記事一覧

ヨハネによる福音書20:11~18「振り向くと復活のイエスが」

2020年4月12日、ヨハネによる福音書20:11~18「振り向くと復活のイエスが」
日曜日の早朝マグダラのマリヤが、十字架上で死んで葬られたイエスの墓に行くと、入口の大石は除かれ、遺体がなくなっていました。「泣きながら、身をかがめて墓の中をのぞくと」、二人の御使から「女よ、なぜ泣いているのか」と語りかけられ、「うしろをふり向くと、そこにイエスが立っておられるのを見」ましたが、悲しみと失望で霊の眼が曇っていたからか、「それがイエスであることに気」づきませんでした。エマオ途上の弟子たちもやはりそうでした(ルカ24:16)。イエスも「女よ、なぜ泣いているのか」と語りかけられました。涙の意味を尋ねているのではなく、もはや泣く必要はないということです。十字架と復活によって救いを完成されたからです。イエスは続いて「マリヤよ」と優しく名前を呼ばれました。これまで何度も耳にした声に触れ、再び「ふり返っ(振り向く、心の向きを変える、の意。マタイ18:3「心をいれかえて」と同語)」たとき、イエスだとはっきり認識できたのです。
私たちの人生にも、失望してうなだれること、泣きたくなるようなことが多々あります。そんなとき、イエスが共におられることを見失って右往左往し、ますます落ち込んではいないでしょうか。しかし復活のイエスは私たちにも「○○よ、なぜ泣いているのか」と語りかけ、目を開いてくださいます。悩みの日にこそ御前に静まり、御言葉に耳を傾けましょう(詩篇50:15)。「うしろをふり向くと、そこにイエスが立っておられるのを見た」。共におられる復活のイエスを認めて仰ぐならば、今抱えている問題がどんなに大きくても、私たちの涙は拭われ、雄々しく立ち上がらせていただけることでしょう。