実は祝福を強奪し、自分の益のためなら平気で人を利用する存在です。「天国を閉ざして人々をはいらせない。自分もはいらないし、はいろうとする人をはいらせもしない」(23:13)律法学者やパリサイ人も、にせ預言者です。統一教会(世界基督教統一神霊教会から世界平和統一家庭連合に名称変更)、エホバの証人(ものみの塔)、モルモン教(末日聖徒イエス・キリスト教会)他の異端も、にせ預言者です。
②にせ預言者の判別
にせ預言者であるか否かは、「その実によって…見わける」ことができます。言動が誠実であるか否か、神に仕える僕らしく謙遜であるか否か、福音を偏りなく正しく語っているか否か等も判別法の一つです。すぐには判別できなくても、やがてその結ぶ実によって正体がばれるときが必ず来ます。にせ預言者が放置されたままということはありません。「良い実を結ばない木はことごとく切られて、火の中に投げ込まれる」という厳しいさばきを受けるときが必ず来ます。
良い羊飼は一匹ずつ「自分の羊の名をよんで連れ出」し、羊のほうも「彼の声を聞き」分け、その羊飼にだけ信頼して「ついて行」きます(ヨハネ10:1~5)。神との親しい交わりは、本物か偽物か判別する秘訣です。世の終わりの近い今、地獄行きの道連れを一人でも増やそうと悪魔は躍起になって働いています。にせ預言者に惑わされないよう、日毎に御言葉に聞き従いながら、天国への道を歩み抜きましょう。

マタイによる福音書7:13~14「狭い門から入れ」

2015年10月25日、マタイによる福音書7:13~14「狭い門から入れ」
①狭くて広い門
「命にいたる」「狭い門」は、罪の悔い改めと十字架を信じる信仰を経ることなしには絶対くぐり得ない門です。幼少時から律法を守ってきた金持ちの青年が「あなたに足りないことが一つある…持っているものをみな売り払って、貧しい人々に施しなさい」と言われると、「顔を曇らせ、悲しみながら立ち去った」(マルコ10:17~22)。彼の場合、財産への執着が「狭い門からはい」るのを妨げていることをイエスは見抜いておられたのです。耳障りの良い御言葉は受け入れても、耳の痛い御言葉は拒み、狭い門の前で回れ右する人が何と多いことでしょう。しかし「命にいたる」門は、ただ悔い改めと信仰によって誰でも入り得る門、万人に開かれている門です。イエスと共に十字架につけられた強盗でさえ救われました(ルカ23:39~43)。そういう意味で、「命にいたる」門は、狭いけれども実は広い門だとも言えるでしょう。
②細くて太い道
「悪魔の道はいつも美しく立派に舗装されている」と言います。神を無視した華やかで広い道を多くの人が歩んでいますが、その先は永遠の「滅び」です。そうした世の真っただ中で、「狭い門からはい」り、神を畏れて御言葉に従う道を歩もうとするとき、摩擦や戦いがあるのは当然です。しかし「命にいたる」細い道を、イエスとくびきを共にする二人三脚の歩みをすることは(11:29)、窮屈なことでも不自由なことでもなく、神のかたちに造られた人間本来のあるべき姿であり、その人がその人らしく最も輝いて生きることのできる道です。そういう意味で、細いけれども実は太く豊かな道だとも言えるでしょう。

