記事一覧

ヨブ記1:20~22「主は与え、主は取られる」

2021年1月17日、ヨブ記1:20~22「主は与え、主は取られる」
「そのひととなりは全く、かつ正しく、神を恐れ、悪に遠ざかった」ヨブでしたが、一日のうちに子や僕、家畜等を失いました。それでもヨブは信仰によって再び「起き上がり…地に伏して拝し」、「わたしは裸で母の胎を出た。また裸でかしこに帰ろう。主が与え、主が取られたのだ。主のみ名はほむべきかな」と言いました。人は神に全面的に依存しなければ生きていけない無力な存在であることを認め、ただ神が神であるがゆえに、神を信じ畏れることを止めませんでした。このヨブの姿は私たちに、「あなたにとって神を信じるとは、神を礼拝するとはどういうことか」と問いかけます。また、私たちは所有者ではなく管理者に過ぎないことを謙虚に認めるよう迫ります。
義人がなぜ試練にあって苦しまなければならないのか、これが本書の中心主題です。ヨブには苦難の理由が最後まで知らされなかったように、私たちを襲う試練や苦難の意味や理由も、この地上では完全には理解できないでしょう。それゆえ理由のわからない苦難に直面しても、自分を責めたり神を恨んだりしてはなりません。御子イエスを十字架の死に渡すほど私たちを愛しておられる神が、どうして意味もなく私たちを苦しめたりなさるでしょうか。どんなに辛く苦しいときでも、常に神は私たちの味方です。この神にどこまでも信頼するよう本書は私たちに語りかけているのです。「わたしの愛する子よ。あの阪神・淡路大震災を、またあの試練をよくぞ耐え忍んで信仰を守り通してくれた。わたしの誇りだ、喜びだ。これからもその信仰を貫き通してほしい」と主は称賛されていることでしょう。