記事一覧

マルコによる福音書7:14~23「人に入るもの、人から出るもの」

2020年9月20日、マルコによる福音書7:14~23「人に入るもの、人から出るもの」
「外から人の中にはいって来るもの(食物)」は、「腹の中にはいり…外に出て行くだけ」だから、「念入りに手を洗ってから」食事しないと汚れるという「昔の人の言伝え」など無意味で、「イエスは…どんな食物でもきよいものとされ」ました。「外から人の中にはいって来るもの」よりも、「人の中から出てくる…悪い思い」こそ大問題で、内から外に出て自分を汚し、他人を傷つけ、家庭や社会を破壊する恐るべき病原菌です。自分の目を外にではなく内に向けるようイエスは促しておられるのです。そのときどんなに逆立ちして頑張っても、自分ではどうすることもできないことがわかります。それほど罪に汚染された私たちは、もはやイエスに解決していただく他ないのです。
「妬み」や「誹り」から解放されたら、どんなに毎日が楽で幸せでしょうか。他にも心の中に様々な「悪い思い」を抱えているから、自分らしく生きることができないのです。すっきりした心と魂で生きることができないのです。そしてせっかく神から与えられている賜物や持ち味を十分発揮できないままくすぶり続けることになるのです。
私たち一人ひとりをかけがえのない最高傑作として愛していてくださる神は(イザヤ書43:4)、私たちが神の愛をいっぱい受け、神を愛し人を愛し、自分らしく最高の人生を歩むようにと願っておられます。それゆえ神は御子イエスをお遣わしになり、十字架の死に渡されたのです。まず自分も心の中に「悪い思い」がある「病人」(2:17)であることを素直に認めることがすべての始まりです。その上でイエスを信じ受け入れるなら、汚れた心も赦され、さらにきよめられるのです。