記事一覧

ゼパニヤ書3:9~20「主は救いの勇士」

2018年4月8日、ゼパニヤ書3:9~20「主は救いの勇士」
南王国は当時、堕落の極みにあり、やがて神の厳しいさばきが下されようとしているにもかかわらず、預言者ゼパニヤは「喜び歌え…喜び呼ばわれ…心のかぎり喜び楽しめ」と繰り返し命じました。それは、神に背く者を「主は取り去り…追い払われ」、神を畏れる「残りの者」の「うちにいまし、勇士であって、勝利を与えられる」からです。
また、「地は変り、山は海の真中に移る…その水は鳴りとどろき、あわだつ…そのさわぎによって山は震え動く」ような激しい試練の中で詩人は、「神はわれらの避け所また力…悩める時のいと近き助け…神がその中におられるので、都はゆるがない。神は朝はやく、これを助けられる」ということをまざまざと体験しました(詩篇 第46篇)。
私たちもこの神を人生の味方とすることができたら、どんなに幸いでしょうか。イエスの十字架を信じて罪赦されると、この神が共に歩み、味方となって下さる幸いな人生が始まります。試練や困難に直面することがあっても、「あなたの神、主はあなたのうちにいまし、勇士であって、勝利を与えられる」。この約束を信じて神に信頼するならば、やがて「わたしはあなたから悩みを取り去る。あなたは恥を受けることはない」ということになるでしょう。しかし、神以外のものに重心を置くと、いざというとき脆くも崩れ去るものです。
今年度、祈ったとおり期待したとおりになかなか事が進まず、失望することが多いかもしれません。しかし「あなたの神、主はあなたのうちにいまし、勇士であって、勝利を与えられる」「神がその中におられるので、都はゆるがない。神は朝はやく、これを助けられる」という約束の御言葉を思い起こし、この神に大いに期待しましょう。

マタイによる福音書28:1~10「墓は空っぽ、復活された」

2018年4月1日、マタイによる福音書28:1~10「墓は空っぽ、復活された」
「週の初めの日の明け方」、イエスが葬られた「墓を見にきた」ところ、墓石は転がされ、中は空っぽでした。空の墓が意味するのは…
①死からいのちへ
私たち人間は、神に造られ生かされている存在でありながら、神に背いて生きています。この的外れの状態を聖書は「罪」と呼び、「一度だけ死ぬことと、死んだ後さばきを受けることとが、人間に定まっている」(ヘブル9:27)、死んだ後、神のさばきを受けなければなりません。その結果は、「罪の支払う報酬は死」(ローマ6:23)、永遠の滅びです。
この罪と死の大石を取り除くために、イエスは全人類の罪を背負って十字架につけられ、神にさばかれて死に、しかし三日目に復活されたのです。イエスが死んで墓に葬られておしまいであったなら、私たち罪人と何ら変わりがありません。しかし空っぽの墓は、イエスが「かねて言われたとおりに、よみがえられ」、それによって人類最大の敵である罪と死に勝利して救いを完成されたことの証明なのです(ローマ1:4、4:25、Ⅰコリント15:12~20)。このイエスを信じるなら、すべての罪が赦され、神と共に永遠に生きるのです。イエスの復活を境に、十字架と復活を信じる者にとって、死は呪われたものでも一切の終わりでもなく、天国に続く希望のトンネルとなったのです。
②絶望から希望へ
「もうここ(墓)にはおられない」イエスは、信じる者と共におられ、人生に立ちはだかる困難の大石をも転がして下さいます。「世の中を見れば、心が騒ぐでしょう。自分自身を見れば、落ち込むでしょう。しかし、キリストを見上げれば、心に平安が訪れます」(コーリー・テン・ブーム)。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