記事一覧

ルカによる福音書13:1~9「私のために切り倒された主」

3月28日、ルカによる福音書13:1~9「私のために切り倒された主」
①父なる神の忍耐
このいちじくは三年も実を結ばないばかりか、「土地をむだにふさ」いで他の収穫を妨げています。人は神を愛し、神に従って歩むとき、真に人間らしく生きられるよう造られていながら、アダムの堕罪以来、全人類は神に背を向け、的外れの歩みをしています。その結果、実を結ばないばかりか、神の御名を汚してさえいます(ローマ2:24)。そんな私たちに対して神はじっと待ち続け、忍耐してこられたのです。
②御子イエスのとりなし
実を結ばないいちじく(=全人類)を切り倒すよう命じる主人(=父なる神)に対して園丁(=御子イエス)は、「ご主人様、ことしも、そのままにして置いてください(文語訳「主よ、今年も容(ゆる)したまへ」)…もしそれでもだめでしたら、切り倒してください」となおも期待し、主人にとりなしました。「切り倒します」ではなく「切り倒してください」ですから、たとい来年も実を結ばなくても、園丁には切り倒す気などまるでなく、なおもとりなし続けるつもりだということです。このように全人類をかばうイエスは、やがて全人類の罪の身代わりとして十字架上で切り倒され、「父よ、彼らをおゆるしください」と祈られました(ルカ23:34)。切り倒されて当然の者が今まで切り倒されずにきたのは、父なる神の忍耐と御子イエスのとりなしのゆえです。このイエスを信じて生きる人生は、いつでもやり直し可能な人生です。「そのまわりを掘って(御言葉と御霊の光によって自己の真相を深く掘り下げられる)」、「肥料をやって見ます(御言葉によって日々養われる)」。この二つが、「来年実がなりましたら」という主のご期待にお応えするための処方箋です。