記事一覧

マルコによる福音書2:13~17「病人に必要なのは医者、罪人に必要なのは?」

2019年6月30日、マルコによる福音書2:13~17「病人に必要なのは医者、罪人に必要なのは?」
イエスは、「アルパヨの子レビ(マタイ9:9「マタイ」)が収税所にすわっているのをごらんになって、『わたしに従ってきなさい』と言われた」。マタイは、人々の突き刺すような冷たい視線とはまるで違う、慈愛に満ちあふれたイエスの視線に釘付けになったことでしょう。その上、取税人の自分に声をかけてくださったことにどれほど感動したことでしょうか。マタイは取税人の仕事も富も皆かなぐり捨てて、イエスに従っていきました。あなたもこの世の何かにいつまでもしがみついていないで、「わたしに従ってきなさい」とお招きくださるイエスと共に歩む確かな人生へと方向転換すべきではありませんか。
新たな使命を与えられたマタイは感謝と喜びにあふれ、「多くの取税人や罪人たち…イエスや弟子たち」を招いて盛大な宴会を催しました。「罪人や取税人たちと食事を共にし」なかった「パリサイ派の律法学者たち」が「なぜ…食事を共にするのか」と問うと、イエスは「丈夫な人には医者はいらない。いるのは病人である。わたしがきたのは、義人を招くためではなく、罪人を招くためである」と答えられました。神の前に「病人…罪人」であることを素直に認めてイエスを信じるか、それとも「義人」と考えて自己満足するか。「人は神の手術室に入ろうとしません。ましてや、手術台に上がろうとしません。たとえ手術台に上がっても、素っ裸になろうとしません。それどころか、言い訳をしたり、弁解したり、医者の腕を心配したり、疑ったりします…自分が病気であることを認め、素直な気持ちで素っ裸になり、神の手術台に上がる人こそ神のいやしを得る人です」(榊原寛師)。