記事一覧

サムエル記上17:31~49「神による自信と勝利」

2019年1月19日、サムエル記上17:31~49「神による自信と勝利」
①生ける神への信仰
巨人ゴリアテがペリシテ軍の代表として戦いを挑んでくると、サウル王をはじめイスラエル軍は「避けて逃げ、ひじょうに恐れた」のに対して、少年ダビデ(15歳前後)は聖なる憤りを覚え、サウルに「しもべが…戦いましょう」と申し出ました。するとサウルは無謀だと決めつけますが、ダビデはあくまでも勝利を確信してやみませんでした。
サウルもイスラエル軍も神を信じていたはずですが、現実に巨人ゴリアテを目の当たりにすると、信仰を働かせるよりも世の常識を働かせて、勝ち目なしと決め込んだのです。一方のダビデは自分の無力さを認識しつつも、世の常識を働かせるよりも「生ける神」「万軍の主…イスラエルの軍の神」への信仰を働かせました。羊飼いとして羊を猛獣から守るために戦った際、主は共にいて勝たせてくださったように、「この戦いは主の戦いであって」、ゴリアテとの戦いにおいても主は勝利させてくださるに違いないと確信していたのです。
②使い慣れた武器
ゴリアテと戦うためにダビデはサウルの武具を着せられましたが、大き過ぎた上に不慣れでした。そこで武具を脱ぎ捨て、使い慣れた石投げと石を手に戦いに臨み、見事一発でゴリアテを倒しました。
私たちも自分の手にある「武器」・賜物を活用しましょう。賜物は様々ですが、共通の「武器」があります。御言葉と祈りです(エペソ6:17~18)。普段の御言葉と祈りの積み重ねによって使い慣れた武器となっているならば、いざという時の底力となること間違いなしです。