記事一覧

マルコによる福音書3:13~19a「そばに置いて遣わすため」

2019年9月8日、マルコによる福音書3:13~19a「そばに置いて遣わすため」
イエスは「夜を徹して神に祈られ」(ルカ6:12)、「みこころにかなった者たち(新共同訳「これと思う人々」)」12名を使徒として選ばれました。その目的は「彼らを自分のそばに置くためであり」、「つかわす」ためです。この二つの目的は、私たちが選ばれ救われた目的でもあります。
第一は「自分のそばに置くため」。イエスは寝食を共にして生き方を見せることで、彼らをご自分に倣う者へと造り変えようとされたのです。イエスのそばで御言葉に養われ(ルカ10:39)、イエスの教育・訓練・感化を受け続けるなら、次第にイエスに似てくることでしょう。
第二は「つかわす」ため。「全世界に出て行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝え」(16:15)る「宣教」のため、「悪霊を追い出す権威を持たせるため」に「つかわす」のです。私たちが先に救われたのは、「救わんがための救い」(ブース大将)、私たちを通して誰かが救われるためです。普段はおしゃべりなのに、「この人による以外に救はない」(使徒行伝4:12)ほどすばらしい福音の宣教となると、どうして途端に無口になってしまうのでしょうか。「今の時を生かして」(エペソ5:16)、「時が良くても悪くても」(Ⅱテモテ4:2)、イエスを証ししたいものです。
12使徒の名簿は、イエスを否認した「ペテロ」に始まり、イエスを裏切った「ユダ」で終わっています。最初から出来上がった人が選ばれたのではないということです。しかしやがてペテロは教会の柱に造り変えられ、「雷の子」ヨハネは愛の人に造り変えられました。ユダを除く使徒の生涯は、イエスのそばで学び、取り扱われ、造り変えられる恵みがいかにすばらしいものであるかを証明しています。