記事一覧

出エジプト記33:12~16「わたしの臨在が同行する」

2021年4月11日、出エジプト記33:12~16「わたしの臨在が同行する」
モーセが「四十日四十夜、(シナイ)山にい」て十戒を授与されている間、不安になった民は偶像を造って約束の地を目指そうとしました(31:18~32:1)。下山して目を疑うような光景を見たモーセは、罪の赦しと主の臨在の同行を切願しました(32:11~14、30~34)。そうして与えられた御言葉が、「わたしの臨在がともに行き、あなたを休ませる」です。
「わたし(イエス)にとどまっていなければ、実を結ぶことはできません」(ヨハネ15:4)が、「私を強くしてくださる方によって…どんなことでもできる」(ピリピ4:13)、「キリストなしには片時たりとも生きていけない者」「宙ぶらりんではなく、神ぶらりん」なのがキリスト者です。
「どんな問題も、問題そのものが問題でなく、それをどう見るか、それとどう関わるか、あるいはその問題をどう捉えるか、それが問題なのです。この世には、本来問題というものはありません。あるのは問題との取り組み方だけです」(ある牧師)。人間の手に負えないことが山ほどあっても、主の手に負えないことなど皆無です。それなのに自分の力を頼りに下手に頑張るから、かえって事態が紛糾し、時間と労力を浪費することになるのです。主の出番を横取りするから、主の全能の力を体験する絶好の機会を逃すことになるのです。臨在の主に対する信仰を働かせるよりも常識を働かせ、主に頼るよりも人に頼っていないでしょうか。コロナ禍で閉塞感がますます募る今こそ、主の助けなくしては何もできないと自己絶望し、「やめよ。知れ。わたしこそ神」(詩篇46:10)、「わたしの臨在がともに行き、あなたを休ませる」と言われる主にひたすら信頼して歩みたいものです。

ルカの福音書23:50~24:7「墓にはおられない、よみがえられた」

2021年4月4日、ルカの福音書23:50~24:7「墓にはおられない、よみがえられた」
アリマタヤのヨセフは「ピラトのところに行って、イエスのからだの下げ渡しを願い出」、十字架から「イエスのからだを降ろして亜麻布で包み、まだだれも葬られていない、岩に掘った墓に納め」ました。死ぬはずのない永遠なる神の御子イエスが、本当に死なれたのです。
イエスを慕う女性たちは「明け方早く」、遺体に香料を塗ろうと墓に急ぎましたが、彼女たちの前には大問題がありました。墓の入口をふさぐ大石です。彼女たちはこの大石についてずっと話し合いながら墓まで来ましたが、それは全く不要な思い煩いでした。すでに「石が墓からわきに転がされていた」。イエスは復活されたのです。
墓の大石どころではない人類共通の最大の大石、それは罪と死の大石です。この大石を取り除くために罪の全くない神の御子イエスが来臨され、私たちの罪を背負って十字架につけられ、私たちに代わって神のさばきを一身に受けて死なれましたが、三日目に復活されました。十字架がなくては復活の意味はなく、復活がなくては十字架は完成しません(ローマ4:25)。空っぽの墓こそ、イエスが罪と死に勝利され、今も生きておられる救い主であること、ただイエスを信じるだけで罪赦されるという救いが完成されたことの証明なのです。
十字架と復活によって、神と私たちとを隔てる途方もない罪と死の大石を「転が」してくださったイエスは、私たちの人生に立ちはだかる大石をも同様に「転が」してくださるお方です。それゆえ困難の大石ばかり見つめて失望しないで、復活のイエスを仰ぎ見るなら(詩篇121:1~2)、すでに「石が…転がされていた」のを見ることでしょう。

