記事一覧

マルコの福音書8:34「自分を捨ててイエスに従う」

2021年8月15日、マルコの福音書8:34「自分を捨ててイエスに従う」
イエスに従って行くためには、その前に「自分を捨て」ということがどうしても必要になります。「自分を捨て」るとは、人格や個性を否定することでもなければ、夢や財産を投げ出すことでもありません。「何が何でも。自分が、自分が」という自分勝手な思いを捨てて、神の御心に的を合わせて生きることです。「額には神の御名が記されている」(黙示録22:4)私たちの言動によって、かえって「神の御名」が汚されていないでしょうか。真に「自分を捨て」てイエスに従っているなら、真に毎週神を礼拝して御言葉を聞いているなら、そのような状態を放置したままにしないはず、否できないはずです。それができていること自体、真に「自分を捨て」て従おうとしていない証拠でしょう。神の御言葉は、何も私たちを苦しめたり困らせたりするためにあるのではありません。私たちが真に人間らしく歩めるようにと願われる神の愛の語りかけです。その御言葉によって叱られたとき、「自分を捨て」て神中心の生き方に方向転換する人は幸いです。
並行箇所には「自分を捨て、日々自分の十字架を負って」(ルカ9:23)とあります。「時々」ではなく「日々」です。「自分を捨て、自分の十字架を負って」イエスに従うのは、特別な日のためだけのものでもなければ、牧師や宣教師になる人だけのものでもありません。ごく平凡な日常生活の繰り返しの中でこそ実践すべき生き方なのです。イエスの生涯は、まさに「自分を捨て、自分の十字架を負って」神の御心に従って生きることが、どんなに自分自身にとっても周囲の人々にとっても祝福であるか、身をもってお示しくださった生涯でした。