記事一覧

マルコによる福音書6:14~29「永遠に後悔することがないように」

2020年7月12日、マルコによる福音書6:14~29「永遠に後悔することがないように」
「イエスの名が知れわたって、ヘロデ王(イエス降誕時のヘロデ大王の息子アンテパス)の耳にはい」ると、「わたしが首を切ったあのヨハネがよみがえったのだ」とヘロデは考えました。バプテスマの「ヨハネは正しくて聖なる人であることを知って」いながら処刑していたからです。
「兄弟の妻をめとるのは、よろしくない」と真っ正面から糾弾するヨハネに対してヘロデは、「恐れ…保護を加え…その教を聞いて非常に悩み続けながらも、なお喜んで聞いてい」ました。罪を自覚していながらも悔い改めを拒み続けていると、「ところが、よい機会がきた」。せっかくの悔い改めの「機会」を、ヨハネ処刑の「機会」に変えてしまったのです。後にイエスが捕えられ、自分の前に連れて来られたとき、「ヘロデはイエスを見て非常に喜んだ」(ルカ23:8)ものの、もはやイエスはヘロデに何も語られませんでした。結局ヘロデは、バプテスマのヨハネとイエスの両方の死に手を貸すことになったのです。
ペリクスも「また、よい機会を得たら」と決断を先延ばしにした結果、二度と「よい機会」は訪れませんでした(使徒行伝24:24~27)。逆にダビデは、預言者ナタンの糾弾に「わたしは主に罪をおかしました」と悔いくずおれ、赦される「機会」となりました(サムエル記下第11~12章)。
心をかたくなにして御言葉の光に従うことを拒み続けていると、「良心に焼き印をおされて」(Ⅰテモテ4:2)麻痺してしまい、御言葉に心を刺され悔い改めることもなくなってしまいかねません。永遠に後悔することがないように、「きょう、み声を聞いたなら、あなたがたの心を、かたくなにしてはいけない」(ヘブル4:7)と警告しているのです。