マタイによる福音書7:12「黄金律」

2015年10月18日、マタイによる福音書7:12「黄金律」
「悪い者の上にも良い者の上にも、太陽をのぼらせ、正しい者にも正しくない者にも、雨を降らして下さる」神は(5:45)、御子イエスを世にお遣わしになったばかりか、全人類の罪の身代わりとして十字架の死に渡して下さいました(ローマ8:32)。そのように神から「良いもの」を受けているの「だから、何事でも人々からしてほしいと望むことは、人々にもそのとおりにせよ」(黄金律、使徒行伝20:35)。これこそ「律法であり預言者である(旧約聖書全体を指す)」、聖書全体を要約するものです。
では具体的にどうすればよいのでしょうか。聞いてほしい、理解してほしい、愛してほしいと願わない人はいません。まず何よりも相手の身になって思いやる、相手の立場に立って行動することでしょう。他人の欠点や過ちを見聞きしたとき、言いふらしたり、さばいたり、咎めたりせず、かばう、覆うということでしょう(Ⅰペテロ4:8)。その人の一言で周りがパッと明るくなり、そこにいる人が元気になる。雰囲気が和み、何かほのぼのとした雰囲気を醸し出す。神と人を愛して生きる者は、砂漠の中のオアシスのような存在となり得るはずです。神もそう期待しておられることでしょう。「黄金律が行われるところに、黄金時代がくるであろう」(婦人矯風会)。相手がどうであれ、まず私から黄金律を実践していくとき、「こちらが冷たい顔をすれば、相手も敏感に感じて冷たくなります」という悪循環が断ち切られ、「心の底からにっこり笑えば、相手もそのあたたかさに感じて、微笑を返します」という好循環が始まることでしょう。「求めよ、そうすれば、与えられるであろう…」との約束は、黄金律を実践できない私のためにこそある約束であり、黄金律を実践する原動力です。

マタイによる福音書7:7~11「求めよ、捜せ、門をたたけ」

2015年10月11日、マタイによる福音書7:7~11「求めよ、捜せ、門をたたけ」
福音を語っても「足で踏みつけ…かみついてくる」等、厳しい現実に接することがあるので(6節)、「求めよ(求め続けよ)…捜せ(捜し続けよ)…門をたたけ(たたき続けよ)」、「そうすれば、与えられるであろう…見いだすであろう…あけてもらえるであろう」と言われたのです。祈りを聞かれる神に諦めないで祈り続けることが大切です(ヨハネ14:14)。
では、祈りが聞かれる根拠はどこにあるのでしょうか。どんなにひどい父親であっても、子どもがパンや魚を求めているのに、石やへびを与えたりはしません。ましてや私たちを愛してやまない天の父なる神が、そんな卑劣ないたずらをされるはずがありません。以前は罪のため神と敵対関係にありましたが、イエスの十字架を信じる信仰によって神と和解し、父と子という親しい関係に入れられました。その信頼関係が土台にあるからこそ、祈りが聞かれるのです。八方塞がりの状況にあっても、「土の器の中にキリストを持っている人は、東西南北の他に『上』という方角を知っている」(山室軍平師)。神を仰いで祈るという最高の武器を活用するならば、「四方から患難を受けても窮しない。途方にくれても行き詰まらない。迫害に会っても見捨てられない。倒されても滅びない」のです(Ⅱコリント4:7~9)。
しかし実際には、願いどおりにならない祈り、すぐに聞かれない祈りも確かにあります(マタイ26:36~46、Ⅱコリント12:1~10)。「良いものを下さらないことがあろうか」であって、「祈ったとおりのもの」ではありません。願いどおりにならない祈りであっても、神が「良いもの」とお考えになった結果ですから、信じ受け入れ、感謝すべきでしょう。そして「良いもの」の中でも最高の贈り物は聖霊です(ルカ11:9~13)。

マタイによる福音書7:1~6「人をさばくな」

2015年10月4日、マタイによる福音書7:1~6「人をさばくな」
ここでイエスは、どんな問題であっても目をつぶって批判するな、裁判するな、と言われているわけではありません。では、何がさばきであって、何がさばきでないのでしょうか。その判別方法の第一は、自己義認や優越感が伴うかどうかです。第二は、喜びや楽しみを覚えるかどうかです。第三は、事情を正確に把握しているかどうかです。第四は、愛が根底にあるかどうかです。第五は、イエスに聞かれて恥ずかしくないかどうかです。ここで禁じられているさばきとは、人のあら捜しをしたがる習性のことで、自分のことは棚に上げて、人の過ちや欠点等を一方的に責め立てて中傷することです。
なぜ「人をさばくな」と言われたのでしょうか。第一の理由は、「自分がさばかれないため」です。もしあなたが人の欠点を見逃さない人であれば、あなたも間違いなく陰であら捜しをされています(詩篇18:25~26)。さらには神ご自身も、同じ基準であなたをさばかれます(ヤコブ2:13)。第二の理由は、「自分の目には梁(家の天井裏に渡されている大きな横木)がある」からです。しかしそれを認めようとせず、「兄弟の目にあるちり(小さな木片、もみ殻くず)」は目ざとく見つけて非難し、取り除こうとさえすることが、いかに愚かで滑稽なことか。神の目には所詮、五十歩百歩なのに、自分の姿は直視しようとせず、人にだけは厳しいというのは滑稽極まりないことです。しかし十字架の赦しの愛を真に体験するなら、兄弟にも十字架を指し示すことができ、やがて「兄弟の目からちりを取りのけることができる」でしょう。「他人の欠点は顕微鏡を使って観察するが、自分の欠点は望遠鏡を逆さにして観察する。しかし我らはこの逆でなければならない」(内村鑑三師)。

