記事一覧

ルカによる福音書16:19~31「アブラハムの懐か、それとも黄泉か」

2019年3月17日、ルカによる福音書16:19~31「アブラハムの懐か、それとも黄泉か」
豪邸に住んで「紫の衣や細布を着て、毎日ぜいたくに遊び暮していた」金持ちと、「金持の玄関の前にすわり、その食卓から落ちるもので飢えをしのごうと望んでいた」ラザロ。ところが死後、金持ちは「黄泉にいて苦しみ」、ラザロは「御使たちに連れられてアブラハムのふところに送られ」ました。この逆転劇の原因は何だったのでしょうか。
金持ちが黄泉に落ちたのは、「毎日ぜいたくに遊び暮らし」、貧しいラザロに何のあわれみも示さず、神を度外視して生きてきたからです。神に造られ愛されている人間が、神を無視して生きる的外れの生き方こそ最大の「罪」であり、永遠の滅びを刈り取る原因なのです。一方のラザロの生き方は、その名前の意味に暗示されているようです。イエスは彼に「ラザロ(神は助け、の意)」と名づけることによって、神を畏れて生きる人であったことを言おうとしておられるのでしょう。ラザロは自分の身の不幸を少しも嘆かず、神を呪わず、その名前のとおり、日々神の助けを仰ぎながら歩んでいたのでしょう。その結果、アブラハムのふところ(パラダイス)に迎え入れられたのです。
イエスが「聖書は、わたしについてあかしをするものである」(ヨハネ5:39)と言われたように、聖書はイエスについて証言する書です。この聖書に謙虚に聴くならば、自らの罪深さと、その罪を赦すための十字架であることを悟り、悔い改めと信仰へと導かれ、パラダイスが約束されます(ルカ23:43)。地上での神に対する態度によって永遠が決まり、一度決まってしまえば二度と逆転劇は起こりません。「また、よい機会を得たら」(使徒行伝24:25)と先延ばしせず、今決断しましょう。