記事一覧

マタイによる福音書6:5~15「国と力と栄えとは汝のもの」

3月19日、マタイによる福音書6:5~15「国と力と栄えとは汝のもの」
「国と力と栄えは、とこしえにあなたのものだからです。アーメン」は最古の写本にはありませんが、主の祈りの結びに相応しい頌栄です。
①国はとこしえに汝のもの
「国」は「御国」と同語で、神の恵みによる支配、という意味です。神の支配を疑いたくなるような現実にあっても、「主こそ私たちの真の王、全宇宙の主権者であり、主に喜んで服従します」という信仰告白です。
②力はとこしえに汝のもの
暗黒の支配者なる悪魔の力と神の国の力とが激突したのがあの十字架です(マルコ9:1)。悪魔の力の前に敗北したかのように見えましたが、「その力をキリストのうちに働かせて、彼を死人の中からよみがえらせ」ることによって悪魔の力を粉砕されました(エペソ1:20~22)。この神の絶大な力は信じる私たちにも働いているのです(エペソ1:19、詩篇46:1)。
③栄えはとこしえに汝のもの
「御子は神の栄光の輝きであり」、私たちも「もし信じるなら神の栄光を見る」ことができます(ヘブル1:3、ヨハネ11:40)。「栄光を受けるに値するのは私たちではなく主のみです。私たちの言動によって主が崇められ、主に栄光が帰されるように(Ⅰコリント10:31)」という信仰告白です。
④アーメン(まことに、確かに、そうであるように、という意味のヘブル語)
「私が今までささげてきた祈りは真心からの真実な祈りです。アーメンです」という告白、誓約です。それに対して神の側でも「わたしもあなたに同意する。アーメンだ」と言って、祈りを聞いて下さるのです。

マタイによる福音書6:5~15「悪より救いいだしたまえ」

3月12日、マタイによる福音書6:5~15「悪より救いいだしたまえ」
①試みとは
「試み」は「試錬」とも「誘惑」とも訳せる語です(ヤコブ1:12~14他)。「試錬」は人を練り潔めるためのもので神からきます。「誘惑」は人に罪を犯させるためのもので悪魔からきます。イエスも荒野やゲツセマネ、十字架上で「試み」にあわれたように、「試み」のない人生などありません。
②試錬からの救出
試錬にあうということは、それだけ神が期待しておられる証拠ですが、本来信仰者にとって益となるはずの試錬であっても、人の弱さのゆえに誘惑に陥る機会ともなります。そのような時、「主ご自身、試錬を受けて苦しまれたからこそ、試錬の中にある者たちを助けることができる」とは大きな慰めです(ヘブル2:18)。そしてこのイエスは「あなたの信仰がなくならないように、あなたのために祈っ」ていて下さり、さらに「のがれる道も備えて下さる」のです(ルカ22:31~32、Ⅰコリント10:13)。
③誘惑からの救出
神は人が試錬にあうのは許されますが、罪へ誘惑することは絶対なさいません(ヤコブ1:13)。試錬を誘惑に変えるのは内にうごめく欲望に負けるからです(ヤコブ1:14)。欲望に屈すると、欲望は具体的な罪の行為となって現れ、霊的な死という結末を迎えます(ヤコブ1:15)。「誘惑に陥らないように、目をさまして祈」り(マタイ26:41)、「聖書には…と書いてある」と御言葉に堅く立ち(マタイ4:1~11、詩篇119:11)、神に絶対服従した上で悪魔に立ち向かうなら、悪魔の方から退散します(ヤコブ4:7)。

