記事一覧

マルコによる福音書7:24~30「食卓の下の子犬でも」

2020年10月18日、マルコによる福音書7:24~30「食卓の下の子犬でも」
①すぐ聞きつけてきて(25節)
「けがれた霊につかれた幼い娘をもつ女が、イエスのことをすぐ聞きつけてきて、その足もとにひれ伏し」ました。何としても癒していただきたいという真剣・切実な信仰がありました。長血の女性もそうでした(5:25~34)。「きょう」という日(ヘブル4:7)、「今」という時(Ⅱコリント6:2)は、神が与えてくださった絶好の機会、見逃してはなりません。
②ひれ伏し…願い続けた(26~29節)
彼女はイエスに相手にされなくても執拗に願い続けたため、弟子たちが「この女を追い払ってください」と困り果てるほどでした(マタイ15:22~23)。イエスが「まず子供たち(ユダヤ人)に十分食べさすべきである。子供たちのパンを取って小犬(異邦人)に投げてやるのは、よろしくない」と言われても、イエスの柔和な様子や「小犬」という表現から、拒絶の言葉とは捉えず、「でも、食卓の下にいる小犬も、子供たちのパンくずは、いただきます」と迫ると、「あなたの願いどおりになるように」(マタイ15:28)とイエスは言われました。パリサイ人や律法学者との論争では負け知らずのイエスが、ここでは何か喜んで負けておられるように見えます。いくら祈っても答えがないのは、神が私たちの「信仰を見て」(2:5)、試しておられるのかもしれません(マタイ7:7)。
③家に帰ってみると(30節)
彼女は「お帰りなさい。悪霊は娘から出てしまった」とのイエスの言葉を信じて、「家に帰ってみると、その子は床の上に寝ており、悪霊は出てしまってい」ました。御言葉は必ず実現するのです(ヘブル11:1)。