記事一覧

エズラ記1:5~11「主は民の心を感動されたので」

2018年2月11日、エズラ記1:5~11「主は民の心を感動されたので」
主はクロス王の心を感動されましたが、同時にイスラエルの心をも感動されたからこそ、祖国帰還の約束が実現したのです。繁栄を謳歌していたときには、イスラエルは心をかたくなにして、預言者たちの声に耳を傾けようともしませんでした。しかし頼みとしていた城壁や神殿がなくなり、もはや頼るべきものは主の御言葉以外になくなったそのとき、民の間で生じたのが悔い改めであり、捕囚から解放される日が来るという御言葉の約束実現を待ち望む信仰でした(詩篇 第137篇他)。神は民の側の応答を待っておられるのです。「時が来れば成就する」(ルカ1:20)約束の御言葉を信じて待ち望む信仰を。
捕囚の地から祖国までは3~5か月の長旅であり、祖国の現状が不明のまま帰還するには、大変な勇気と決断、信仰と犠牲を必要としました。様々な事情からペルシャに留まる者もいましたが、彼らもやはり「神にその心を感動され…銀の器、金、貨財、家畜および宝物…もろもろの物を惜しげなくささげ」て協力しました。民の悔い改めと協同があったからこそ、神殿再建の大事業が現実となったのです。
イエスを三度否んだペテロも回復されました(ルカ22:54~62)。あなたが過去どんな失敗をしたとしても、イスラエルやペテロ同様、神はあなたにも挽回のチャンス、再出発のチャンスを与えて下さいます。イエスを信じて生きる人生は、いつでもやり直し可能な人生です(Ⅱコリント5:17)。失敗のない人生などありません。問題は、失敗した後どうするかです。ユダのように自分に絶望して投げ出してしまうか、それともペテロのように神のあわれみにすがるか。神のあわれみに感動して立ち上がり、「惜しげなくささげ」る心を神は喜ばれます。

エズラ記1:1~4「主はクロスの心を感動されたので」

2018年2月4日、エズラ記1:1~4「主はクロスの心を感動されたので」
罪に罪を重ねたイスラエルはバビロン捕囚となりましたが(歴代志下36:15~16)、バビロンは「ペルシャ王クロス」に滅ぼされ、イスラエル帰還を許されます。ここでの主語は「クロス」ではなく「主」です。万物の創造者・支配者なる主こそ、バビロン捕囚からの解放の真の主人公なのです。捕囚の地で民が「主はもはや私たちを見捨てられたのではないか」と絶望していたとき、主は「バビロンで七十年が満ちるならば、わたしはあなたがたを顧み、わたしの約束を果し、あなたがたをこの所に導き帰る」(エレミヤ書25:11~12、29:10)という「エレミヤの口によって伝えられた主の言葉を成就するため、ペルシャ王クロスの心を感動された」のです。「わが口から出る言葉も、むなしくわたしに帰らない。わたしの喜ぶところのことをなし、わたしが命じ送った事を果す」(イザヤ書55:11)、主は約束の御言葉を必ず実現されます。
バプテスマのヨハネ誕生を告知されザカリヤは、「時が来れば成就するわたしの言葉を信じなかったから、あなたは口がきけなくなり」と宣告され、イエスの処女降誕を告知されたマリヤは、「わたしは主のはしためです。お言葉どおりこの身に成りますように」と主に信頼し、「主のお語りになったことが必ず成就すると信じた女は、なんとさいわいなことでしょう」とその信仰を称賛されました(ルカ1:5~45)。
サタンは、私たちが御言葉を信じて待ち望むことを阻止するため、あらゆる方法を駆使して御言葉を疑わせ、失望させ、悲観させます。厳しい現実と約束の御言葉と、あなたはどちらを重視していますか。「やがて、イエス・キリストが再び来られるその日まで、判断をいつも留保しながら、しかし期待しながら歩んでいくのです」(大嶋重徳師)。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