マタイによる福音書6:5~15「我らの罪をも赦したまえ」

3月5日、マタイによる福音書6:5~15「我らの罪をも赦したまえ」
①神に罪を赦される…「わたしたちの負債をもおゆるしください」
罪という莫大な負債を抱えて自己破産状態にあり、もはや帳消しにしてもらう他ないのが人間です。そこで罪のない神の御子イエスが全人類の罪の負債を背負って十字架につけられ、身代わりの死を遂げることにより、罪が帳消しにされる救いの道が完成されました(Ⅱコリント5:21)。悔い改めと信仰によって過去の罪を赦されたキリスト者であっても、この地上ではなお不完全な存在ですから罪を犯すことがあります。すると神との間に隔てが生じます(イザヤ59:1~2、詩篇第32篇)。しかし十字架を仰ぐことにより赦されない罪など皆無です(Ⅰヨハネ1:9、2:1)。神との親しい交わりを保つためにも、この祈りは必要なのです。
②人の罪を赦す…「わたしたちに負債のある者をゆるしましたように」
神により自分の罪が赦されることと、人の罪を赦すこととは切っても切れない関係にあることを表す「ように」です(14~15節)。一万タラント(約六千億円)もの負債を抱えた僕が主人に「哀願した」結果、赦されました。この僕がわずか百デナリ(約百万円)を貸している仲間に出会うと、返済するまで投獄したため、せっかくの主人のあわれみを失って投獄されたという譬え話があります(マタイ18:21~35)。私たちも莫大な罪の負債を神に赦されていながら、人から受けた罪はわずかでも赦さないということをしがちです。しかし十字架を仰ぐとき、罪深い者をなおも愛し受け入れて下さる神の恵みに驚き、赦せない心も次第に溶かされ、その赦された喜びが人を赦す原動力となるのです(エペソ4:31~32)。

マタイによる福音書6:5~15「日用の糧を与えたまえ」

2月26日、マタイによる福音書6:5~15「日用の糧を与えたまえ」
①神に信頼して生きる祈り
「日ごとの食物」は日常生活に不可欠なすべての物のことで、贅沢のための祈りではありません。切実に祈らなくても有り余る糧に事欠かない日本では、ともすれば神の恵みによって必要が満たされ、生かされていることを忘れ、すべては当たり前、自分の努力の賜物であるかのように錯覚しがちです。しかし、すべての良きものの源泉である神なくしては一切は空しいことを覚え、祈りに答えて必要を満たして下さった神に感謝し、信頼するための祈りです(詩篇127:1~2、マタイ6:31~33)。
②人を愛して生きる祈り
「わたしたちの日ごとの食物」他、「主の祈り」は常に複数形であるところに意義があります。世界では、四人に一人は一日一度の食事ができるか否かの飢餓状態にあり、毎日四万人以上が餓死しています。神が御子を十字架の死に渡すほど愛しておられる人々がいくら飢餓で苦しんでいても他人事と思い、自分だけ贅沢三昧な食事を楽しみ、ほんのわずかさえも与えようとしない自己中心。これでは「聖書読みの聖書知らず」、「主の祈り」を真に祈っているとは言えません。飢餓で苦しむ人々に日用の糧が与えられるように祈ると同時に、私自身が隣人愛に生きる決意をするのです。「あなたの家で食べられることのないパン、それは飢えている人たちのものです。物入れの中にしまいこまれた衣服、それは裸でいる人たちのものです。金庫の中で錆びついてしまっている金銭、それは貧しい人たちのものです」(四世紀の説教者)。

マタイによる福音書6:5~15「御心を地にもなさせたまえ」

2月19日、マタイによる福音書6:5~15「御心を地にもなさせたまえ」
天と違って地上では神の御心が完全には行われていないので、「みこころが天に行われるとおり、地にも行われますように」と祈るのですが、もともと地は神の御心に従って創造され、「はなはだ良かった」と言われる完全な世界でした。ところが「善悪を知る木からは取って食べてはならない」という御心に背いた人間の罪によって損なわれました。人間を救い、地を回復するために遣わされたのが御子イエスであり、「主の祈り」を教えられたイエスご自身がまず神の御心に徹底的に従うことにより救いを完成されたのです(ヨハネ6:38、マタイ26:39)。
イエスを信じて救われた者は、神の御心の実現をまず自分の生活のただ中で祈り、御心に従って歩むはずです。ある人が「御心とは、人間を祝福しようとする神の愛のご計画である」と定義しましたが、御心に従って歩むとき真の喜びと満足があり、逆に御心に従わなければ時間と労力の無駄、失敗と混乱があるのみです。「神のみこころは、あなたがたが清くなることである」(Ⅰテサロニケ4:3)。神に従うことを喜ばない「私が、私が」という自我が潔められ、喜んで御心に従うようになる、これこそ信仰者に対する神の最大の御心と言えるでしょう。
口先では「御心がなるように」と祈っていても、心の中では「御心を変えて下さい」と願い、御心よりも自分の思いを押し通そうとしてはいないでしょうか。「わが神よ、わたしはみこころを行うことを喜びます」(詩篇40:8)と御心に従うことによってのみ魂には平安があり、地には平和があり、御名があがめられ、御国が拡大していくのです。

