記事一覧

マルコによる福音書4:1~12「神の国の奥義」

2019年10月6日、マルコによる福音書4:1~12「神の国の奥義」
①神の国とは何か
「神の国」とは、神の恵みによる支配ということです(「御国」「天国」も同意)。「神の国は、実にあなたがたのただ中にある」(ルカ17:20~21)、「神の国が力をもって来る(=十字架)」(マルコ9:1)とイエスが言われたように、神の国はイエス来臨により、さらに十字架と復活により、すでにこの地上に実現しています。またイエスを信じる者の心の「ただ中に」、信仰者の集まりである教会の「ただ中に」も実現していますが、いまだ不完全で、完成はキリスト再臨後のことです(黙示録 第20~21章)。
②神の国を譬え話で語るのは
「神の国の奥義」を教える際、イエスはしばしば譬え話を用いられました。その第一の理由は、真理をわかりやすくするためです。「多くの預言者や義人は…見ようと熱心に願ったが、見ることができず…聞こうとしたが、聞けなかった」(マタイ13:17)神の国の奥義を、イエスは譬え話という形式で私たちにわかりやすく一般公開してくださったのです。第二の理由は、逆に真理を隠すためです。いくらイエスの説教や奇跡によって神の国を提示されても、律法学者やパリサイ人のように「見るには見るが、認めず、聞くには聞くが、悟らず」という頑なな姿勢を変えようとしなければ、ますます神の国から遠くなり、「悔い改めてゆるされることがない」という結果を招くことになります。結局どのように御言葉を聞いているか、その姿勢が問われているのです。あなたの御言葉受信機のダイヤルは正常でしょうか。都合の悪い御言葉は受信しない等ということはないでしょうか。