記事一覧

マルコによる福音書3:1~6「あなたの手を伸ばしなさい」

2019年8月11日、マルコによる福音書3:1~6「あなたの手を伸ばしなさい」
安息日の会堂に「右手のなえた人」(ルカ6:6)がいました。パリサイ人が「イエスを訴えようと思って…うかがってい」ると、「安息日に善を行うのと悪を行うのと、命を救うのと殺すのと、どちらがよいか」とイエスに質問されましたが、「彼らは黙ってい」ました。「イエスは怒り…その心のかたくななのを嘆いて」、「手を伸ばしなさい」と言って癒されると、それを機に分離主義の「パリサイ人」と世俗主義の「ヘロデ党」がイエス憎しで一致、「イエスを殺そうと相談しはじめ」ました。
取税人や罪人に対しては怒られなかったイエスですが、自称義人のパリサイ人や律法学者に対しては、その心のかたくなさを嘆き怒られました(11:15~18、マタイ第23章「偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである」計8回)。「律法的な信仰が問題なのは…周りの人々を批判することです」(丸屋真也師)。律法的な信仰から恵みに生きる信仰に変わるためにはどうしたらよいのでしょうか。それは、強がるのをやめること、裸の恥を覆い隠す鎧を脱ぎ捨てることです。自分の弱さを正直に認めてへりくだり、神の助けを求めるならば、頑固で傲慢で冷たい「石の心を除いて」、教えられやすく従いやすい、柔らかく温かい「肉の心を与え」られます(エゼキエル書36:26)。「雷の子」(3:17)とあだ名された怒りっぽいヨハネも、愛の使徒に造り変えられました。「『わたしとしたことが、こんなはずじゃなかった』と思うようなことをしてしまったときこそ、自分がどんな人間かを知るチャンス。『わたしはこんな人間だ』と素直に認められたなら、そこから成長が始まるでしょう」(片柳弘史師)。さあ、「手を伸ばしなさい」。