マタイによる福音書6:5~15「御国を来らせたまえ」

2月12日、マタイによる福音書6:5~15「御国を来らせたまえ」
①御国の到来と完成
「御名があがめられますように」と祈るとき、そうでない現実に気づきます。それは、神に敵対する悪魔が存在するからです。そこで続いて「御国がきますように」と祈るのです。「御国」とは、神の恵みによる支配という意味です(「神の国」「天国」も同意)。イエスが「神の国は、実にあなたがたのただ中にあるのだ」(ルカ17:20~21)、「神の国が力をもって来る(=十字架)」(マルコ9:1)と言われたように、御国はイエス来臨によって、さらに十字架と復活によって、すでにこの地上に実現しています。またイエスを信じる者の心の「ただ中に」、信仰者の集まりである教会の「ただ中に」も実現しています。しかしいまだ不完全で、その完成はキリスト再臨後のことです(黙示録20:1~21:4)。それゆえこれは、神の恵みによる完全な支配が一日も早く実現するようにという祈りなのです。
②御国の完成のために
御国は信じる者の心の内にすでに実現してはいますが、神とその御言葉に従えない自己中心、自我がしばしばトラブルの一因となります。それゆえこれは、まず祈る者自身の醜い自我がキリストと共に十字架につけられて死に、キリストが内住されることにより(ガラテヤ2:19~20)、喜んで神に服従できるようにという祈りです。また、福音が全世界に宣べ伝えられた後に再臨があるということは、私たちの怠慢が再臨を遅らせているとも言えます(マタイ24:14)。それゆえこれは、福音を宣ベ伝えようと決意し、そのために自らを献げる祈りでもあるのです。

マタイによる福音書6:5~15「御名をあがめさせたまえ」

2月5日、マタイによる福音書6:5~15「御名をあがめさせたまえ」
「名は体を表す」と言うように、「御名」とは神ご自身そのものです。「御名があがめられますように(=直訳「聖とされますように」)」とは、神ご自身が他のあらゆるものから区別されるように、神が神として畏れられるように、という祈りです。なぜそう祈るのか。そうでない現実があるからです(マラキ書1:6)。この祈りは、全被造物が「ひざをかがめ…栄光を父なる神に帰する」ことを願う究極の祈りです(ピリピ2:10~11)。
と同時に、祈る者自身がまず御名が崇められるような生活をする責任があることをも教える祈りです。真に神を畏れているならば、喜んで神に服従するはずです(詩篇9:10)。ところが「神の御名は、あなたがたのゆえに、異邦人の間で汚されている」現実が少なくありません(ローマ2:24)。私たちが御名を崇めることを怠るならば、それによって世の人々が御名を汚すようになります。信じていることと生活していることとが一致しているとき、人々の間で真に御名が崇められるのです。
パウロが「切実な思いで待ち望むことは…わたしの身によってキリストがあがめられること(「主の祈り」とは異語。レンズで拡大される、の意)」でした(ピリピ1:20~21)。私たちは「小キリスト」、“walking dictionary”(歩く辞書)ならぬ“walking Bible”(歩く聖書)です。世のほとんどの人々は活字の聖書は読みませんが、歩く聖書である私たちの生活を見ています。そして私たちの生活を通して聖書を読んでいます。どうしたら自分の全存在を通してキリストが拡大されて人々に見られるだろうか、と自問しながら、御名が崇められる生活をしたいものです(マタイ5:16)。