マタイによる福音書6:25~34「まず求めるべきもの」

2015年9月20日、マタイによる福音書6:25~34「まず求めるべきもの」
私たちにいのちとからだを与えられた神が、これらを維持するのに必要な食物や着物をどうして備えて下さらないことがあるでしょうか。「まくことも、刈ることもせず、倉に取りいれることもしない」空の鳥を養っておられる神が、神のかたちに造られた私たちをどうして養って下さらないことがあるでしょうか。「働きもせず、紡ぎもしない…きょうは生えていて、あすは炉に投げ入れられる」野の草花をも「栄華をきわめた時のソロモン」以上に美しく飾られる神が、どうして私たちに「それ以上よくしてくださらないはずがあろうか」。
それゆえ「何を食べようか、何を飲もうか、あるいは何を着ようかと言って思いわずらうな(心がいろいろなものに引き裂かれて乱れる、の意。今後はもう二度と思いわずらうな、という強意)」。自分の人生にとって何が一番大切なことなのか、何を第一として生きるべきかがわかっていないから、心が引き裂かれて乱れるのです。そうではなく「まず神の国(神の恵みによる支配)と神の義(神との正しい関係)とを求めなさい」。罪の悔い改めと、イエスの十字架を信じる信仰によって義と認められ、神第一にして歩むならば、必要なものは「すべて添えて与えられ」ます。
「一日の苦労」は、信仰の有無に関わらず、その日その日に十分ありますが、神第一にして生きる人は「あすのことを思いわずらう」ことから解放され、その日その日を神の御手に委ねて精一杯生きることができるようになります。問題ばかり見つめていては思いわずらいが生じるだけです。そのようなときこそ、空の鳥、野の花を養っておられる神を仰ぐのです。「心配するのは神の仕事、信じてお任せするのが私たちの仕事」。このことを取り違えないようにしましょう。

マタイによる福音書6:19~24「宝のあるところに心もある」

2015年9月13日、マタイによる福音書6:19~24「宝のあるところに心もある」
高価な着物でも「虫が食い」、貴金属でも「さびがつき」、「盗人らが押し入って盗み出す」危険性大の、不確かな「地上に、宝をたくわえ」るのではなく、「天に、宝をたくわえなさい。あなたの宝のある所には、心もあるからである」とイエスは言われました。これは、将来のために蓄えてはならないということではなく、あなたの人生における最重要課題・最優先課題は何かということが問われているのです。
神を思うのは礼拝のときだけ、あとは自己中心に生きるというのは、「目が澄んで(心が一つのものに集中している、二心がない、の意)」いない状態であり、そのように「目が悪ければ(妬み、の意)」、必ず誰かと比較して誇ったり劣等感にさいなまれたり、妬んだりするものです。間違った最重要課題・最優先課題に心が絶えず支配されているからです。
神に仕えるか、それとも「富」をはじめとする神以外のものに仕えるか、二つに一つであって、その中間など絶対ありません。両方を大事にし、両方に仕えようとするなら、間違いなく神以外のものに支配され、飲み込まれてしまいます。あなたはどちらを選び、どういう人生を歩もうとしているのかとイエスは問うておられるのです。
「天地の造られる前から、キリストにあってわたしたちを選び」(エペソ1:4)、悔い改めと信仰によって救って下さった「神がわたしたちの味方である」ゆえ、「だれがわたしたちに敵し得ようか」、誰も敵し得ません。「ご自身の御子をさえ惜しまないで…(十字架の)死に渡された」神は、「御子のみならず万物をも」添えて与え、必ず養い守って下さいます(ローマ8:31~32)。神と富との間で揺れ動く、どっちつかずの人生に今日ピリオドを打ち、この神にのみ仕える決断をしましょう。

