記事一覧

ヨハネによる福音書3:1~15「新しく生まれる」

2020年3月8日、ヨハネによる福音書3:1~15「新しく生まれる」
ニコデモは、宗教的には律法を厳格に守る「パリサイ人」、社会的には「ユダヤ人の指導者(最高議会の議員)」でした。「年をとってから」と自ら言うように老人であり、後にイエスを葬るため「没薬と沈香とをまぜたものを百斤ほど持ってきた」(19:39)金持ちでもあったでしょう。その彼が「夜イエスのもとに」来ました。「夜」(本書では多くの場合、霊的暗黒を暗示。9:4、11:10、13:30)は、彼の霊的暗黒状態、真の光を渇き求める心を暗示しています。律法を守り行っていても、神の国に入れるという確信がなく、魂には依然として「夜」の部分があったのでしょう。
そんなニコデモにイエスが「だれでも新しく(上から、新たに、という二重の意)生れなければ、神の国を見ることはできない」と言われると、霊的盲目の彼は「…もう一度、母の胎にはいって生れることができましょうか」と言う頓珍漢ぶり。そこでイエスは「水と霊(新生における聖霊の働きのことであろう)とから生れなければ、神の国にはいることはできない」、聖霊によって新生しなければ神の国に入れない、と再度言われました。「風」と同じで「霊」も目に見えませんが、聖霊は「思いのままに」働いて人を新生に導きます。「不思議に思うには及」びません。
続いて、「モーセが荒野でへびを上げた」出来事を引用して(民数記21:4~9)、「人の子もまた上げられなければならない(十字架、さらには復活・昇天をも意味)」と言われました。イスラエルが青銅の蛇を仰ぎ見て生きたように、全人類の罪の身代わりとして十字架に上げられて死に、三日目に死から引き上げられ、天に引き上げられたイエスを救い主と信じ仰ぐ者は、新しく上から生まれ、「永遠の命を得る」のです。