記事一覧

詩篇100:1~5「私たちは牧場の羊」

2020年7月5日、詩篇100:1~5「私たちは牧場の羊」
詩人は「全地」に向かって「喜びをもって…歌いつつ…感謝しつつ…ほめたたえつつ」神を礼拝するよう招いています。それはなぜか。
①主は神であるから(1~3節)
神に造られながら、「羊のように迷って、おのおの自分の道に向かって行った」(イザヤ書53:6)私たち人間に、真の神を教え、神のもとに連れ戻すために来臨されたのが御子イエスです。この私を愛し、罪を贖うために死なれた十字架のイエスを仰ぎ見るとき、「われらを造られたものは主であって、われらは主のものである。われらはその民、その牧の羊である」と告白し、心から喜んで礼拝することでしょう。
②主は恵み深いから(4~5節)
「恵み…いつくしみ…まこと」は、契約における神の姿勢を表す重要語です。本篇は、バビロン捕囚から帰還後、神殿を再建・奉献した際に歌われた詩であろうと言われています。そのときイスラエルはきっと思ったことでしょう。主はよくぞこんな強情な羊をも見捨てず、「恵み…いつくしみ…まこと」の限りを尽くして導き続けてくださったものよ、と。そうして喜びと感謝に満ちて礼拝したことでしょう。
イスラエル同様、何度も何度も主に背いてきた私たちが今なお礼拝の民とされているばかりか、これまで「耐えられないような試錬に会わせることはないばかりか、試錬と同時に、それに耐えられるように、のがれる道も備えて下さ」いました(Ⅰコリント10:13)。すべては主の「恵み…いつくしみ…まこと」以外の何ものでもありません。そのことを思えば、主を愛し、主を礼拝せずにはいられないはずです。