記事一覧

マタイによる福音書2:1~12「喜びにあふれるクリスマス」

2019年12月8日、マタイによる福音書2:1~12「喜びにあふれるクリスマス」
①ヘロデ王の礼拝
東方の博士たちが、降誕された救い主を「ユダヤ人の王」と呼んだため、ヘロデ王は「不安を感じ」、「その幼な子のことを詳しく調べ…知らせてくれ。わたしも拝みに行くから」と言うものの、実は憎きライバルの抹殺を企んでいました。権力や目に見えるものを人生の第一の価値として礼拝するヘロデは、世の多くの人々の姿でもあります。
②博士たちの礼拝
今までにない星が夜空に輝くのを見た「博士たち(新共同訳「占星術の学者たち」)」は、救い主誕生のしるしと確信し、千㎞以上もの長旅を経て、遂に救い主にお会いしました。博士たちは救い主を「ひれ伏して拝み」、非常に高価な「黄金・乳香・没薬などの贈り物をささげ」ました。
人が真に幸いな人生を送ることができない最大原因は、創造主なる神を神としない的外れの罪にあります。御子イエスはこの罪を解決するために降誕され、十字架と復活によって救いを完成されました。「恐れてはならない、わたしはあなたと共にいる。驚いてはならない、わたしはあなたの神である。わたしはあなたを強くし、あなたを助け、わが勝利の右の手をもって、あなたをささえる」(イザヤ書41:10)。イエスを救い主と信じるなら、神は「あなたと共にい」て、「あなたを強くし…助け…ささえ」てくださいます。マイナスと思えるようなことでも、御子を十字架の死にまで渡された愛なる神は「共に働いて、万事を益となるようにして下さ」います(ローマ8:28)。イエスを信じて、「非常な喜びにあふれ」る人生に入れていただきましょう。