記事一覧

ヨナ書3:1~10「思い返される神」

10月12日、ヨナ書3:1~10「思い返される神」
①ヨナに対する思い返し
宣教命令に背いて主のご期待を裏切ったヨナに対して、主は「再び」同じ使命を託されました(1~2節)。主は何度裏切られても、簡単に人を見限るようなお方ではありません。イエスを三度も否んだペテロをイエスは一言もお責めにならず、「わたしの羊を養いなさい…わたしに従ってきなさい」と「再び」使命をお与えになりました(マタイ26:69~75、ヨハネ21:15~19)。逃亡奴隷オネシモは救われ、「以前は…無益な者であったが、今は…有益な者に」変えられました(ピレモン11節)。主は、失敗して落ち込んでいる者を慰め励まし、「再び」チャンスを与えて、なおもその人の可能性に期待されるお方です。十字架のもとに行くならば、赦されない罪も挽回できない失敗もないのです。
②ニネベに対する思い返し
ヨナの宣教によって、ニネベ中の人々は罪を悔い改めて神を信じました。神の言葉には力があるからです(ローマ1:16)。そこで主はさばきを下すのを思い返されました。イエスは「悲しんでいる人たちは、さいわいである、彼らは慰められるであろう」と言われました(マタイ5:4)。自分の罪深さを心底認めて悲しみ、十字架を仰ぐ人は罪赦され、真の「慰め」を見出します。「すべての人が救われて、真理を悟るに至ることを望んでおられる」(Ⅰテモテ2:4)神は、ヨナが「非常に不快として、激しく怒」(4:1)るほど忍耐とあわれみに富むお方だからです。ヨナやニネベ同様、主は何度私のために忍耐され、思い返されたことでしょう。今あるは主の忍耐とあわれみのゆえ、感謝しましょう(哀歌3:22)。

ヨナ書1:17~2:10「絶望の淵からの祈り」

10月5日、ヨナ書1:17~2:10「絶望の淵からの祈り」
①ヨナの救い(1:17、2:10)
荒れ狂う海に投げ入れられたヨナのために、「主は大いなる魚を備えて…のませられ」ました。それは、駄々っ子ヨナを取り扱い、真の「しもべ預言者」(列王紀下14:25)に造り変えるためです。私たちもこれまでどんなに駄々をこねて主を困らせ、人を傷つけてきたことでしょう。しかし人の弱さをよくご存じの主は、簡単に愛想を尽かしたり、見捨てたりなさいません。私たちが今あるのは、この主の忍耐とあわれみのゆえであることを覚えて感謝しましょう(申命記33:27、哀歌3:22)。
②ヨナの祈り(2:1~9)
ヨナは海底にまで沈んで溺死寸前であるばかりか、主の「前から追われてしまった」ように感じました(3~6a節)。そのような中、「再びあなたの聖なる宮(神殿)を望」みたいと願うようになり、再び主を求めて祈ると、主はその祈りに答えてヨナを「救いあげられ」ました(2、6b~7節)。イエスはこの奇跡を「ヨナのしるし」と呼んで、ご自分の生涯に重ね合わせられました(マタイ12:38~41)。「十字架につけられ、死にて葬られ、陰府に下り」と使徒信条にあるとおり、イエスは全人類の罪を背負って十字架上で死に、葬られ、陰府にまで下られましたが、三日目に復活されました。海底どころか陰府にまで下って復活されたイエスのゆえに、私たちはどんな時にもどんな所からでも祈ることができ、しかもその祈りは神に届くのです(2、7節)。主に信頼する者には、東西南北の他にもう一つ「上」という方角があり、主に向かって祈ることができるので、絶望も行き詰まりもないのです(Ⅱコリント4:8~9)。

ヨナ書1:1~16「主の御顔を避けて」

9月28日、ヨナ書1:1~16「主の御顔を避けて」
①ヨナの不従順(1~3節)
ニネベ(アッスリヤの首都で、3:3「大きな町」。北王国イスラエルの大敵)で宣教するよう主から命じられたヨナは、「主の前を離れて(新改訳「主の御顔を避けて」)」、正反対のタルシシ(スペイン南部の町か)への逃亡を企てました。それは、救いは神の民イスラエルの特権であり、罪深いニネベなど滅びて当然と考える偏狭な愛国心があったからです。ヨナは預言者でありながら、主の救いのご計画を阻止するために逃亡したのに、「ところがちょうど、タルシシへ行く船があった」。悪魔はしばしば主の御心に従いたくない者の願いにつけこんで、「ところがちょうど」よい具合に道を開くことがあるものです。しかし御心に従わないでいて不思議に開かれた道は、大嵐が待ち構える失敗・混乱の道です。
②不従順の結果(4~16節)
ヨナを取り扱うために主は大嵐を備えられましたが、それはヨナを愛するがゆえの追跡です(詩篇139:7~8)。「主の前を離れて」(3a、3b、10節)生きる人生は、アダム以来罪人の十八番ですが(創世記3:8)、それはひたすら「下って行」く(3a、3b「乗った」も同語、5節)人生に他なりません。出エジプト後のイスラエルは、不従順のため40年間も荒野を放浪しました。ある人が「すべて服従の線から脱落することは、時間と力の空費である」と言いましたが、まさにそのとおりです。不従順のヨナが取り除かれると嵐はやみ、「人々は大いに主を恐れ」るようになりました。不従順ほど損なことはありません(ヘブル4:7)。「わたしはみこころを行うことを喜びます」(詩篇40:8)と告白し、服従する人は幸いです。

ヨナ書4:1~11「惜しまれる神」

7月6日、ヨナ書4:1~11「惜しまれる神」
①ヨナの怒り(1~4節)
「四十日を経たらニネベは滅びる」(3:4)と語るヨナの宣教によってニネベが悔い改めたので、主はニネベを滅ぼすことを思い返されました。そうなると面白くないのが駄々っ子預言者ヨナです。罪深いニネベに対して主は余りにも寛容過ぎ、その結果、預言どおりにならず面子丸つぶれになったため、「非常に不快として、激しく怒り」「死ぬ方がまし」とさえ言いました。ニネベに寛容な主は、ヨナ自身にも寛容であることを知らなかったからです。それでは他人を愛することも、他人が愛されるのを喜ぶこともできないのは無理ありません。
②主の御心(5~11節)
主は怒るヨナを優しく諭されましたが(4節)、ヨナはふて腐れて「小屋を造り、町のなりゆきを見きわめようと」しました。そんなヨナのために主は「とうごまを備え」、次に「虫を備えて」枯らせ、「暑い東風を備え」、太陽がギラギラ照りつけると、「怒りのあまり狂い死にそうです」と叫ぶ始末です。ヨナは「労せず、育てず、一夜に生じて、一夜に滅びたこのとうごまを…惜し」みましたが、主は「十二万あまりの、右左をわきまえない人々と、あまたの家畜とのいるこの大きな町ニネベを、惜しま」れました。さらにはヨナを惜しみ、この私をも惜しむあまり、御子を十字架の死に渡すことは少しも惜しまれませんでした(ローマ8:32)。この主の愛を真に知り、体験するならば、喜んで御言葉に従う真の僕に造り変えられることでしょう(列王紀下14:25)。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