記事一覧

ヘブル人への手紙11:13~16「天の故郷に憧れて」

2019年9月22日、ヘブル人への手紙11:13~16「天の故郷に憧れて」
信仰によって生き、「信仰をいだいて死んだ」、これが旧約の聖徒たちの生涯の共通点でした。判で押したように「…年生きて…そして死んだ」と記される中、エノクだけは「神とともに歩み、神が彼を取られたので、いなくなった」と特筆されています(創世記5:24)。彼は後世に残るような大事業はしませんでしたが、神と共に歩むという大事業を完成し、神によって永遠に評価される信仰者となりました(5節)。「アブラハムは、受け継ぐべき地に出て行けとの召しをこうむった時」、「信仰によって…それに従い、行く先を知らないで出て行った」(8節)ものの、山あり谷あり、妻の亡骸を葬る墓地以外に所有地はなく、「旅人であり寄留者」のような生涯でした。それでも不平不満を漏らさず神に従い続けることができたのは、「もっと良い、天にあるふるさと」、「ゆるがぬ土台の上に建てられた都を、待ち望んでいた」(10節)からです。やがて憧れの天の故郷に迎え入れられ永住するというゴールをしっかり見つめていたからです。そんな「アブラハムは幸せな晩年を過ごし、年老いて満ち足り、息絶えて死んだ」(創世記25:8、新改訳2017)、悔いのない充実した信仰生涯を全うした人でした。
「飛行機は飛び立つときより着地が難しい。人生も同じだよ」(本田宗一郎氏)。さっそうと離陸して快調に飛行しても、着陸に失敗すれば一巻の終わりです。あなたはどのような人生の着地をしようとしていますか。エノクやアブラハムのように天の故郷をしっかりと見据えながら、「幸せな晩年を過ごし、年老いて満ち足り、息絶えて死んだ」という神と共なる信仰生涯こそ目指すべき着地ではないでしょうか。