記事一覧

ルカによる福音書22:39~46「御心がなるように」

3月29日、ルカによる福音書22:39~46「御心がなるように」
①苦悶の祈り
「杯」は神の怒りの象徴で、十字架上で神の怒りを受けて死ぬことを意味しています。ユダヤでは立って祈るのが普通でしたが、このときのイエスはあまりの苦悶のゆえに、まるで崩れ落ちるように「ひざまずいて」祈られました。それは、十字架上の死は単なる死ではなく、全人類の罪に対する神のさばきとしての死であったからです(Ⅱコリント5:21)。このイエスの苦悶は、この私の罪のための苦悶でした。
②服従の祈り
もし十字架以外に罪を贖う方法があるなら「この杯をわたしから取りのけてください」というのがイエスの本心でした。「しかし、わたしの思いではなく、みこころが成るようにしてください」と何よりも神の御心が実現することを願われました。油搾りという意味の「ゲツセマネ」、それは十字架を前にしたイエスが血の汗を流しながら祈る場所にふさわしい名前です。イエスはちょうどオリブの実のように、神の御心という上石と、人類に対する愛という石うすとの間で砕かれ、すりつぶされ、十字架刑を受け入れられたのです。「御心とは、人間を祝福しようとする神の愛のご計画である」。御心に従って歩むとき、私たちは最も深い満足と喜びを見出すことができるのです。
③勝利の祈り
イエスは祈りの中で御心に服従する決意をして勝利されたので、「祈を終えて立ちあがり」、十字架上で神の怒りの杯を最後の一滴まで飲み干し、十字架を信じるだけで救われるという救いを完成されました。十字架の勝利も、ゲツセマネの祈りの勝利があればこそでした。