マタイによる福音書6:16~18「断食をするときには」

2015年8月16日、マタイによる福音書6:16~18「断食をするときには」
「断食」とは、ある明確な理由や意図があって、食物を一定期間断つことです。断食をすること自体が目的なのではなく、煩わしい日常生活からしばし解放されて祈りに専念すること、これこそ断食の真の目的です。律法では、年に一度の贖罪の日に民族的に断食するよう定められていました(レビ記16:29)。その他にも信仰者たちは、神の前に自分の罪を深く悲しむときや特別な祈りのとき等に断食したことが、聖書に記されています(エステル記4:16、ヨナ書3:5、使徒行伝9:9他)。
律法学者やパリサイ人は週に二回断食を守っていましたが(ルカ18:12)、「断食をする時には」、わざと「陰気な顔つきを」して、いかにも「断食をしていることを人に見せ」つけていました。彼らにとって断食は、自分の熱心さを宣伝するための手段に過ぎませんでした。そんな断食は、すでに人からの「報いを受けてしまっている(全額受領して領収書を渡す、の意)」ので、もはや神からの「報い」は残っていません。
私たちも律法学者やパリサイ人のように、自分自身で新しいルールを作り出し、そのルールを守ってさえいれば安心し、「自分は立派だ」と誇り、そうできない人を見下し、さばいてはいないでしょうか。これでは律法学者やパリサイ人とどこが違うと言うのでしょうか。
自らの信仰生活を再点検し、律法学者やパリサイ人のような死んだ信仰から、世界中で一番この私を愛していて下さる主を心から愛する生きた信仰へと変貌させていただきましょう。そして人生の岐路に差し掛かったとき、重大な選択を迫られたとき、神の御心を祈り求めるとき、困難な仕事に当たるとき等、断食祈祷して神に近づくなら、大きな祝福が得られることでしょう(マタイ17:21、ルカ6:12)。

マタイによる福音書6:13「国と力と栄えとは汝のもの」

2015年8月2日、マタイによる福音書6:13「国と力と栄えとは汝のもの」
「国と力と栄えは、とこしえにあなたのものだからです。アーメン」は最古の写本にはありませんが、主の祈りの結びに相応しい頌栄です。
①国はとこしえに汝のもの
「国」は「御国」と同語で、神の恵みによる支配、という意味です。神の支配を疑いたくなるような現実にあっても、「主こそ真の王、全宇宙の主権者であり、私は喜んで主に服従します」という信仰告白です。
②力はとこしえに汝のもの
十字架上で悪魔の力と神の力が激突し(マルコ9:1)、悪魔に敗北したかのように見えましたが、「その力をキリストのうちに働かせて、彼を死人の中からよみがえらせ」ることにより神の勝利が証明されました(エペソ1:20~22)。「神の愛の最高の表現がキリストの死であるとすれば、神の力の最高の表現はキリストの復活である」(F.F.ブルース)。この神の絶大な力が信じる者にも働いているのです(エペソ1:19、詩篇46:1)。
③栄えはとこしえに汝のもの
「御子は神の栄光の輝きであり、神の本質の真の姿であって」(ヘブル1:3)、今も御言葉によって神を知ることができ、「信じるなら神の栄光を見る」ことができます(ヨハネ11:40)。「栄光を受けるに値するのは私ではなく、ただ主のみです。私の言動によって主があがめられ、主に栄光が帰されますように(Ⅰコリント10:31)」という信仰告白です。
④アーメン(まことに、確かに、そうであるように、の意のヘブル語)
「私が今までささげてきた祈りは真心からの真実な祈りです。アーメンです」という告白、誓約です。それに対して神の側でも「わたしもあなたに同意する。アーメンだ」と言って祈りを聞いて下さるのです。

ページ移動