記事一覧

詩篇113:1~9「身を低くしてご覧になる主」

2019年12月1日、詩篇113:1~9「身を低くしてご覧になる主」
詩人は「主のしもべたち」に、「今より、とこしえに至るまで」永遠に、「日のいずるところから日の入るところまで」全世界で、「主をほめたたえよ」と呼びかけます。その理由が4節以下に記されています。主は「天よりも高い」ところに座しておられ、「くらぶべき者はだれ」もない超越したお方だからです。ソロモンは「神は、はたして地上に住まわれるでしょうか。見よ、天も、いと高き天もあなたをいれることはできません。ましてわたしの建てたこの宮はなおさらです」と祈りました(列王紀上8:27)。そのような主が「遠く天と地とを見わたされる(新改訳「身を低くして天と地をご覧になる」)」。「天よりも高い」ところに座しておられる主は、徹底的に「身を低くして」被造物と関わってくださるお方だからです。主は、「ちり…あくた」の中で苦悩する「貧しい者…乏しい者」や「子を産まぬ女」を、腕組みして天から眺めるだけの傍観者ではなく、実際に親身になって関わってくださるお方です。
このことが文字通り成就したのがクリスマスの出来事です。私たち罪人を救うために、御子イエスはまさに「身を低くして」地上に人の子として降誕されました。人生のあらゆる苦悩を味わわれたイエスは、病に苦しむ者や罪に悩む者等に寄り添われました(ヘブル4:15)。姦淫の現場を押さえられ、恥ずかしさと死の恐怖に打ち震える女性に、イエスは「身をかがめて」寄り添い、罪の赦しを宣告されました(ヨハネ8:1~11)。イエスは今も、人生に悩み苦しむ者や罪に苦悶する者に寄り添い、共に生きようとしておられます。そして再び引き上げ、勝利を与え、喜びを回復したいと願っておられる救い主なのです。