記事一覧

マルコによる福音書6:6b~13「十二弟子の派遣」

2020年3月22日、マルコによる福音書6:6b~13「十二弟子の派遣」
イエスは「十二弟子を呼び寄せ、ふたりずつつかわすことに」されました。「十二人をお立てになった」目的は、「彼らを自分のそばに置くためであり」、「つかわす」ためでした(3:14~15)。イエスは「彼らを自分のそばに置」いて訓練した上で、「全世界に出て行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝え」(16:15)る「宣教」のため、「悪霊を追い出す権威を持たせるため」に「つかわす」のです。その際、持参してよいものといけないものとの注意も与えられました。必要最小限の旅支度で、あとは全面的に神に信頼せよ、ということです。旅人をもてなす習慣があった当時だからできたことですが(ヘブル13:2)、神に真剣により頼んで期待することが薄らいではいないか、と問う必要もあるでしょう。「これは権勢によらず、能力によらず、わたしの霊によるのである」(ゼカリヤ書4:6)、今こそ当教団の原点に立つべきです。人間的な「権勢」や「能力」に寄り頼まず、聖霊に寄り頼みましょう。
十二弟子は、厳しい条件付きで遣わされることで、主に寄り頼まなければ到底全うできないことを日々痛感したことでしょう。と同時に、「ふたりまたは三人が、わたしの名によって集まっている所には、わたしもその中にいるのである」(マタイ18:20)と言われたとおり、イエスが共にいて助けてくださることを何度も体験したことでしょう。「彼らは出て行って、悔改めを宣べ伝え、多くの悪霊を追い出し、大ぜいの病人に油をぬっていやした」結果、「イエスの名が知れわたって、ヘロデ王の耳にはいった」「多くの人々は…一せいに駆けつけ…パンを食べた者は男五千人であった」となったのです(6:14、33~44)。