記事一覧

ヨブ記2:7~10「幸いを神から受けるのだから」

2021年1月24日、ヨブ記2:7~10「幸いを神から受けるのだから」
再びサタンが来て、今度は「ヨブを撃ち…いやな腫物をもって彼を悩まし」ました。信仰を持つがゆえに苦悩する、悲惨な夫の姿を間近に見ていた妻が「神をのろって死になさい」と言うと、ヨブは「神から幸をうけるのだから、災をも、うけるべきではないか」と言いました。わが子をすべて失い、信仰につまずいた妻に、これまでどんなに「幸をうけ」てきたか思い起こさせ、優しく説得しようとした言葉です。
しかし前回の悲劇の際(1:22)にはなかった、気になる表現があります。「そのくちびるをもって罪を犯さなかった(直訳「彼の唇では罪を犯さなかった」)」。口にこそ出さないが、心の中ではそうではない、つぶやきがヨブの心の中で渦巻いていたことを示唆しています。流行語大賞にも選ばれた「なんでだろ~」、このときのヨブの心境もまさにそうだったでしょう。「神を畏れて生きてきた私がなんでだろ~」。しかしヨブ以上に「なんでだろ~」と苦悩された方がおられます。イエス・キリストです。イエスは罪の全くない神の御子でしたが、全人類の罪の身代わりとして十字架につけられ、「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」と叫ばれました(マタイ27:46)。
希望がまるで見えない状況で、ヨブはますますその苦悩を深めていきますが、それでもなお忍耐を働かせ続けました。ヨブには苦難の理由は最後まで明らかにされませんでしたが、霊の目で神を見るという体験によって納得し、祝福も回復されました(第42章)。御子イエスを犠牲にしてでも罪人を救おうとする愛なる神は、「すべての悩みのとき、主も悩まれ…救い」出してくださるお方です(イザヤ書63:9)。