記事一覧

詩篇23:6「主は私の羊飼い、恵みが追って来る」

2020年6月28日、詩篇23:6「主は私の羊飼い、恵みが追って来る」
順境の日も逆境の日も、「わたしの生きているかぎりは(直訳「私の生涯のすべての日々」)必ず恵みといつくしみとが伴う(新改訳2017「追って来る」)でしょう」。「恵みといつくしみ」は、主の契約に対する真実な姿勢を表す重要語です。神の愛は、「もし~」という条件付きの愛でもなければ、「~だから」という状況次第の愛でもありません。「でも」の愛です。「たとい、わたしたちは不真実であっても、彼は常に真実である」(Ⅱテモテ2:13)。イスラエルがいかに「不真実であっても」、実際、不真実だらけでしたが、それ「でも」主は契約のゆえに主の側の「真実」を変えようとせず、契約を守り通されました。その最大の証拠が、約束の救い主イエスの来臨、十字架と復活による救いでした。
以前は「必ず恵みといつくしみとが伴う」人生とは無縁の者で、「自分の罪過と罪とによって死んでいた者…生れながらの怒りの子」(エペソ2:1~3)でした。「しかるに、あわれみに富む神は、わたしたちを愛して下さったその大きな愛をもって、罪過によって死んでいたわたしたちを、キリストと共に生かし」(エペソ2:4~6)、主ご自身と「恵みといつくしみ」とにサンドイッチされるようにして歩んでいます。だからこそ、「死の陰の谷」や「敵の前」を乗り越えることができたのです。
それゆえ、「主の宮」で主を礼拝することが何よりの喜びであり、「やがて、私は主の家に着き、いつまでもおそばで暮すこと」(リビングバイブル)を切望するのです(ピリピ1:23)。やがて死によって地上生涯を終えますが、イエスを信じて「永遠の命を得ている」(ヨハネ6:47、新共同訳)者は、主と共に生きる場所が地上から天上に変わるだけなのです。