ルカの福音書23:50~24:7「墓にはおられない、よみがえられた」

2021年4月4日、ルカの福音書23:50~24:7「墓にはおられない、よみがえられた」
アリマタヤのヨセフは「ピラトのところに行って、イエスのからだの下げ渡しを願い出」、十字架から「イエスのからだを降ろして亜麻布で包み、まだだれも葬られていない、岩に掘った墓に納め」ました。死ぬはずのない永遠なる神の御子イエスが、本当に死なれたのです。
イエスを慕う女性たちは「明け方早く」、遺体に香料を塗ろうと墓に急ぎましたが、彼女たちの前には大問題がありました。墓の入口をふさぐ大石です。彼女たちはこの大石についてずっと話し合いながら墓まで来ましたが、それは全く不要な思い煩いでした。すでに「石が墓からわきに転がされていた」。イエスは復活されたのです。
墓の大石どころではない人類共通の最大の大石、それは罪と死の大石です。この大石を取り除くために罪の全くない神の御子イエスが来臨され、私たちの罪を背負って十字架につけられ、私たちに代わって神のさばきを一身に受けて死なれましたが、三日目に復活されました。十字架がなくては復活の意味はなく、復活がなくては十字架は完成しません(ローマ4:25)。空っぽの墓こそ、イエスが罪と死に勝利され、今も生きておられる救い主であること、ただイエスを信じるだけで罪赦されるという救いが完成されたことの証明なのです。
十字架と復活によって、神と私たちとを隔てる途方もない罪と死の大石を「転が」してくださったイエスは、私たちの人生に立ちはだかる大石をも同様に「転が」してくださるお方です。それゆえ困難の大石ばかり見つめて失望しないで、復活のイエスを仰ぎ見るなら(詩篇121:1~2)、すでに「石が…転がされていた」のを見ることでしょう。

ルカによる福音書22:39~46「神の怒りの杯」

2021年3月28日、ルカによる福音書22:39~46「神の怒りの杯」
①苦悶の祈り
「杯」は神の怒りの象徴で、十字架上で神の怒りを受けて死ぬことを意味しています。このときイエスは、崩れ落ちるように「ひざまずいて」祈られました。それは、十字架上の死はただ単なる死ではなく、全人類の罪に対する神の刑罰としての死であったからです(Ⅱコリント5:21)。イエスの苦悶は、他でもないこの私の罪のための苦悶でした。
②服従の祈り
もし十字架以外に罪を贖う方法があるなら「この杯をわたしから取りのけてください」というのがイエスの本音でした。「しかし、わたしの思いではなく、みこころが成るようにしてください」と、何よりも神の御心が実現することを願われました。油搾りという意味の「ゲツセマネ」、それは十字架刑を前にしたイエスが血の汗を流しながら祈る場所にふさわしい名前です。イエスはちょうどオリブの実のように、神の御心という上石と人類に対する愛という石うすとの間で砕かれ、すりつぶされ、十字架刑を受け入れられたのです。御心は、私たちを祝福しようとする神の愛のご計画ですから、神の御心に従って歩むとき、最も深い満足と喜びを見出すことができるのです。
③勝利の祈り
御心に服従する決意をされたイエスは、「祈を終えて立ちあがり」、十字架上で神の怒りの杯を最後の一滴まで飲み干し、十字架を信じるだけで救われるという救いを完成されました。あなたは、「キリストが代わりに死んでくださった、そのような人」(ローマ14:15)なのです。

ルカによる福音書22:39~46「神の怒りの杯」

2021年3月28日、ルカによる福音書22:39~46「神の怒りの杯」
①苦悶の祈り
「杯」は神の怒りの象徴で、十字架上で神の怒りを受けて死ぬことを意味しています。このときイエスは、崩れ落ちるように「ひざまずいて」祈られました。それは、十字架上の死はただ単なる死ではなく、全人類の罪に対する神の刑罰としての死であったからです(Ⅱコリント5:21)。イエスの苦悶は、他でもないこの私の罪のための苦悶でした。
②服従の祈り
もし十字架以外に罪を贖う方法があるなら「この杯をわたしから取りのけてください」というのがイエスの本音でした。「しかし、わたしの思いではなく、みこころが成るようにしてください」と、何よりも神の御心が実現することを願われました。油搾りという意味の「ゲツセマネ」、それは十字架刑を前にしたイエスが血の汗を流しながら祈る場所にふさわしい名前です。イエスはちょうどオリブの実のように、神の御心という上石と人類に対する愛という石うすとの間で砕かれ、すりつぶされ、十字架刑を受け入れられたのです。御心は、私たちを祝福しようとする神の愛のご計画ですから、神の御心に従って歩むとき、最も深い満足と喜びを見出すことができるのです。
③勝利の祈り
御心に服従する決意をされたイエスは、「祈を終えて立ちあがり」、十字架上で神の怒りの杯を最後の一滴まで飲み干し、十字架を信じるだけで救われるという救いを完成されました。あなたは、「キリストが代わりに死んでくださった、そのような人」(ローマ14:15)なのです。

