記事一覧

マルコによる福音書4:24~25「さらに与えられる人、取り上げられる人」

2019年10月27日、マルコによる福音書4:24~25「さらに与えられる人、取り上げられる人」
イエスは「神の国の奥義」を説教や奇跡によって明示され、それらが弟子たちによって記録されて聖書になり、誰でも「熱心に追い求めて捜しさえすれば、神を見いだせるようにして下さっ」(使徒行伝17:27)ています。問題は、私たちの側の御言葉を聞く心の「はかり」です。「はかり」が小さく狭ければ、御言葉の恵みも小さく狭いものになり、「はかり」が大きく広ければ、御言葉の恵みも大きく広いものになります。「イエス様さすが、すごい、そうだね」とサ行で相槌を打ちながら聖書を読み説教を聞くならば、続いて出てくる言葉は「そうだ、信じて従おう」等の肯定的・積極的なものになるはずです。ところが「だって、でも、どうせ」とダ行で相槌を打つならば、続いて出てくる言葉は「どうせ自分は駄目だ」等の否定的・消極的なものになることでしょう。
「あなたの天幕の場所を広くし、あなたのすまいの幕を張りひろげ、惜しむことなく、あなたの綱を長くし、あなたの杭を強固にせよ」(イザヤ書54:2~3)、「あなたの口を広くあけよ、わたしはそれを満たそう」(詩篇81:10)。「広くせよ、期待せよ」という命令は聖書中多数出てきますが、「小さくせよ、期待するな」という命令はどこにもありません。それなのに私たちは神を常識の範囲内に小さく押し込め、大して期待もせず、諦めムードになっていないでしょうか。神の恵みの福音は、私たちが考える以上にずっと大きく広く豊かなものです。ほんの一部分だけ知って満足しているのはもったいない限りです。神を知る「はかり」を大きく広げていただいて、「わたしの杯はあふれます」(詩篇23:5)、神の恵みを満喫させていただこうではありませんか。