記事一覧

マルコによる福音書4:35~41「向こう岸へ渡ろう」

2019年11月24日、マルコによる福音書4:35~41「向こう岸へ渡ろう」
イエスと弟子たちがガリラヤ湖の「向こう岸へ渡ろう」としたところ、今まで経験したことのないような「激しい突風」に遭遇しました(ガリラヤ湖は地中海の海面より210㍍も低く、500~600㍍の山々に囲まれている、すり鉢状の地形の底にあるため、突然の嵐がしばしば発生)。「舳の方でまくらをして、眠っておられた」イエスに弟子たちは、「わたしどもがおぼれ死んでも、おかまいにならないのですか」と不満をぶつけ、イエスが「『静まれ、黙れ』と言われると、風はやんで、大なぎにな」りました。イエスは、病を癒したり悪霊を追い出したりするだけでなく、自然界をも支配する全宇宙の王であることが証明された瞬間です。
そもそも「向こう岸へ渡ろう」と言ったのは、弟子たちではなくイエスご自身でした。イエスのご命令で出発した舟ですから、最後までイエスが責任をもってくださるはずです。しかも舟にはイエスご自身も乗っておられました。それなのに「どうしてそんなにこわがるのですか。まだわたしが信じられないのですか」(リビングバイブル)。
思わぬ人生の嵐に見舞われたとき、私たちも弟子たちのように悲観主義に陥って神を疑い、「どこにおられるのですか。何をしておられるのですか」と文句を言いがちです。そんな私たちに「どうしてそんなにこわがるのですか。まだわたしが信じられないのですか」「わたしはあなたと共にいる。わたしに信頼しなさい。わたしがあなたの人生の大嵐を鎮めてあげよう」と語りかけておられます。神への信頼で満たされて一日を始めるのと、不安と恐れに支配されて始めるのとでは大違いです。朝の御言葉と祈りの時間を大切にしましょう。