マタイによる福音書6:5~15「天にまします我らの父よ」

1月29日、マタイによる福音書6:5~15「天にまします我らの父よ」
①「天にいます」神
「天にいます」とは、神は私たち汚れた罪人とは次元の全く異なる超越者(イザヤ書57:15)、永遠の神、全能の神、遍在の神であり、「求めない先から…必要なものはご存じ」の神であることを表しています。この神に祈ることがどんなに畏れ多いことかをまず認識しなければなりません。神を侮っていると、必ず刈り取りがあります(ガラテヤ6:7~8)。
②「父」なる神
人は神に造られたのですから、本来神は父であり、人は神の子です。しかしアダムの堕罪以来、人は神から遠く離れ、「悪魔の子」(第一ヨハネ3:10)、「怒りの子」(エペソ2:3)のような存在となりました。そんな罪人であっても、御子イエスの十字架を信じるならば神の子として回復され、「アバ(アラム語で、ユダヤの子どもが家で父親に呼びかける言葉。「パパ」「お父ちゃん」に相当)、父よ」と「天にいます」神に向かって親しく呼びかけることができるとは何という恵みでしょうか(ヨハネ1:12、ローマ8:14~16)。
③「われらの」神
「わたしの」神ではなく「われらの」神ですから、「われらの父よ」と祈るとき、私は決して孤独ではない、信仰の旅路を共に歩む兄弟姉妹がいる、神の家族の一員であることを思い起こすのです。また、私が今祈っている神は、あの兄弟の神、あの姉妹の神でもあることを思い起こすのです。もし「われらの父よ」と心から祈れない何かがあるならば、その問題を素直に神に打ち明け、赦しと和解を得ましょう(14~15節)。

マタイによる福音書6:5~15「祈る時には」

1月22日、マタイによる福音書6:5~15「祈る時には」
人が神に祈る姿は崇高で美しいものですが、そこにも偽善が潜む危険性があることをイエスは指摘し、いかに祈るべきか教えられました。
①神とひとりで祈る(5~6節)
偽善者(役者、演技する者、の意)は自分の熱心さをアピールするため、わざと人目につく所で祈りました。人からの称賛は受けても、神からの報いは受けられない、神に届かない祈りです。そうではなく、「(あなたの)へやにはいり、(あなたの)戸を閉じて…あなたの父に祈」る、すなわち神とあなただけで祈るのです。集会で祈る時も、人に聞かせる祈りではなく、神に聞かせる祈りを心がけ、心注ぎ出して祈りましょう。
②神を信じて祈る(7~13節)
「くどくどと祈る」のは、真の神を知らない異邦人共通の祈りですが(列王紀上18:26)、神は「求めない先から、あなたがたに必要なものはご存じ」なのです(8、32節)。ご存じだから祈る必要がないのではなく、ご存じだからこそ欠けだらけの私たちであっても安心して祈れるのです。神は必ず最善をなして下さると全幅の信頼を置いて祈りましょう。
③赦され赦して祈る(14~15節)
「主の祈り」の中にも赦しに関する祈りがあるように(12節)、祈る上で赦しの心は不可欠で、もし赦せなければ、その祈りは神に届かないということです。神の前に赦されようのない罪人がイエスの身代わりの十字架のゆえに赦されました。だから他人をも赦す(コロサイ3:13)、そのような人の祈りにあわれみ深い神は喜んで耳を傾けられるのです。

ルカによる福音書7:11~17「泣かないでいなさい」

1月15日、ルカによる福音書7:11~17「泣かないでいなさい」
百卒長の僕が奇跡的に癒された「そののち、間もなく」のことですから、イエスの一行はいつも以上に意気揚々と歩いていたことでしょう。まさに、命と喜びに満ちあふれる行列です。そんな一行が、ナインの町の門から出てきた葬列とばったり鉢合わせしました。夫を亡くした後、精神的・経済的・社会的に唯一の支えであったひとり息子を亡くして葬りに行くやもめの、まさに死と悲しみに満ちあふれる行列です。
深い悲しみの中にあるやもめに対して、イエスはご自分のほうから近づき、「見て」、はらわたが揺り動かされるほど、まるでご自分の悲しみのように「深い同情を寄せられ」、「泣かないでいなさい」と言われました。「主は私の息づかいよりも、私の手足よりも、もっとそば近くおられ」(スポルジョン)、悩み悲しみに寄り添って下さる真の慰め主です。
この状況で私たちが「泣かないでいなさい」と言えば、怒りと反発を引き起こすだけで、人間が語り得る言葉ではありません。神の御子イエスだからこそ語り得た慰めの言葉です。事実この後、「若者よ、さあ、起きなさい」という一言でひとり息子を生き返らせました。イエスご自身も、私たちの罪を背負って十字架につけられ、神にさばかれて死なれましたが、三日目によみがえって罪と死を打ち破られました。
イエスを信じる者たちもいずれ死にますが、再臨時、「さあ、起きなさい」との御声を聞いて復活し、天国で永遠に生きます(黙示録21:3~4)。以上の慰めと希望を得ている教会には、絶望の淵にある人々を慰め励ます、命と喜びに満ちあふれる行列となる責任があるのです。

ページ移動