記事一覧

マタイによる福音書18:1~5「向きを変えて幼な子のようにならなければ」

2019年7月14日、マタイによる福音書18:1~5「向きを変えて幼な子のようにならなければ」
「天国ではだれがいちばん偉いのですか」とは、カペナウムに来る「途中で」すでに弟子たちの間で生じ(マルコ9:33)、「宮の納入金」の件で表面化した論争です。弟子たちに限らず、私たちは知らず知らず自分と他人とを比較して、ランク付けしながら生きているものです。
「イエスは幼な子を呼び寄せ、彼らのまん中に立たせて」、「心をいれかえて幼な子のようにならなければ、天国にはいることはできないであろう。この幼な子のように自分を低くする者が、天国でいちばん偉いのである」と言われました。「自分を低くする」とは、自分は弱く小さい存在であることをありのまま認めることです。それができないから、いつも他人と比べて勝った負けたを繰り返すのです。
とは言え、自分の弱さ・小ささを認めることは、他人と比べて生きることが染みついている私たちにとって至難の業です。そこで必要になるのが、「心をいれかえて(新改訳2017「向きを変えて」)」ということです。幼な子は、一人で生きられない小さく弱い存在ゆえ、いつも親に頼りきって生きています。そのように横を見ないで神を見上げ、ひたすら神により頼んで生きる生き方へと方向転換することです。
あなたも、つまらないプライドを捨てて、駄目な自分を正直に認めるべきではないでしょうか。神はあなたのすべてをご存じなのですから、下手に隠したり言い訳したりしないで、正直に神の前に出て十字架を仰ぎましょう。十字架の愛を真に体験するならば、「自分は自分でいいんだ。あの人と同じようになる必要はないんだ」と納得することができ、他人と比べる生き方から解放されることでしょう。