マルコによる福音書8:14~21「パン種警戒警報②」

2021年3月21日、マルコによる福音書8:14~21「パン種警戒警報②」
四千人の給食で「残ったパンくずを集めると、七かごになった」のに(1~10節)、「弟子たちはパンを持って来るのを忘れ…舟の中にはパン一つしか持ち合わせがなかった」ので、「パリサイ人のパン種とヘロデのパン種とを、よくよく警戒せよ」とイエスに言われると、「パンを持っていないため」叱られたと考え、「互に論じ合っ」ていました。弟子たちはパンの奇跡を二度も目撃していながらイエスの力を忘れ、思い煩いのパン種が心の中で膨らみ、争いにまで発展したのです。
五千人の給食では(6:33~44)、弟子たちは環境の悪さ・時間の遅れ・問題の大きさ・能力の不足ばかりに目を奪われ、天地万物を創造された全能の神を見失っていました。しかしイエスは、問題の大きさに目を奪われたり振り回されたりはなさいませんでした。今手元にあるものに目を留め、そして何よりも「天を仰いで」神に信頼されました。
全能の神を度外視して、自分の力だけを頼りに生きるなら、思い煩いが生じてこないはずがありません。マイナス思考に陥って心がカサカサになり、周りに当たり散らすようになるのが関の山です。イエスはそんな弟子たちや私たちに、これまであなたの人生の上にも神の恵みのみわざが何度もなされてきたではないか、そうした神の恵みを「思い出さないのか」と語りかけておられます。神に信頼しきることのできない「パン種」、自分の力で何とかしようと頑張る「パン種」を早く取り除いていただかないと、心は思い煩いに占領されてしまいます。「風邪をこじらせると長引きます。心が重症になる前にも、芯から温めてくれる『こころのごはん』が必要です」(宮葉子師)。

マルコによる福音書8:14~21「パン種警戒警報②」

2021年3月21日、マルコによる福音書8:14~21「パン種警戒警報②」
四千人の給食で「残ったパンくずを集めると、七かごになった」のに(1~10節)、「弟子たちはパンを持って来るのを忘れ…舟の中にはパン一つしか持ち合わせがなかった」ので、「パリサイ人のパン種とヘロデのパン種とを、よくよく警戒せよ」とイエスに言われると、「パンを持っていないため」叱られたと考え、「互に論じ合っ」ていました。弟子たちはパンの奇跡を二度も目撃していながらイエスの力を忘れ、思い煩いのパン種が心の中で膨らみ、争いにまで発展したのです。
五千人の給食では(6:33~44)、弟子たちは環境の悪さ・時間の遅れ・問題の大きさ・能力の不足ばかりに目を奪われ、天地万物を創造された全能の神を見失っていました。しかしイエスは、問題の大きさに目を奪われたり振り回されたりはなさいませんでした。今手元にあるものに目を留め、そして何よりも「天を仰いで」神に信頼されました。
全能の神を度外視して、自分の力だけを頼りに生きるなら、思い煩いが生じてこないはずがありません。マイナス思考に陥って心がカサカサになり、周りに当たり散らすようになるのが関の山です。イエスはそんな弟子たちや私たちに、これまであなたの人生の上にも神の恵みのみわざが何度もなされてきたではないか、そうした神の恵みを「思い出さないのか」と語りかけておられます。神に信頼しきることのできない「パン種」、自分の力で何とかしようと頑張る「パン種」を早く取り除いていただかないと、心は思い煩いに占領されてしまいます。「風邪をこじらせると長引きます。心が重症になる前にも、芯から温めてくれる『こころのごはん』が必要です」(宮葉子師)。

マタイによる福音書14:22~33「イエスはすぐに手を伸ばし」

2021年3月14日、マタイによる福音書14:22~33「イエスはすぐに手を伸ばし」
弟子たちは逆風のため舟をこぎあぐね、半日経っても向こう岸に到着できずにいました。精も根も尽き果てた夜明け、山で祈っておられたイエスが海上を歩いて近づき、「しっかりするのだ、わたしである。恐れることはない」と語りかけられました。イエスは「天においても地においても、いっさいの権威を授けられた」(28:18)全宇宙の支配者で、事実「ふたりが舟に乗り込むと、風はやんでしまった」。私たちにも試練や困難という人生の逆風が吹き荒れることがありますが、どんなに激しい逆風に見舞われようとも、イエスは私たちの味方であり、同様に語りかけ祈っておられることを信じましょう。
イエスの言葉に力を得たペテロは、「水の上を歩いてイエスのところに行」こうとしました。イエスに目を留めているうちは歩けましたが、「風を見て恐ろしくなり…おぼれかけ」ました。イエスから目を離して試練や困難に目を留めるなら、信仰が動揺して世の波風に飲み込まれてしまうということです(ヘブル12:2)。とは言え、些細なことで恐れ惑い、不信仰に陥り、「風を見て恐ろしくなり…おぼれかけ」ることもあるでしょう。そんなときこそペテロのように「主よ、お助けください」と即座に祈りましょう。すると「イエスはすぐに手を伸ばし、彼をつかまえ」られました。ペテロはこの後もいろいろな失敗をしますが、イエスに手をつかまれて助けられた感触は、ペテロの人生を変わらず支える宝であったことでしょう。これまで自分を支えてきた何ものも頼りにならない、打つ手がないようなときに、「お助けください」と叫んで信頼できるお方を持っている人は幸いです。

