記事一覧

コリント人への第一の手紙15:1~11「キリストの復活」

3月23日、コリント人への第一の手紙15:1~11「キリストの復活」
①復活は罪に対する勝利(1~19節)
キリストが十字架につけられて死なれたのは「わたしたちの罪のため」であり、「そして葬られたこと」とわざわざ記すのは、仮死ではなく完全な死であったことを強調するためです。しかしキリストは「三日目によみがえ」られ、今も生きておられます(3~4節)。もし十字架の死だけで復活がなかったならば、救いは未完成であり、その結果、「信仰は空虚なものとなり…いまなお罪の中にいることにな」り、「すべての人の中で最もあわれむべき存在とな」ります(12~19節)。しかし「三日目によみがえったこと」により、罪に対する勝利と救いの完成が証明されたのです。このように十字架と復活は表裏一体、福音の中心です。この福音を信じる者は誰でも義と認められるのです(ローマ4:25)。
②復活は死に対する勝利(20~58節)
キリストは、人類最大の敵である死を復活によって打ち破られ、死は一切の終わりではなくなりました(55~57節)。キリストの復活は、キリストを信じる者も同様に復活することの「初穂」、前兆です(20節)。死からいのちへの大逆転をもたらした復活を信じるならば、その人自身の人生にも大逆転がもたらされ、すべてが意味あるものへと変えられていくのです。「主にあっては」、無駄なこと、無意味なことなど何一つとしてありません。また、様々な問題に直面するとき、死をも打ち破られたキリストの御力に真により頼むならば、試練や困難を耐え忍んで乗り越えることができるようにされるのです(58節)。