記事一覧

エレミヤ書29:10~14「平安と将来と希望を与えるご計画」

2019年6月2日、エレミヤ書29:10~14「平安と将来と希望を与えるご計画」
バビロン捕囚となって絶望するイスラエルにエレミヤは、捕囚の地で腰を落ち着けて生活するよう勧めました。それは「バビロンで七十年が満ちるならば、わたしはあなたがたを顧み、わたしの約束を果し、あなたがたをこの所に導き帰る」からです。人の目には「災」と思えても、神はさらに深いご計画をもって導いておられるのです。
なぜイスラエルにバビロン捕囚という悲劇が襲ったのでしょうか。それは、イスラエルが神の民として本来あるべき姿を回復し、再出発するためでした。イスラエルは律法に背いて偶像崇拝に陥っていったため、神はエレミヤ他の預言者を次々とお遣わしになり、悔い改めのチャンスをお与えになりましたが、イスラエルは悔い改めようとせず、罪に罪を重ねていきました。そのため神はバビロン捕囚というさばきを下されたのですが、それは「災を与えようというのではなく、平安を…将来を…希望を与えようとするもの」だったのです。
「測りなわは、わたしのために好ましい所に落ちた。まことにわたしは良い嗣業を得た」(詩篇16:6)。詩人は自分の生涯を振り返って、神は私のために最も良い人生を備えてくださった、と感謝しています。私を造られた神は、この私のことを誰よりもよく知っておられ、しかも御子イエスを十字架の死に渡されるほど、この私を愛しておられるお方です。この神が私のために最高の人生を割当ててくださらないはずがありません。「何か大きな問題や困難に出合った時…『なぜ?』という問いかけから、神さまの御業、ご計画に期待して、この出来事を通して『何を?』と祈り求めていきましょう」(松本雅弘師)。