記事一覧

詩篇96:1~13「主は再び来られる」

2019年12月15日、詩篇96:1~13「主は再び来られる」
①主は創造主であるから賛美せよ
天地万物は偶然にできたのではなく、「はじめに神は天と地とを創造された」(創世記1:1)。唯一真の神が造られ、私たち人間もこの神に造られ生かされています。「主はもろもろの天を造られた」「もろもろの神(偶像の神々)にまさって恐るべき者である」から、ほめたたえるのです。
②主は王であるから賛美せよ
天地万物を創造された主は、それらを統治する全宇宙の王でもあります。この王なる主を度外視する罪こそ不幸の最大原因で、この罪を解決するために神の御子イエスは降誕され、十字架と復活による救いを完成されたのです。このイエスを信じ受け入れるなら、世がいかに激しく揺れ動こうとも決して「動かされることはない」のです。
③主は再臨されるから賛美せよ
全人類を罪と滅びから救うために来臨されたイエスは、もう一度この世に「来られる」、今度は「地をさばくために来られ」ます。イエスの救いを拒んだ者は永遠の滅びを刈り取りますが、イエスを信じた者は天国に迎え入れられます(ローマ6:23)。神が私たちを愛するがゆえに御子イエスを惜しみなくプレゼントしてくださった日、それがクリスマスです。想像を絶する神の愛を拒み、神を悲しませることのないようイエスを信じましょう。さらに「私たちが滅びうせなかったのは、主の恵みによる。主のあわれみは尽きないからだ。それは朝ごとに新しい」(哀歌3:22)ことを感謝し、「新しい歌を主にむかってうた」うとともに、「日ごとにその救を宣べ伝えよ」うではありませんか。