記事一覧

ルカによる福音書24:1~12「キリストの復活」

2016年3月27日、ルカによる福音書24:1~12「キリストの復活」
十字架上に死んで墓に葬られたイエスの御体に香料を塗り、完全に葬って差し上げようと、彼女たちは「週の初めの日、夜明け前に…墓に行った」。まるで夜明けが待ちきれないかのように墓に急ぐ彼女たちの並々ならぬ愛と熱心が伝わってきます。私たちも毎週このような愛と熱意、飢え渇きをもって礼拝に急ぎ集っているでしょうか。
しかし墓に急ぐ彼女たちの前には大問題がありました。墓の入口をふさぐ大石です。彼女たちはこの大石についてずっと話し合いながら墓まで来ましたが(マルコ16:3「話し合っていた」=話し合い続けていた)、それは全く不要な思い煩いでした。すでに「石が墓からころがして」ありました。約束どおりイエスは死を打ち破って復活されたのです。
墓の大石どころではない人類共通の最大の大石、それは罪と死の大石です。この大石を取り除くために罪の全くない神の御子イエスが来臨され、私たちの罪を背負って十字架につけられ、私たちに代わって神のさばきを一身に受けて死なれましたが、三日目に復活されました。十字架がなくては復活の意味はなく、復活がなくては十字架は完成しません(ローマ4:25)。空っぽの墓は、イエスが罪と死に勝利され、今も生きておられる救い主であること、ただイエスを信じるだけで罪赦されるという救いが完成されたことの証明なのです。
十字架と復活によって、神と私たちとを隔てる途方もない罪と死の大石を「ころがして」下さったイエスは、私たちの人生に立ちはだかる大石をも同様に「ころがして」下さるお方です。それゆえ困難の大石ばかり見つめて失望せず、復活のイエスを仰ぎ信頼するなら(詩篇121:1~2)、すでに「石が…ころがしてある」のを見ることでしょう。