マルコによる福音書8:14~21「パン種警戒警報①」

2021年3月7日、マルコによる福音書8:14~21「パン種警戒警報①」
四千人の給食で「残ったパンくずを集めると、七かごになった」のに(1~10節)、「弟子たちはパンを持って来るのを忘れ…舟の中にはパン一つしか持ち合わせがなかった」ので、「パリサイ人のパン種とヘロデのパン種とを、よくよく警戒せよ」とイエスに言われると、「パンを持っていないため」叱られたと考え、「互に論じ合っ」ていました。
ほんの少量であってもパン生地全体に浸透して膨らませる「パン種」は、聖書では多くの場合、悪影響の象徴として用いられています(マタイ13:33「天国は、パン種のようなものである」は例外)。パリサイ人は、律法を具体的に規定した口伝律法を人一倍忠実に守ることで神を敬っている気になっていましたが、それは「口さき」だけのことで、「その心はわたし(神)から遠く離れている」、仮面をかぶって義人を演じる「偽善者(俳優、通訳、の意)」でした(7:6~7)。ヘロデは「兄弟ピリポの妻ヘロデヤ」と略奪結婚したことをバプテスマのヨハネに糾弾されながらも、「その教を聞いて非常に悩みながらも、なお喜んで聞いて」いました。しかし残念ながら、ただ聞くだけで、自分の生活に当てはめて悔い改めようとまではしませんでした。その結果、王としての地位や面子を優先してヨハネを処刑しました。パリサイ人の律法主義、ヘロデの世俗主義・優柔不断を警戒せよ、とイエスは言われたのです。
わずかの「パン種」であっても、放置しておくといつの間にか悪影響を受け、深刻な問題になりかねません。悪いパン種に気づいたら即刻取り除くことです。良いパン種である神の言葉が魂の隅々にまで浸透するなら、大きく膨らんで神の恵みを指し示すことでしょう。

マルコによる福音書8:14~21「パン種警戒警報①」

2021年3月7日、マルコによる福音書8:14~21「パン種警戒警報①」
四千人の給食で「残ったパンくずを集めると、七かごになった」のに(1~10節)、「弟子たちはパンを持って来るのを忘れ…舟の中にはパン一つしか持ち合わせがなかった」ので、「パリサイ人のパン種とヘロデのパン種とを、よくよく警戒せよ」とイエスに言われると、「パンを持っていないため」叱られたと考え、「互に論じ合っ」ていました。
ほんの少量であってもパン生地全体に浸透して膨らませる「パン種」は、聖書では多くの場合、悪影響の象徴として用いられています(マタイ13:33「天国は、パン種のようなものである」は例外)。パリサイ人は、律法を具体的に規定した口伝律法を人一倍忠実に守ることで神を敬っている気になっていましたが、それは「口さき」だけのことで、「その心はわたし(神)から遠く離れている」、仮面をかぶって義人を演じる「偽善者(俳優、通訳、の意)」でした(7:6~7)。ヘロデは「兄弟ピリポの妻ヘロデヤ」と略奪結婚したことをバプテスマのヨハネに糾弾されながらも、「その教を聞いて非常に悩みながらも、なお喜んで聞いて」いました。しかし残念ながら、ただ聞くだけで、自分の生活に当てはめて悔い改めようとまではしませんでした。その結果、王としての地位や面子を優先してヨハネを処刑しました。パリサイ人の律法主義、ヘロデの世俗主義・優柔不断を警戒せよ、とイエスは言われたのです。
わずかの「パン種」であっても、放置しておくといつの間にか悪影響を受け、深刻な問題になりかねません。悪いパン種に気づいたら即刻取り除くことです。良いパン種である神の言葉が魂の隅々にまで浸透するなら、大きく膨らんで神の恵みを指し示すことでしょう。

ページ移動