記事一覧

マルコによる福音書2:23~28「安息日は人のためにある」

2019年7月28日、マルコによる福音書2:23~28「安息日は人のためにある」
「空腹であったため」(マタイ12:1)「弟子たちが穂をつみ、手でもみながら食べていた」(ルカ6:1)のを見たパリサイ人たちは、「なぜ、安息日にしてはならぬことをするのですか」と非難しました。貧しい人や旅人は他人の畑の収穫物で空腹を満たすことが許されていたので(申命記23:24~25)、行為自体に問題はありません。それを安息日に行ったことが問題で、労働行為に該当するので律法違反だと考えたのです。
それに対してイエスは第一に、人が危機的状況にあるときには律法よりも人の必要が優先する、とダビデの実例を挙げて反論されました(サムエル記上21:1~6)。第二に、神が人を造った後に安息日を定められ、「安息日は人のためにあるもの」なのに、口伝律法ではまるで逆になっている、という反論です。一日で獣と人を創造された神が、人を祝福し聖別するためだけに第七日を用いられたのは(創世記2:2~3)、片手間の祝福と聖別ではないということです。この祝福と聖別にあずかるために、イエスの復活以後は日曜日に共に集まって礼拝するようになりました。第三に、わたしイエスは、律法を制定された神より遣わされた御子で、安息日の上に立つ主だ、という反論です。
肉体の疲れは休息で解消されるかもしれませんが、魂の疲れはそうはいきません。「すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう」(マタイ11:28)と言われるイエスのもとに行くしか手はありません。毎週の礼拝において、安息日の主イエスの祝福と聖別にあずかり、魂の疲れも癒されリフレッシュされ、再び社会や学校、家庭に遣わされていきましょう。