記事一覧

マルコによる福音書1:21~28「人々はイエスに驚いた」

2019年5月12日、マルコによる福音書1:21~28「人々はイエスに驚いた」
イエスは、説教と御業(癒しや奇跡等)によって、父なる神がどういうお方であるかを人々に教えようとされました。律法学者たちは「やたらに他人のことばを引用」(リビングバイブル)して自らの教えを権威づけようとしましたが、永遠に神と共におられるイエスは、「神は言われる。わたしは言う」と確信をもって語ることができました。律法学者たちの説教は人々に重荷を負わせて苦しめるものでしたが、イエスの説教は重荷を下ろさせ(マタイ11:28)、恵みに生かすものでした。律法学者たちは語るだけで実行しませんでしたが、イエスは自ら語ったことを率先して実行されました(ルカ23:34)。「けがれた霊につかれた者が会堂にいて」、イエスが「黙れ、この人から出て行け」と言われると、悪霊は出て行きました(ルカ11:20)。人々は、イエスの説教や御業の中に、律法学者たちにはない天来の権威を見出して驚いたのです。
私たちは彼らのようにイエスを直接見ることはできませんが、聖書66巻によってより正確に知ることができます。問題は、イエスをどのようなお方と考え、どのような態度をとっているかです。自分のわずかな知識や経験で神を推し量ったり、常識の範囲内の御言葉しか聞こうとしなかったり、心をかたくなにして批判や偏見に凝り固まったりしていると、御言葉をいくら聞いても正しく理解できないでしょう。まず自分の知識や経験を横に置いて、神が言わんとすることを謙虚に聞き取る姿勢を持つところから始めるなら、イエスは私を罪と滅びから救い出してくださる救い主であり、私の生涯を全責任をもって導いてくださる主権者であることがわかるでしょう。