記事一覧

マルコによる福音書5:21~24、35~43「ただ信じていなさい」

2020年3月1日、マルコによる福音書5:21~24・35~43「ただ信じていなさい」
「会堂司のひとりであるヤイロ」が「死にかかってい」る娘のために「おいでになって、手をおいてやってください」とイエスにしきりに懇願すると、その信仰に答えて「イエスは彼と一緒に出かけられ」ました。ヤイロのように必死に祈り求めることを主は待っておられます。ハンナも「主の前に心を注ぎ出して」祈り抜き、やがて「その顔は、もはや悲しげではなくなった」のは、祈りが聞かれたと確信したからです。サムエルが与えられたのは、それからほどなくしてのことです(サムエル記上 第1章)。適当なところで立ち上がるから、いつまでたっても真の勝利が来ないのです。徹底的に祈り抜くことが大切です。
ヤイロの懇願に答えてすぐ出発したものの、「大ぜいの群衆」や長血の女に時間を取られているうちに、娘の死の知らせが届きました。ところが「イエスは…聞き流して(傍らで聞く、無視する、の意)…『恐れることはない(恐れているのを止めなさい、の意)。ただ信じなさい(信じ続けなさい、の意)』」と言われました。イエスは私たちの声をすぐ傍らで聞いておられますが、聞いても益にならない声は無視して聞き流されます。少年ダビデも巨人ゴリアテと戦うとき、人々は「無謀だ」と決めつけましたが、ダビデは「この戦いは主の戦いで」、主が勝利させてくださると確信していました(サムエル記上 第17章)。私たちも日々、世の声に翻弄され、神の御言葉よりも世の常識を優先してしまいそうになります。現実だけを見て、神を見失いそうになります。イエスはそんな弱い私たちに対して、周りの声など無視して聞き流しなさい、「恐れることはない。ただ信じなさい」と語りかけておられるのです。