記事一覧

ルカによる福音書1:5~24「あなたの願いが聞かれたのです」

2021年1月3日、ルカによる福音書1:5~24「あなたの願いが聞かれたのです」
祭司ザカリヤと妻エリサベツは「神のみまえに正しい人で」したが、「子がなく…すでに年老いてい」ました。そんなある日、ザカリヤが神殿の聖所で香をたいていると御使が現れ、「あなたの祈が聞きいれられたのだ」と言われました。その言葉通り、「そののち、妻エリサベツはみごもり…月が満ちて、男の子を産んだ」のです。この子こそバプテスマのヨハネで、イエスの前に現れて道備えをする人物です。
ザカリヤ夫妻は「子どもを与えてください」と祈り続けていたでしょうが、ある年齢を境に諦め、そう祈るのを止めてしまっていたと思われます。しかし神は彼らの祈りを覚えておられました。神が祈りにお答えになるのは、神の「時」が満ちたときです。それは私たちが期待する「時」とは違うかもしれませんが、すべてを見通しておられる神にとっては、その「時」こそ最高最善のタイミングなのです。ザカリヤ夫妻の場合も、イエスのご降誕に合わせて、神は夫妻に子どもを与える「ちょうど良い時」を待っておられたのです。「神のなされることは皆その時にかなって美しい」(伝道の書3:11)、「神は、ちょうど良い時に、あなたがたを高く上げてくださいます」(Ⅰペテロ5:6、新改訳2017)。すべての背後には神がおられ、最善の時に最善の方法で実現するよう、万物を総動員して絶えず働いておられるのです。
常識を超えて信仰を働かせ、神の御言葉を信じるのが信仰です。信仰は「超」常識です。御言葉は「時が来れば成就する」ことを信じて祈り続けましょう(イザヤ書55:11)。「恐れるな、○○よ、わたしはあなたの祈りを確かに聞いている」と神は私たちにも語っておられます。